Sponsored Link

デキサンvg軟膏0.12%の強さ【陰部や顔のニキビに使用できる?】

<監修薬剤師 藤沢 淳司>
軟膏

デキサンvg軟膏という薬を知っていますか?薬を使う際は使用上の注意などを知っておく必要がありますし、きちんと理解しておかなければいけないことについて説明していきます

スポンサーリンク
 

デキサンvg軟膏0.12%の効果

 

収斂(しゅうれん)

タンパク質を変えることによりカラダの組織や血管を縮める作用の事です。収斂作用を持つ物質には止血、鎮痛などの効果があります。それらは化粧品や医薬品に使われています。

 

抗炎症

炎症を抑えるステロイドという合成副腎皮質ホルモン剤と抗菌作用のある抗生物質の配合剤のことです。また、皮膚の免疫力を高め、代謝を上げることによって皮膚の炎症を抑える作用があり、皮膚のかゆみや赤み、腫れなどの症状を改善します

 

鎮痛

鎮痛とは痛みを抑える作用のことで、炎症が起きたニキビなどに伴う痛みを抑える作用があります。

 

※デキサンVG軟膏について

デキサンVG軟膏に含まれるベタメタゾン吉草酸エステルという成分はステロイドと呼ばれる薬の一種です。

ベタメタゾン吉草酸エステルを配合した薬には リンデロンVG軟膏があります

 

※適応

デキサンVG軟膏を使う症状は以下のものがあります。それらの症状においてただれ、かさぶた、感染を起こす場合に使用されます

✅ 湿疹・皮膚炎群

→あせも、とびひ、虫刺され、やけど、蕁麻疹など

 

✅ 掌蹠膿疱症脂漏性皮膚炎

→手の平、足の裏に菌を持たない膿疱(水風船のようなもの)ができる病気

 

✅ 進行性指掌角皮症

→皮膚が乾燥してはがれ、硬くなってひび割れを起こし、指紋がなくなる病気。手荒れともいう。

 

✅ 乾癬

→皮膚にできた赤い発疹から垢(あか)がはがれ落ちる病気

 

✅ 外傷、熱傷、手術創の二次感染

スポンサーリンク

デキサンvg軟膏0.12%の強さ

 

デキサンvg軟膏はステロイドであると説明しましたが、ここでステロイドについて少し説明します。ステロイドは以下の5段階に分類されます。

1群  …最強

2群  …非常に強力

3群  …強力

4群  …中程度

5群  …弱い

ステロイドの分類のうち、ベタメタゾン吉草酸エステルは3群と強力です。ステロイドは副腎という腎臓の上にある小さな臓器で、そこから分泌される副腎皮質ステロイドホルモンというホルモンのことです

 

※デキサンvg軟膏の副作用

副作用が出ることはほとんどないと言われていますが、ステロイドには、細菌から体を守ろうとする働きを抑える働きがあり、長期的に使用すると様々な副作用が生じる可能性が出てきます。副作用は局所的と全身的副作用に分けられます。

 

1.局所的副作用

※治療としてステロイドを中止しますが、ステロイドの使用をいきなり中止すると症状が悪化してしまうことがあるので注意してください。

✅ 免疫低下

→にきび・カンジダ症、カビによる水虫や爪の白癬

✅ 皮膚萎縮

→痛みやかゆみが無くて副作用に気づきにくく、健康な皮膚ができにくくなる。皮膚の表面が赤くなり、しわができる。血管が透けて見え、皮膚が薄くなる。

✅ 皮膚割れ

→皮膚組織が分離や断裂することで、赤紫色のひび割れのようなスジが胸、お腹、太ももなどにできる。

✅ 毛細血管拡張

→顔(頬)によく見られ、萎縮されていた血管が弱くなり、拡張することで血管が透けて赤く晴れ上がったように見えます。

✅ 多毛症

→ホルモンバランスが崩れるため、女性や、小さい子供などの産毛が増えたり濃くなったりすることがあります。

✅ 酒さ様皮膚炎

→顔に熱を持った赤み潮紅がみられ、ニキビのようなものができることがあります。

 

2.全身性副作用

大量または長期にわたる広範囲の軟膏剤使用によって引き起こされることはほとんどないです。

✅ 易感染症

✅ 高血圧

✅ 糖尿病

✅ 骨粗鬆症

✅ 白内障

✅ 緑内障

スポンサーリンク

陰部や顔のニキビに使用できる?

 

使用方法

使用する際は医師や薬剤師の指示をきちんと守って使用しなければいけません。

 

ステロイドには上で説明したように副作用もあるため、長期的な使用は控えて短期間の使用をするようにしてください。ステロイドの吸収率は塗る部位の皮膚の厚さや体毛によって差があり、頬と陰部は特に高いとされています。

 

注意

デキサンvg軟膏は皮膚にのみ使用し、顔に使用する場合は目に入らないようにしましょう。また、顔周りは特に皮膚が薄いので長期的な使用は控えましょう。通常、適量を1日に数回患部に塗ります。

 

体にできたニキビに対しても有効ですが、敏感肌の方が顔のニキビに使用すると刺激を受ける場合があるので注意してください。妊婦や妊娠している可能性のある方は使用を避けてください。また、12歳以下の子供には使わないでください。

そもそもデキサンvg軟膏は基本的にニキビに使用することはほとんどありません。

処方箋薬も市販薬もニキビ治療専用のものがあるので、ニキビが気になる人はまずは皮膚科で相談した方がいいでしょう。

禁忌

デキサンvg軟膏はどの症状でも使えるわけではありません。そのため、使用の際は医師や薬剤師の指導を守ってください。

✅ 湿疹性外耳道炎(鼓膜穿孔)

✅ 真菌

✅ ウイルス皮膚感染症

✅ 潰瘍

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ