Sponsored Link

つらい症状はムコソルバンで改善【効果や副作用を分かりやすく解説】

<監修医師 サリー>

鼻水 

ひどい風邪やウイルスなどの感染症でひどく咳き込んだり咳喘息で止まらない咳など、「痰が絡んだひどい咳」で医療機関を受診すると処方されることがある薬がムコソルバンです。

ムコソルバンは経口投与で気道潤滑去痰効果を発揮します。気管支炎などでもそうですが、とにかく痰が絡んでひどく咳き込んでいる時にはとにかく「痰を切る」ということが重要視されます。

 

痰を切るという効能を持つムコソルバンの効果や副作用・飲み合わせなどを解説します。

スポンサーリンク
 

ムコソルバンとは

 

ムコソルバンはアンブロキソールという一般名で、1984年から販売されているお薬です。アンブロキソールという名称でジェネリック薬としても販売されています。

 

痰の切れを良くする「去痰剤」です。痰が多く咳が止まらないという症状において、痰を出しやすくするために処方されます。

 

粘膜潤滑薬というカテゴリーに入る薬剤で、気道粘膜の滑りを良くして痰の粘りをとって排出を促すものです。

 

花粉症などで鼻水が詰まって出にくい時や副鼻腔炎でも処方される事があります。出にくい鼻水や膿を排出する効果があります。

 

錠剤・細粒・液剤・シロップ・徐放製剤など様々な薬剤の形態があります。薬の形のバリエーションが多いことで、小児科から耳鼻咽喉科・呼吸器科など多くの診療科で処方されています。

スポンサーリンク

4つの病気の去痰にムコソルバンは効果を発揮

 

ムコソルバンはどのような病気の去痰に効果があるのでしょうか

 

気管支に関わるもの

急性気管支炎・慢性気管支炎の去痰や気管支喘息・気管支拡張症の去痰に効果があります。

 

気管支喘息についてくわしくはこちらを見て参考にして下さい。

【関連記事】
気管支喘息の4つの症状【意外な原因や治療法を解説!】

 

肺に関わるもの

肺結核や塵肺症などの去痰を促します。

 

手術後に関するもの

呼吸器系疾患の術後合併症を防ぐためには痰の排出を促すことが欠かせません。

 

また呼吸器系でなくても全身麻酔下の長時間手術や長期間の臥床ではうまく痰を排出しないと肺活量自体も減ってきます。ムコソルバンは術後喀痰喀出困難にも効果を発揮します。

 

他にもある!ムコソルバンの効果

慢性副鼻腔炎は副鼻腔に膿が溜まって発症します。この場合にムコソルバンは副鼻腔内の絨毛の動きを活発にし、排膿を促進させます

 

中耳炎にもムコソルバンが処方されます。副鼻腔内同様、耳の中の絨毛の動きに作用して耳の中に貯留した膿を排出しやすくします。

 

中耳炎についてはこちらを参考にして下さい。

【関連記事】
中耳炎(大人)の症状チェック【治療法も確認しよう】

 

スポンサーリンク

ムコソルバンは体内でどう働いているのか

 

それではムコソルバンの作用機序を見ていきましょう。

 

「作用機序」とは、薬が持っている効果を発揮するための仕組みのことです。作用機序を知ることによって、体内での働きがわかります。

 

痰は90%が水分です。残りの10%は「ムチン」でできています。このムチンはたんぱく質で、風邪などで軌道に炎症が起こると分泌量が増えて痰の粘りを増加させます。

 

痰はホコリなどの異物を体外に排出するためにはないと困るものですが、粘りが増えた痰は咳払いをしてもきれず厄介です。

 

ムコソルバンは粘りが強くなりすぎている痰を柔らかくすることで出しやすくします。

 

この作用で服用し始めの時期は一時的に痰の量が増えるように感じることがあります。これは痰が薄まっているから起こることですので心配ありません。

 

また、ムコソルバンには「肺サーファクタント(肺表面活性物質)」の分泌を促進する作用もあります。

 

呼吸するとき、空気を吸い込むと気管支から肺胞へと空気が運ばれて酸素と二酸化炭素が交換されます。

 

肺には表面張力がありますが、その表面張力を弱めるのが「肺サーファクタント」という物質でこれによって肺が潰れることを防いでいます。

 

肺サーファクタントが軌道の表面を覆うことで、気道の滑りを良くして痰を排出しやすくするのです。

 

もう一つ、ムコソルバンの去痰薬としての主な作用があります。

 

気道や気管壁(気管支の壁)には「線毛」という動く毛が生えていて、常に痰を掃き出しています。ムコソルバンは、この線毛の動きを活発化することで、痰を体外へ排出しやすくするのです。

 

副鼻腔炎で効果を発揮する理由は、鼻腔と気管の働きが同様だからです。どちらも呼吸をするときにの空気の通り道で、鼻水も「ムチン」を含んでおり、鼻にも繊毛があります。

 

よって、ムコソルバンは風邪や花粉症・副鼻腔炎などで鼻水や膿が詰まった症状において、それらを排出する作用を持つのです。

スポンサーリンク

安全性の高いムコソルバンにも副作用はある

 

ムコソルバンは効果が高く副作用が少ない、長期連用したとしても比較的安全性が高いお薬です。しかし安心して使うためにはやはり副作用を知ることが大切です。

 

頻度は少ないですが、食欲不振・吐き気・発疹が挙げられます。胃の不快感や腹痛などが出ることもありますが、軽度とされています。

 

重大な副作用としてアナフィラキシー症状が発現することもあります。

 

頻度は不明とされていますが、ひどい蕁麻疹や顔の腫れ・呼吸困難・痺れ・めまい・血圧低下などが現れた場合にはすぐに医療機関に相談しましょう。

 

倦怠感や発熱・冷えなどが発生した場合にも、使用を中止して医療機関を受診するようにします。

 

急な発熱に関してはこちらも参考にして下さい。

【関連記事】
危険!大人の急な発熱の6つの原因に注意して!

 

スポンサーリンク

使用上の注意をしっかり把握しよう

 

どんなお薬でも医師や薬剤師の指導や添付文書に従って使用することが大切です。アレルギーがある場合なども必ず医師に申告しておきましょう。

 

妊産婦

妊婦や産婦はムコソルバンの使用を最小限にとどめます。胎児への安全性が確立されていないためです。また母乳中へ薬の成分が移行するという報告もあります

 

高齢者

高齢者は生理的な機能が低下している場合があり、服用量を少量に抑えることもあります。

 

子供には小児用

ムコソルバンには「小児用」があります。効能は一般用と違いはありませんが、剤形が小児に飲みやすく効果が発揮されやすいようにできています。

 

子供に飲ませる場合には保管場所に注意して、自分で勝手に飲んでしまわないように注意が必要です。

 

飲み合わせや食べ合わせは?

基本的にムコソルバンに飲み合わせに注意が必要な薬はありません。鎮痛剤や消炎剤・抗生物質などと同時に処方されることも多いです。

 

食品との相互作用注意もありませんが、アルコールとの併用はどんな薬でもよくありませんのでやめましょう。

 

その他に注意すること

他の内服薬と同時に処方されることがありますが、医師の指導に従って服用することで体に対する悪影響を回避できます。

スポンサーリンク

ムコソルバンは処方箋がなくても購入できる?

 

ムコソルバンは処方薬です。医療用の医薬品は「処方箋医薬品」と「処方箋医薬品以外の医薬品」とに分かれていて、ムコソルバンは後者の処方箋医薬品以外の医薬品に分類されています。

 

処方箋医薬品以外の医薬品

「処方箋医薬品以外の医薬品」は処方箋医薬品と同様に、医療用医薬品として医師、薬剤師等によって使用されることを目的として供給されるものですので、日本国内で処方箋なしで購入することはできません。

 

処方箋なしで購入するには?

処方箋なしでムコソルバンを購入する方法があるとしたら個人輸入ですが、お勧めはできません。

 

インターネット上でも個人輸入することはできますが、海外医薬品のため価格も品質も全く保証がないということをよく考えなければなりません。

 

また表示も日本語でない場合があるので過剰摂取などにも注意が必要です。医薬品による副作用は国から救済を受けることができますが、海外からの個人輸入で手に入れた場合には除外される可能性もあります。

 

代用できる市販薬

成分は「アンブロキソール」で、この成分を含む市販薬を探してみましょう。表記は「アンブロキソール塩酸塩」で、解熱鎮痛剤や総合感冒薬にも配合されています。

 

ドラッグストアの店頭でも数種類あるようですので、薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
 
 

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ