Sponsored Link

ルチンの嬉しい6つの効能【副作用の心配はないの?】

<監修食生活アドバイザー 藤沢 淳司>
1

食べ物の成分の中に「ルチン」という成分が含まれるものがあります。

 

ルチンは私達に身近な成分なのですが、どのような効能や効果があるのかは、あまり知られていないでしょう。

今回はルチンの効果やルチンを含む食べ物、ルチンを取る事によって副作用はあるのかについてお話しします。

スポンサーリンク
 

ルチンの効能

 

では、ルチンの効能についてご説明しましょう。また効果についてもお話ししていきます。

 

ルチンとは何か

ルチンとは強力な抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

 

ビタミンPとも呼ばれており、ポリフェノールとは植物の苦みや渋み、色素の成分となっている化合物を総合してポリフェノールと言います。このポリフェノールは自然界には約5000種類以上存在するとされています。

 

ビタミンPとは何か?

ビタミンPとは聞き慣れない言葉かもしれませんが、「ビタミン様物質」と呼ばれ、ビタミンと似た働きを持っています。ルチン以外にもヘスペリジンやケルセチンなども含んでいると言われています。

 

ルチンの効能

抗酸化作用や毛細血管を強くして、血流をスムーズにするといった効果を持っています。美容面はもちろん、出血性の疾患や生活習慣病の予防などに効果が期待されています。

 

ルチンの効果

ルチンの効果を見てみましょう。

✅ 動脈硬化の予防・改善

ルチンには血管を補修してくれる働きがあるといわれているため、動脈硬化の予防・改善に繋がるといわれています。

 

✅ 美肌・アンチエイジング

ルチンにはコラーゲンを生成する為に必要なビタミンCの吸収率を高めると言われています。ビタミンCは水溶性の物なのですが、ルチンと一緒に摂る事で効率良く吸収する事が可能です。

 

またルチンの持つ血管を強くし、血行を良くする働きで新陳代謝を良くする事から、アンチエイジングに繋がるとされています。

 

✅ 抗アレルギー効果

ムチンにはアレルギー反応を引き起こす原因のヒスタミンの分泌速度を遅らせる効果があると言われています。

 

✅ 記憶力を高める

記憶細胞の保護や活発化に繋がるとされていて、記憶力を高める効果があるとされています。またこの効果から認知症予防にも効果的と言われています。

 

✅ 緑内障の予防

ルチンは眼の網膜の中央、物を見るときの中心になる部分に多く含まれており、このことからルチンは「目のビタミン」とも呼ばれています。

 

ルチンには眼圧を下げる働きがあり、眼圧が高くなる緑内障の予防に効果があります。

 

✅ 糖尿病の予防

ルチンは膵臓に働きかけることで、インスリンの分泌を促して血糖値を安定させる効果があり、この事から糖尿病に効果があるとされています。

 

ルチンは健康面・美容面でも私達の身体に嬉しい効果をもたらしてくれると言われていますが、ビタミンCの吸収を高めたりと間接的な働きが多い事から、直接的な効果は分かりにくいともされています。

 

ルチンは即効性があるわけではなく、続けて摂る事、また他のものともバランス良く摂る事でその効能・効果を高めていきます。

併せて摂りたいビタミンCの効能についてはこちらを参考にして下さい。

【関連記事】
ビタミンCの多い飲み物はコレがおすすめ!【スゴい効能とは?】

 

スポンサーリンク

ルチンを含む商品

 

私達の身近な食品などで、ルチンを含む商品にはどのようなものがあるのでしょうか。

ルチンを含む商品は

・そば ・いちじく ・みかん ・レモン ・トマト ・アスパラガス(特に穂先に多く含まれる)などが挙げられます。

 

特に一般的なそばよりも「韃靼(だったん)そば」には普通のそばよりも、約100倍のルチンが含まれているそうです。またそばをゆでた「そば湯」を飲む事も効果的です。

 

そばに含まれるルチンが、そばをゆでる事でゆでたお湯の中に溶けだしているため、その栄養成分を無駄にしない為にもそば湯を飲む事はお勧めです

【関連記事】
蕎麦湯の飲み方はコレ【栄養や6つの効果をご存知ですか?】

 

またルチンがビタミンCの吸収を高める効果がある事から、ビタミンCを含む食品(キウイ、イチゴなど)の食品を一緒に摂る事で、効率よく嬉しい効果を得る事が可能になります。

スポンサーリンク

ルチンの副作用

 

ルチンが私達に嬉しい効果をもたらす事が分かりましたが、逆にルチンを摂る事で副作用が起こる事はあるのでしょうか。

 

ルチンはたくさん摂っても大丈夫なのか。

ルチンは過剰に摂取したからといって、何か身体に害があるわけではありません。

 

どのような時に副作用が出ると考えられるか

ルチンをサプリメントで大量に摂取したりした場合には、副作用が起こる可能性があると言われています。

 

特に肌に発疹やかゆみ、腹痛や下痢、嘔吐、胃のむかつきなどが起こる事があります。サプリメントの過剰摂取には注意が必要です

 

アレルギーにも注意

ムチンのサプリメントはそばなどから取ったルチンが使われている事があります。その為、そばアレルギーがある方は服用する際には、成分などをきちんと確認するようにしましょう。

【関連記事】
【アレルギー検査の費用】と種類を徹底解説!

 

いかがでしたか。ルチンは私達の身近な食材に多く含まれており、ルチンを含む食品を摂る事で健康面、女性には嬉しい美容にも効果がある事が分かります。

 

1日の摂取の目安量は30~50mgで、これは食事で一食をそばにすると同じような量となります。うまくルチンを取り入れて、私達の健康や美容に役立てましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ