Sponsored Link

試して!ニキビの治し方を頬やおでこなど部位ごとに解説!

<監修医師  WASHIO>
3

鏡を見た時にニキビを発見すると、その日一日のテンションも下がっちゃう…なんてこともありますよね。

おでこや頬など、ニキビが出来る場所は様々ですが、出来る箇所によって治し方が変わってくるんです。

 

お化粧の時に邪魔になるこのニキビ!治し方を一緒にみていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

ニキビが頬に出来る原因

 

食事内容

食事の内容として特に挙げられるものは、糖分や脂肪分の取りすぎです。

油物や、スイーツを取りすぎると、胃腸や肝臓に負担をかけてしまいます。

 

胃腸は食べた物を消化してくれる臓器で、肝臓は体の毒(例えばアンモニア)を無毒化する臓器なのです。

その為、胃腸や肝臓が弱ってしまうと、消化も充分に行われません。最近疲れているなと感じる時は、体に優しい食事をとりたいですね。

 

もちろん、食事をする時はよく噛んで食べましょう。早食いも、胃腸に負担をかけてしまいます。

 

アルコールによる肝機能低下

先ほど書きましたが、肝臓は毒素を分解してくれる臓器です。そして、アルコールの分解も肝臓がしてくれているのです。

 

その為、アルコールを日常的に摂取していると、肝臓はアルコールを分解するために忙しく働かなければいけません。

そうなると肝機能は低下してしまうため、ニキビもできやすくなってしまいます。

 

ホルモンバランスの変化

女性の方では、生理前になるとニキビが出来やすくなるという方もいらっしゃると思います。生理前になると、プロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンの分泌量が増加します。

 

それとともにエストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンバランスよく働くと、肌トラブルを引き起こさずにすみます。

しかし、生理前になるとこのバランスが乱れてしまうことが多いため、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

ストレス

ストレスを感じると、男性ホルモンやノルアドレナリンというホルモンが普段よりも分泌されてしまいます。

この二つのホルモンは皮脂の分泌を促す為、この状態が続くと脂性肌になってしまうのです。

 

それにより、ニキビが出来やすくなってしまいます。ストレスはお肌にも悪いのですが、睡眠の質にも影響を及ぼしますよね。

そして睡眠の質が悪くなると、これもまたお肌には負担がかかるので悪循環になってしまいます。ストレスを溜めないように生活できるような工夫をしたいですね。

【関連記事】
ストレスが原因の病気一覧!心臓や脳にも悪影響を及ぼします!

 

寝具の汚れ

特にいつも同じ場所にニキビが出来るという方はこれが原因かもしれません。

寝具の汚れや、お肌に合わない洗濯洗剤を使っている場合、ニキビは出来やすくなります。

 

よく「ポイント」同じ場所にニキビが出来る…という方は、寝具をお洗濯して、それでもダメなときは洗剤を変えてみるという風に、どこに原因があったかを把握出来たらいいですね。

スポンサーリンク

ニキビが頬にできたらこうやって治してみて!

 

規則正しい生活

ニキビが出来た時は、「ポイント」体の疲れたよ!というサインなのです。

まずはその為にも、ゆっくり体を休めてあげましょう。食事の内容も、バランスの良いメニューを考えたいですね。

 

ニキビが出来るという事は、揚げ物や甘い物を取り過ぎだという目安でもあります。なので、お野菜を多くとるなど、一工夫をしてみましょう。

 

洗顔方法

ニキビは、脂性肌と乾燥肌、どちらもが原因になります。脂性肌と聞くと、脂っこいイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、お肌には油も必要なのです。

 

これがバランスのいい状態であれば、ニキビは出来にくいと言えます。

その為、洗顔のしすぎは「ポイント」必要な油分を奪ってしまう結果になります。

 

逆に洗顔を怠りすぎると脂性肌によるニキビが出来てしまいます。洗顔は基本的には朝晩の一日二回、洗顔料は泡立て優しく撫でるように洗うようにしましょう。

 

また、メイクをずっとしていると、お肌は蓋をされた状態となってしまいます。

外に出るなど用事が終わった時は、すぐにメイクを取り、お肌を休ませてあげましょう。

スポンサーリンク

ニキビがおでこに出来る原因

2

おでこにニキビが出来る原因は、上記でお話した項目も全て当てはまります。

寝具の汚れでは、うつぶせ寝の場合におでこに出来やすくなると言えます。

 

またおでこは、特に皮脂の分泌が盛んなためにニキビが出来やすいとも言えます。しかしこれだけでなく、おでこ特有の理由もあるのです。

 

洗い残し

皆さんはお風呂に入った時、どこから洗いますか?髪の毛を洗う前に洗顔をする、体を洗う、という方もいらっしゃると思います。

しかし、シャンプーやリンスを最後にしてしまうと、お肌や体に残ってしまうのです。

 

それによって、お肌に強い刺激を与えてしまうため、ニキビが出来やすくなってしまいます。

なので、お風呂に入ったら一番にシャンプーとリンスをして、最後に顔と体を洗うようにしましょう。

 

外的刺激

ニキビが出来てしまうと、ついつい隠すために前髪をおろしてしまいませんか?

 

しかし前髪をおろすと、ニキビには刺激を与える形となってしまいます。

この外から与えられる刺激も、ニキビには悪影響を及ぼします。また、前髪にも雑菌はついている為、ニキビにはよくないのです。

スポンサーリンク

ニキビがおでこにできたらこうやって治してみて!

 

外的刺激を避ける

まずニキビが出来た際は、女性であればピンで前髪を止めてしまいましょう。

 

なるべくニキビに刺激を与えないように工夫をする事が大事になります。男性であれば、思い切って前髪を短くするなどイメージチェンジをするのもいいですね。

 

スキンケアを正しく行う

先ほども書きましたが、お風呂に入ったらまずは一番に頭を洗うようにしてください。そして顔や体を洗うことで、すすぎ残りによるニキビトラブルは避けられます。

 

そして洗顔後は化粧水や乳液で、お肌を整えるようにしましょう。また、基礎化粧品は自分の肌質にあったものを選ぶといいでしょう。

 

薬局やお化粧品コーナーで、化粧部員さんなどがお肌チェックをしてくれるところもあります。

そのチェックをして貰い、自分の肌が脂性肌なのか乾燥肌なのかを把握し、どのような基礎化粧品が合うかを考えましょう。

 

また、冬場や夏場でスキンケアの方法も変わって来ます。前まで乾燥してたのに、最近は脂っぽいなと感じる事があれば、またお肌の様子を見て貰うことも大事ですね。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ