Sponsored Link

大丈夫?ロコイド軟膏の赤ちゃんの顔への使用!

<監修薬剤師  りか>
4

病院で子どもや赤ちゃんに処方される事の多いステロイド薬の一種「ロコイド軟膏」。

ステロイド薬と効くと副作用等が気になる方が多いと思います。

 

特に赤ちゃんはとても肌が弱いですし、顔への使用はさらに心配になりますよね。

でも正しい使い方をすればロコイド軟膏は安全性の高いお薬です。

 

今回はロコイド軟膏の使い方や副作用についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク
 

ロコイド軟膏の効能や強さ

 

ロコイド軟膏はステロイド薬の一種です。

どのような効能があるのか、また薬の強さについてご説明します。

1

ロコイド軟膏の効能

皮膚の炎症を抑える働きがあります。赤み、腫れ、かゆみ等の症状を改善するステロイド薬の塗り薬です。

 

ロコイド軟膏はあらゆる皮膚疾患に使用されます。

湿疹や皮膚炎、乾癬(かんせん)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、手荒れ、唇荒れ等の治療に使用します。

 

無意識にかきむしってしまうような子どもにも効果的です。アトピー性皮膚炎の子どもには多く処方されるお薬です。

 

ステロイド薬という事で副作用等が心配になってしまう方が多いかと思いますが、使い方をしっかり守る事で安心して使用する事が出来ます。

 

ロコイド軟膏の強さ

ステロイド薬の中でも体内の吸収度によって強度が5段階に分けられます。

強度1(最強)、強度2(とても強い)、強度3(強い)、強度4(やや弱い)、強度5(弱い)の5段階です。

 

ロコイド軟膏は強度4(やや弱い)であり、効き目が穏やかで皮膚に優しいお薬です。

ただステロイド薬なので、使用方法には十分気を付けなければなりません。

スポンサーリンク

ロコイド軟膏は赤ちゃんの顔に使用しても平気?

 

赤ちゃんは乳児湿疹やアトピー性皮膚炎で、顔に炎症を起こす事があります。

5

アトピー性皮膚炎治療ガイドラインには

経皮吸収の盛んな顔面、頸部などに関しては、極力ステロイド外用薬は使用すべきでなく、

用いるとしても急性の病変に対して1週間程度の短期間の使用に留め、漸減(ぜんげん)、間欠投与(かんけつとうよ)、

タクロリムス軟膏への変更などを考えるべきである。

と書かれています。

 

つまり、顔に使用する場合は1週間程度にして、その後まだ症状が続くようであれば回数を減らしたり、他の薬を使用した方がいいという事です。

 

ロコイド軟膏は子どもや赤ちゃんに1番よく処方されるステロイド薬です。

上記のように1週間以上塗り続けない事、医師の指示通りにきちんと使用すればロコイド軟膏は安全性の高いお薬です。

 

使用方法を守れば、赤ちゃんの顔に使用しても問題はありません。

ただ目の周り等は、顔の中でも特に皮膚が薄いのと、薬が目に入ってしまう危険性があるので使用は控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ロコイド軟膏を赤ちゃんの顔に塗る時の注意点

 

続いてロコイド軟膏の塗り方と注意点についてです。

使用方法をきちんと守れば、非常に効果的で安全性の高いお薬です。

1

副作用を恐れて指示通りに使用しなかったり、早めに止めてしまう事で、完治しなかったり、症状の悪化につながります。

医師や薬剤師の指示をよく守り、正しく使用しましょう。

 

ロコイド軟膏の塗り方

通常1日1~2回適量を患部に塗りますが、患部や症状により使用回数や用量も異なります。

必ず医師や薬剤師に指示された用法用量に従って使用してください。

 

またロコイド軟膏の塗り方で2点お伝えさせて頂きます。

 

1.患部に雑菌が入らないようにする事

副作用等を最低限に抑える為には患部に雑菌が入らないように注意しましょう。

お風呂上がりは肌の雑菌がない状態なので、最適です。お風呂上がりに塗りましょう。

 

また患部だけでなく、塗る指にも注意しましょう。

心配な場合にはアイスやヨーグルト等を買う時についてくる、袋に密封された使い捨てのスプーンを使用しましょう。

 

2.ロコイド軟膏の量について

副作用を心配するあまり、塗る量が少ない場合があります。また塗り過ぎてしまう場合もあります。

 

塗り過ぎても副作用の心配がありますし、塗る量が少ない場合は効果が感じられなくなってしまいます。

患部によって適量も変わってきます。

 

きちんと医師の指示に従い、正しい量を塗ってください。

 

ロコイド軟膏を塗る際の注意点

 

1.使用する期間に注意してください。

先程もお話しましたが、赤ちゃんの顔に塗る場合には期間に注意しなければなりません。

1週間程度塗っても、その後症状が残る場合には必ず再度医師の診察を受けてください。

 

2.目には使用しないでください。

間違って目に入ってしまった場合にはすぐに水で洗い流してください。

それでも何かおかしいなと思った場合はすぐに医師に相談してください。

 

3.正しい用法用量を守りましょう。

量が少なくても多くてもいけません。きちんと治す為に正しい量を使用しましょう。

 

また医師の指示なしに自己判断で塗るのを止めないでください。必ず再度病院に行き、医師の指示を受けてください。

スポンサーリンク

ロコイド軟膏の副作用

 

最後に気になる副作用についてです。基本的にロコイド軟膏は副作用も少なく、効果も穏やかで安全性の高いお薬です。

ですが、顔や首等の皮膚が弱いところに塗る際には注意が必要です。

3

ではどのような副作用があるのかお話させて頂きたいと思います。

 

主な副作用として

✅皮膚の乾燥

✅かゆみ

✅皮膚の赤み

✅皮膚のかぶれ

✅湿疹が出る

✅刺激感 等の皮膚症状

 

また

✅頭痛

✅まぶた等に使用した時に、目の痛みを感じる

等といった副作用が起こる事があります。

 

上記の副作用が現れたら、使用を中止して医師や薬剤師に相談してください。

 

ロコイド軟膏は用法用量を守る事で、安全性も高く、効果的なお薬です。

副作用を恐れて、用量を守らないと完治しなかったり、症状の悪化につながります。

【関連記事】
リンデロンvg軟膏の副作用について!こんな人は気を付けて!

 

正しくロコイド軟膏を使用して、赤ちゃんの辛さを取ってあげましょう。

医師の指示をしっかりと守り、用法用量正しく使用してください。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ