Sponsored Link

ゾビラックス軟膏の正しい塗り方ガイド【市販はされてる?】

軟膏

「ゾビラックス軟膏」は1994年に販売を開始した、抗ウイルス薬に分類される「外用薬(塗り薬)」です。今回はこのゾビラックス軟膏がどのような症状に使われるのか、効果や塗り方などを解説していきます。

スポンサーリンク
 

ゾビラックス軟膏はどんな薬?

 

ゾビラックス軟膏はどんなお薬なのかを説明していきましょう。

 

このお薬は最初にお伝えしたように「抗ウイルス薬」の塗り薬です。皮膚に塗る薬で、皮膚に生じたヘルペス感染(口唇ヘルペスや陰部ヘルペス)に効果を発揮するお薬とされています。

外用薬なので、直接患部に塗る事が可能なので、効率よくウイルス感染を治療する事が出来ます。

 

ヘルペスによる感染は色々な症状を引き起こしますが、皮膚にのみ限局するものとしては「単純疱疹」が挙げられます。

単純疱疹は単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1)、単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2)に分けられ、HSV1は主に口唇ヘルペスを引き起こし、HSV2は主に陰部ヘルペスを引き起こすウイルスとされています。

 

しかしながら注意したいのは、ゾビラックス軟膏はヘルペスウイルスを死滅させるお薬ではありません。あくまでウイルスの増殖を抑える薬として用いられます。

 

ウイルスがまだ増殖しきっていない発症初期に塗布する事で、高い効果が得られるお薬になります。

塗り薬なので皮膚局所にしか作用せず、全身にはごく微量しか吸収されませんので、比較的副作用も少なく、安全性の高いお薬とされています

スポンサーリンク

ゾビラックス軟膏が効く症状

 

ゾビラックス軟膏が効く症状についてお話ししていきましょう。

 

ゾビラックス軟膏の効き目を発揮する症状

単純疱疹に効くお薬です。単純疱疹の原因となる単純ヘルペスウイルスは、単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1)、単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2)に分けられます。

✅ 単純ヘルペスウイルスⅠ型(HSV1)・・口唇ヘルペス、角膜ヘルペス

✅ 単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2)・・陰部ヘルペス

に分けられます。ゾビラックス軟膏を治療に用いるのは主にこの2種類になります。

 

ちなみにゾビラックス軟膏は眼に塗る事が出来ない為、Ⅰ型に属している角膜ヘルペスには使用できません。

角膜ヘルペスの際は飲み薬であるゾビラックス錠、もしくはゾビラックス眼軟膏を用います。

 

その他に効き目を発揮する症状はあるのか

✅ 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)・・水痘・帯状疱疹

にもゾビラックスに含まれる成分は効果を発揮するとされていますが、通常VZVウイルスには外用薬であるゾビラックス軟膏は用いません。

水痘・帯状疱疹では皮膚の表面だけでなく、神経節にもウイルスが存在する為、塗り薬だけでは不十分な治療になってしまうからです。

 

ゾビラックスは正しく使用すれば、単純疱疹に対する改善率は85.7%という報告がされていて、高い有効性があります。次項でゾビラックス軟膏の正しい塗り方などについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

ゾビラックス軟膏の正しい塗り方

 

ゾビラックス軟膏の正しい塗り方

ゾビラックス軟膏は1本5gの外用薬で、使用方法は適量を1日数回塗布します。

実際には1日2~3回塗布すれば良く、明確に何時間か置きに塗らなけらばならないという決まりはありません。処方した医師の指示に従うようにしましょう。

 

軟膏の他にクリームもあります。使用期限は適切に保存されていたという前提(30度以下の室内保存)で、およそ3年程です。あまり古いものは使用しないようにしましょう。

 

ゾビラックス軟膏は薬局で買えるのか

単純疱疹になった際にはすぐに使用したいゾビラックス軟膏ですが、市販薬として購入できるのでしょうか。まずヘルペスになった際の市販薬は実際に販売されています。

 

市販薬としては大きく2種類あり、有効成分がアシクロビルビダラビンというものになります。ゾビラックス軟膏と同じ成分なのが、アシクロビルになります。

 

ビダラビンというのは処方の外用薬ではアラセナ軟膏という外用薬と同じものになります。処方薬は「アラセナA軟膏」に対し、市販薬は「アラセナS」という名称です。

第一種医薬品に該当しますので、お店に薬剤師がいない場合には購入が出来ません。

 

ゾビラックス軟膏と同じアシクロビルが含まれる市販薬ですが、アクチビア軟膏やヘルペシアクリームが同じ成分のお薬になります。

これらも第一種医薬品に該当するため、薬剤師が居ない場合には購入出来ませんので、注意が必要です。

 

 

また購入の際には薬剤師の説明を良く聞き、使用するようにしましょう。

 

ゾビラックス軟膏に副作用はあるのか

 

ゾビラックス軟膏もお薬に変わりはありません。副作用はあるのかを見ていきましょう。

 

ゾビラックス軟膏の副作用について

ゾビラックス軟膏は皮膚局所についてのみ作用する塗り薬の為、副作用が起こる頻度は高くありません。比較的安全に使用できるお薬になります。稀に副作用を起こす場合も報告されています。

 

副作用の症状について

稀に起こる症状として接触皮膚炎(かぶれ)、紅斑性発疹、掻痒(かゆみ)などが挙げられます。重篤な症状は報告されていませんので、これらの症状が出た場合には塗布を中止すれば、治まる事がほとんどです。

万が一症状が緩和しない場合には医師に相談するようにしましょう。

 

ヘルペスウイルスはゾビラックス軟膏を塗っていると、耐性を形成する可能性があります。これは塗り続ける事でゾビラックスに抵抗力を持つヘルペスウイルスが現れてしまうからです。

 

ゾビラックス軟膏を塗布する事で、症状が改善しない場合には他の塗り薬、もしくは治療法を切り替える必要があります。

7日間正しく塗布しても改善しない場合には、処方した医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ