Sponsored Link

呼吸器疾患の6つの症状【最新の治療方法を簡単に解説!】

2

呼吸器疾患とは、人が呼吸をする肺に疾患があることです。疾患といってもいろいろな種類があります。症状の軽い病気・喘息などから肺炎や呼吸不全など症状が重いものまであります。

呼吸器疾患かなと思う初期段階としては、咳が出ているときです。風邪のときに咳が出ることがあると思うのですが、風邪でもないのに、呼吸がしずらいことや、咳が続いてしまうときは、注意が必要だと思います。

呼吸器疾患の症状は、咳などの症状が多いため、時間が経過すれば治ると思い医療機関などを受診しない期間が続くことが多いです。

しかし症状によっては、重病のときもあるので、風邪などで無い時に咳が長いこと続くようであれば、すぐに医療機関を受診しましょう。

今日はそんな呼吸器疾患の症状から、病気の診断方法、そして治療方法も紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

呼吸器疾患の主な症状

 

医療機関に行くべき病気なのかをしっかりと見極めるために、呼吸器疾患とはどのような症状が出るのか紹介していきたいと思います。症状によっては、早期に医療機関を受診する必要もあるので注意してください。

 

呼吸困難

呼吸困難がおきる原因である気管支喘息は、気管が慢性炎症を起こしている状態であり、それによって咳が出たり、呼吸困難になる症状です。

喘息の発作は気管の筋肉の部分が痙攣を起こしている状態で息がしにくくなり、呼吸困難となるのです。それによって、喘鳴が見られて、発作が続くことで、死亡するケースもあり、喘息死が最近でも耐えないのがこれが理由です。

喘息にともなう治療法は今でもありませんが、喘息の発作を抑えることは出来ますので、いざというときの方法を覚えておきましょう。発作が起きると抑えられないので、発作が起きる前に薬を服用しておきましょう

 

咳や痰がでる

呼吸器疾患で多いのが、咳や痰がでる症状です。肺が影響して喉がつまったりすることで、咳がでるのです。咳は基本的には肺が原因であり、それがもとで呼吸器疾患となります。

その他にも胸痛、発熱の症状もあります。また、いびきは睡眠時に起こる異常な呼吸音と言われていて、それが出来なくなっている症状が無呼吸症候群と呼ばれている症状です。

その症状も呼吸器疾患の症状の1つとなっています。症状ではないですが、呼吸器疾患が関連して、がん、結核、気管支炎、気胸、気管支拡張症、胸膜炎、過換気症候群、睡眠時無呼吸症候群の可能性もあるので注意してください。

スポンサーリンク

呼吸器疾患の診断法

 

呼吸器疾患の症状は紹介させていただきましたが、どのような方法で呼吸器疾患と診断するのか紹介していきたいと思います。診断方法が分かることで、早期の発見にも繋がりますので、是非みてください。

 

医療機関の検査が必要

呼吸器疾患を診断するには多くの診断方法がありますが、自力で見つけるのではなく、医療機関で検査するのが必要です。咳などの症状が出た場合は、すぐに検査をすることをおすすめします。

検査の方法としては、胸部X腺検査、肺機能検査、喀痰検査、血液検査、喀痰検査、気管支鏡検査、胸部MRI、シンチグラム、ツベルクリン反応、胸膜生検などがあります。

医療機関で受診した時にしっかりと症状を伝えて、必要な検査を行いましょう。

 

受診するべき診療科

医療機関で検査をするには、まずは自分の症状について診察をしてもらう必要があります。呼吸器疾患の場合は、内科や呼吸器内科、呼吸器外科などで診察を行ってもらいましょう。

呼吸器疾患の専門的な特徴や種類は呼吸器内科。呼吸器外科がある医療機関なら、自分と同じ症状の疾患を多く見ているので信用できると思います。

内科だけの場合は、広い範囲の症状を見ているため、専門科をおすすめします。

スポンサーリンク

呼吸器疾患の治療方法

 

では呼吸器疾患と診断された場合は、どのような治療があるのか、どのような治療方法をすればよいのか紹介していきたいと思います。

 

手術による治療

呼吸器疾患の中でも重篤な症状である、肺がんの場合でさらに早期発見のときに手術による治療が可能です。原因になっている肺の患部を切除する手術を行って治療をします。外科的な治療は早期発見の場合のみ可能になります。

 

放射線治療による治療方法

放射線治療とは高エネルギー放射線を使って、呼吸器疾患であるがん細胞などを殺す治療方法です。

先ほど説明した、早期の発見が遅れて症状が進行している場合は外科治療ができないため、治療としては放射線治療となります。

期間としては4~6週間の治療期間が必要であり、がん細胞は他の臓器に転移の可能性があるので、定期的に検査も必要となってきます。

その他にも手術ができない症状に進行している場合は、化学療法などもあります。呼吸器疾患の症状によっては吸入治療、レーザー照射などもあります。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ