Sponsored Link

いんきんたむしの症状チェック【治療薬や原因も徹底解説】

<監修薬剤師 日髙宗明>
口

股間がかゆい!という「いんきんたむし」は白癬菌(はくせんきん)の感染により発生し、ひどいかゆみをもたらします。

一般的に男性がなりやすいイメージですが、女性でも子供でも感染する可能性があり、油断が出来ません。

 

一度感染すると再発の危険も高いので、早めに対処し徹底的に抑えちゃいましょう。

スポンサーリンク
 

いんきんたむしの症状チェック

 

強いかゆみ

いんきんたむしの原因は白癬菌という菌で、股の周囲に白癬菌が感染することで発症します。白癬菌は、水虫の菌で有名ですね。

強いかゆみと高い感染力があり、足、股部、など湿気が溜まりやすい場所が感染しやすいといわれています。

 

赤いぶつぶつ

かゆみと同時に初期には、赤いぶつぶつができ始めます。このぶつぶつが膨らみ、広がり、赤みのある発疹へと変わっていきます。体温が上がるとかゆみがまします。

 

かぶれがでる

赤い発疹は、外側へ、地図状に広がっていきます。かぶれたり、ただれたりします。

掻き毟ってしまうと広がりやすいだけでなく、黒く色素が沈着し長く跡が残ることにもなりかねないので注意しましょう。

もっとも、夏場は尋常ではないかゆさなので掻かずにいるのも大変なのですが。

 

股間だけじゃない

白癬菌は、足先、股部が多いイメージですが、手のひらや、頭部にも感染します。

掻き毟ることで手についた菌から感染が広がるので注意したいですね。

スポンサーリンク

いんきんたむしの3つの原因

 

水回りに注意

感染経路は、不特定多数の人が出入りする施設がまずあげられます。

温水プールやスーパー銭湯は、水回りからの感染が考えられる上に温度・湿度が高く危険要素が多いと言えます。

 

水虫からはじまるケースもあると考えると、こういった施設の足ふきマットは白癬菌の温床になっていると見てください。

必ず足についた水気をきれいにふき取り、家に帰ったら洗いなおすなどしましょう。

 

直接ふれても感染します

公衆トイレの便座や、スポーツセンターの器具類・椅子も危険です。スポーツセンターは一度座ると時間も長く、汗をかくので前に座った人が持っていると危険度は高そうです。

 

前の人との連続での使用は避けて、清潔な状態で利用したいですね。

 

家の中の危険

家族に白癬菌を持っている人がいる可能性もあります。洋式の便器、風呂のこしかけ、お風呂やトイレの足ふきマットも気を付けましょう。

下着や水泳パンツの共有も感染の原因となります。自分が水虫になってしまったのが原因で感染が広がるケースも考えられるので注意が必要です。

 

そして、家族からの感染が疑われる場合には、全員が感染している可能性があるので、全員が治療し、完治させるのが重要になるので、家族の協力が不可欠です。恥ずかしがらずに相談しましょう。

スポンサーリンク

いんきんたむしの治療法を解説

 

治療期間

自宅でも対処ができ、早ければ1~2週間で症状が治まりますが、かゆみ・湿疹が見えなくなっても自己判断で治療をやめるのは考え物です。

白癬菌は再発率が高いことからもわかるとおり、しつこく残っているかもしれません。皮膚のサイクルが一周する1~2カ月は、様子を見ましょう。

 

治療方法

塗り薬でなおります。カビ類に効果の高い抗真菌作用をもったものです。ドラッグストアで売っている市販薬でも十分に効果があります。

間違ったものを使うと逆効果になるので白癬菌に効果のあるものを選んでください。

 

治りが悪い場合には病院にかかりましょう。病院での検査はまず幹部の皮膚をこすって菌を採取し、顕微鏡などで観察します。

病院は皮膚科がいいと思いますが、女性の場合はレディースクリニック、子供は小児科でも大丈夫です。症状がでたら早めに対処し、完治するまで根気よく続けましょう。

 

患部を清潔に保ち、湿気が籠らないようにするのが予防法となります。服装も密閉しないもの汗群れの少ないものがおすすめです。

スポンサーリンク

いんきんたむしの治療薬について

 

患部をまず清潔に保ちましょう、薬を塗る前に水気をふき取ります。そして、まんべんなく塗るようにしてください。以下、おすすめの治療薬を紹介します。

 

✅ 水虫エフゲン for woman

女性向けのカワイイパッケージが特徴です。一目で見て水虫薬やたむしの薬と分かるものは、買うのも持つのも抵抗があるという方にお勧めの一本です。

 

✅ ブテナロック

殺菌力・浸透力が高いことが売りの同薬は一日一回の使用で効果があるとされています。

忙しい人にはありがたいですね。かゆみ止め成分が多く含まれていますので、症状がひどい場合にもおすすめです。

 

✅ ダマリンL

こちらも一日一回の塗布で、効果を発揮するといわれています。ロングセラーの安心感もあります。

 

✅ タムチンキパウダースプレー

パウダー状で乾燥させて治療しますので、ジュクジュクしたタイプに効果が高いという特徴があります。

 

✅ ラミシールプラス

浸透力に優れ、薬が長く患部に留まる為、持続的な効果が期待できる一本です。一日一回の使用で効果があります。乾燥タイプにもおすすめです。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ