Sponsored Link

急な胃痛の5つの原因!この対処法を試してみて!

<監修医師 吉野 聖奈>
1

仕事中や通勤中等、急な胃痛の症状が現れるととても辛いですよね。

なかなか自分ではコントロールする事が出来ない急な胃痛ですが、どのような原因があるのでしょうか?

 

痛みの原因を知る事で痛みを防ぐ事も出来ます。また急な胃痛の症状が現れた時に少しでも痛みを和らげたいものですよね。

そんな時に自分で出来る対処法についてもお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク
 

急な胃痛!その原因

2

胃痛の症状の一つとして胃痙攣(いけいれん)という病気があります。

胃痙攣(いけいれん)は胃の周りの筋肉が痙攣(けいれん)を起こす事で胃痛等の症状が現れます。

 

胃痛以外の症状としては吐き気・食欲不振・胃もたれ・胸やけ・嘔吐等です。みぞおち付近の痛みが現れます。

胃痙攣(いけいれん)になってしまう原因としても色々とあります。原因にはどのようなものがあるかお話させて頂きます。

 

精神的ストレス

1番多い原因として精神的ストレスがあげられます。ストレスにより胃の血流が減り、胃の痛みが現れます。

またストレスを感じる事で自律神経が乱れ、胃酸過多(いさんかた)の状態になります。胃酸が胃の壁を刺激する事でさらに痛みが強く現れます。

【関連記事】
ストレスが原因の病気一覧!心臓や脳にも悪影響を及ぼします!

 

胃潰瘍(いかいよう)が原因

胃潰瘍からの胃の痛みも多いです。みぞおち付近のズキズキとした強い痛みが現れます。

胃潰瘍はストレスやピロリ菌の感染等が主な原因です。食後の痛みが多いですが、ひどくなると胃に穴が空いてしまう事もあります。

進行した胃潰瘍では吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少・吐血・下血・背中の痛みが現れます。

 

胃に穴が空いてしまった場合には緊急手術が必要となります。通常は医師の処方による胃薬で対処出来ますので、早めに病院に行きましょう。

 

急性胃炎が原因

急性胃炎の原因は暴飲暴食、ストレス、薬による副作用、ピロリ菌の感染です。

症状としては胃潰瘍と同じでみぞおち辺りのキリキリとした胃痛が現れます。

 

その他の症状としては胃のむかつき・嘔吐・吐血・下血、また胃が膨らむような不快感の症状があります。

急性胃炎では胃を休ませる事が大事です。病院に行って医師の指示に従い、食生活にも気を付けましょう。

【関連記事】
胃がキリキリ痛む原因【一覧】この対処法でスッキリ!

 

十二指腸潰瘍・胆石症・胆管炎・急性膵炎等の多臓器の病気

胃の痛みでも胃の病気からきているものではない場合もあります。

みぞおち付近の痛みとして胃がん・十二指腸潰瘍・胆石症・胆管炎・急性膵炎・胆のう炎・肝臓がん・心筋梗塞・狭心症・逆流性食道炎・虫垂炎からくる場合もあるのです。

 

心臓等は胃痛とは関係ないかのようにも感じますが、このような原因もありますので注意が必要です。

自己判断ではなかなか難しいのですが、背中の痛みや胃痛の現れ方、他の症状等、詳しく医師に話して診断してもらいましょう。

【関連記事】
心筋梗塞の前兆は意外なアレ!4つの予防法!

3

食生活の問題

食生活としては胃に刺激のある辛い食べ物や熱い食べ物は控えましょう。またコーヒーやアルコール、たばこも胃に負担をかけますので控えてください。

 

食べ過ぎ・飲み過ぎも胃に影響しますので、量にも十分注意してください。

胃に負担のかからない消化の良い食べ物を食べましょう。胃酸の分泌を促したり、胃粘膜を刺激する食べ物はいけません。

 

また胃に負担のかかる食べ物として脂肪分の多い物は避けましょう。

ハムやソーセージ等の加工食品、脂身の多いお肉、大トロ、揚げ物等は控えるようにしてください。

 

食べ方にも注意が必要です。早食いやよく噛まないで食べてしまう人は、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

急な胃痛の痛みを和らげる対処法

 

先程もお伝えしましたが、病気が原因の胃痛の場合もあります。

その場合は病院に行き、医師の診察を受けましょう。ここでは自分で出来る対処法についてお話させて頂きます。

 

温かい飲み物を飲む

温かい牛乳やミルクティー等、胃に優しい飲み物をゆっくりと飲みましょう。

この際急に胃に入れると胃に負担がかかってしまいます。ゆっくりゆっくり飲むようにしましょう。この方法は手軽にすぐ出来ますのでおすすめです。

4

腹式呼吸

こちらも場所を問わず、電車の中等でも出来ますのでおすすめです。

鼻から息を吸って、口からゆっくりと息を吐いていきます。急な痛みが起きた場合、呼吸が浅くなってしまう方が多いです。

 

深呼吸、腹式呼吸をする事で体の隅々まで酸素が行きわたります。そしてリラックスにつながり、痛みの症状が緩和されていきます。

 

体の右側を下にして寝る

自宅等で寝られる環境であれば、体の右側を下にして寝ましょう。右側を下にする事により、胃の負担が少なくなります。この時も腹式呼吸を心掛けましょう。

スポンサーリンク

胃痛を抑える市販薬

 

お仕事中等で病院にすぐに行けない状況の時もありますよね。

強い痛みの場合はすぐにでも病院に行く事をおすすめします。

 

胃痛を抑える市販薬も今は症状に合わせたものが出ています。薬剤師や登録販売者に相談の上、購入してください。

5

胃酸分泌抑制薬(H2ブロッカー)

胃痛・胸やけ・胃もたれ・むかつき等の症状に効きます。ストレスや食べ過ぎ飲み過ぎによる、胃酸の過剰分泌を抑えます。

胃酸の過剰分泌を抑える事で胃粘膜が傷付く事を防ぐ事が出来ます。

 

胃粘膜保護剤

胃痛・胃酸過多(いさんかた)等の症状に効きます。胃粘膜の荒れを修復し、消化吸収を助けてくれます。

 

抗コリン薬

胃痛・胃酸過多(いさんかた)等の症状に効きます。副交感神経に作用する事で、胃腸の過度な運動や緊張を緩め、痛みを和らげます。

色々な種類の胃薬があり、ご自分の症状に合わせた胃薬を飲む事が大事です。

【関連記事】
ソルマックは効果あるの?飲むタイミングも確認して!

胃がムカムカして吐き気が酷い。原因は【危険な病気】かも!

 

薬剤師・登録販売者に相談の上、購入してください。また市販薬でも良くならない場合や頻繁に胃痛が起きる場合は必ず病院に行き、医師の診断を受けましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ