Sponsored Link

歯の激痛で眠れない!【この対処法で今すぐ楽になって!】

1

眠れない程の歯の激痛に襲われた時、あなたはどうしますか?家にあるもので、できる対処があります。

そして原因を取り除くのが大切ですよね。歯痛には様々な原因があり、歯とは関係のない病気が隠れていることもあります。

スポンサーリンク
 

歯痛の10つの原因

 

虫歯

虫歯菌が繁殖して歯を溶かす酸をつくることで起こります。虫歯菌が神経まで到達すると激痛がします。

また、歯根膜まで入るとものを噛んだ時に痛みが出るようになります。また、歯間の異物で圧迫されていても痛みが出ます。

 

虫歯の治療で歯を削る時の痛みが強い人は麻酔をしてから治療してもらう事も出来るので伝えましょう。

 

知覚過敏

正式には象牙質知覚過敏といいます。歯がしみる症状が出ます。歯の歯ぐきから上に出ている部分は硬いエナメル質に覆われているため刺激にも強いのですが、歯ぐきが後退して歯の根が露出しているとそこがしみます

 

根が出ていないのに歯がしみる、しみて痛いときはエナメル質が虫歯に溶かされている可能性もあります。

 

親知らず

奥歯などで、もともと歯がないところに新しい歯が生えることを親知らずといいます。

歯ぐきを突き破って出てくるので、歯ぐきが押され、割れる時に痛みます。

 

歯肉炎

歯ぐきが腫れる状態のことを歯肉炎といい、歯ぐきが赤くなったり出血したりします。歯ぐきが急性炎症を起こしていることも考えられます。

 

歯槽膿漏

歯を支える骨が溶けてしまう病気を歯槽膿漏といいます、急に痛みが出ることもあります。

 

歯髄炎

歯の中にあり神経や血管でできた歯髄が、炎症を起こして腫れた状態で非情に激しい痛みがでます。炎症は細菌感染からで虫歯菌が原因を作ることが多いとされています。

 

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎は歯の根の先からでる細菌や毒素により周囲に炎症がおこります。噛んだ時に痛みが出ます。

 

歯の破折

歯が折れることです、特に根から折れる歯根破折は神経に細菌が感染すると痛みがでます。

 

かぶせ物

かぶせ物をした後は、噛むと痛いことがあります。かぶせ物がついて強く噛めるようになったために痛みが出ます。

自然にかみ合わせがなじんで痛みが消えることが多いようです。

 

治療矯正

治療矯正はブラケットという装置をつけ、ワイヤーを通して歯並びを整えるタイプがあります。ワイヤーを通して歯が動き始めた時に痛みがでる場合があります。3日から1週間で落ち着くそうです。

スポンサーリンク

歯じゃないのに痛い9つの原因

 

非歯原性歯痛

歯に原因がないのに、歯に痛みがでることを非歯原性歯痛といいます。歯に原因が無いため、歯をいくら治療しても効果がありません。

 

筋・筋膜性歯痛

歯を動かす筋肉に痛みの原因がある為に歯が痛くなる現象です。同じ神経支配にある複数の領域のうち一つに疾患がある時に別の場所が痛むことを関連痛といいます。

肩こりで首や背中が痛くなるのも同じ原理です。

 

神経障害性

末梢から中枢に障害が起こり、歯の痛みとして知覚されたものです。瞬間に激痛が起こる突発性と弱い痛みが長く続く持続性があります。

 

神経血管性

偏頭痛や群発性頭痛の症状の一つで、歯髄炎の痛みと似ているといわれます。

 

上顎洞性

副鼻腔の一つである上顎洞は左右の上あごの奥歯の上あたりにある空洞です。風邪などにより炎症を起こして歯に痛みが出ます。抗生物質により治療できます。

 

心臓性

狭心症や心筋梗塞によっても歯の痛みが出る場合があります。歩行時など運動時に痛みが出やすいようです。

 

精神疾患又は心理社会的要因

精神疾患のなかの身体表現性障害(身体化障害、疼痛性障害)、うつ病、統合性失調症ではストレスを感じた時に歯の痛みが出るケースがあります。

 

特発性歯痛

歯にも異常がなく、そのほかに歯が痛む原因が無いのに歯が痛むことです。

 

航空性歯痛

飛行機の機内は、0.8気圧と地上より低いため上顎洞の内圧が増して歯の神経を刺激してしまう為起こります。

スポンサーリンク

眠れないほどの痛みの9つの応急処置法

 

痛み止め

痛み止めを服用します。鎮痛作用が強いものは、胃腸を荒らす力も強いので空腹時は何か口に入れてから服用しましょう。

 

ロキソニンは歯科でも処方されますが、アスピリン喘息を持っているとき発作のリスクがあり飲め無いので注意が必要です。

 

正露丸

痛み止めがないときにもおすすめです、正露丸を虫歯に詰めると鎮痛作用があります

 

氷で冷やす

氷で直接、歯を冷やします。歯の中で血液が多くなり神経を圧迫している痛みは冷やして血液の流れを遅くすると軽減します。

 

ツボ

ツボで自然治癒力を高めましょう。手のひら側の中指と薬指の付け根にある歯痛点、親指と人差し指の間にある合谷は歯の痛みに効果があるとされています。

 

うがい薬

うがい薬で口の中を清潔にしておくのも痛みを緩和させるのに有効です。口内炎にも効果があります。

 

塗り薬

液体、ゲル状の塗り薬の歯痛の市販薬があります。妊婦でも使えるものもあるのでおすすめです。

 

大根おろし

大根の辛味成分に抗菌作用があり歯ぐきの腫れを抑えてくれます。生であれば効果が期待できますが大根おろしが特におすすめです。

 

玉ねぎ

抗菌作用があり、歯の痛みの初期に有効です。生のまま口に含んだり、噛んでいると効果があります。

 

塩水でうがい

塩水でうがいをするのもおすすめです。塩の殺菌作用により痛みが軽減します。

スポンサーリンク

歯が痛い時にしてはいけない7つのNG

 

硬いもの

硬いものを噛むのは、余計な力がかかるので避けましょう。歯を食いしばるのも良くありません。

 

刺激物

刺激物は、刺激で症状を悪化させる可能性があります。熱い、冷たいものも避けましょう。

 

アルコール

飲んでいる間は一時的に痛みを感じにくくなりますが、血行が促進されるので炎症・痛みが酷くなります

 

触る

患部を手で触るのはもちろん、舌で触れるのも細菌を広げたり擦り付けたりすることになりますからよくありません。

 

入浴

入浴も血行が良くなるため、痛み・炎症に悪影響です。軽めのシャワーで済ませるのがいいでしょう。

 

喫煙

タバコは、痛みにも悪影響ですが、治るのを遅くしてしまいます

 

炭酸飲料

炭酸は刺激が強く痛みを悪化させる恐れがあります。

 

デンタルケアで健康な歯にしよう

 

歯磨きは歯の汚れを落とし、細菌の温床となるプラークに対処する基本的な予防です。フッ素入りの歯磨き粉を使うとエナメル質の保護に効果的です。

 

キシリトールいりのガムは歯の再石灰化を促進します、仕事などで歯を磨く時間がない人にもおすすめです。デンタルフロス・歯間ブラシは歯間の異物を除き、プラーク除去率を高めてくれるので活用したいです。

 

就寝前や歯磨き後にデンタルリンスをすればさらに効果的で口臭も防げます

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ