Sponsored Link

アボコート軟膏0.1%の顔への使用について【強さを簡単に解説】

<監修薬剤師 BlueP>
1

アボコート軟膏0.1%とは皮膚に塗るタイプのステロイド剤です。「ロコイド軟膏」という薬のジェネリック医薬品です。

ロコイド軟膏は吸収率のよい顔に処方されるだけでなく赤ちゃんにも処方されている比較的弱いタイプのステロイド剤です。

スポンサーリンク
 

アボコート軟膏0.1%の効果

 

抗炎症作用

ステロイドは免疫を抑制することで、炎症反応をおこしにくくしてくれます。炎症反応とは「赤くなる」「熱くなる」「腫れる」「痛みを感じる」ことです。炎症がおこる原因は、免疫反応が過剰となっておこるのです。

 

免疫反応とは異物が侵入してきた時に、異物に対して攻撃する生体システムのことです。例えば「花粉症」ですが、これは花粉を異物とみなし花粉に対して攻撃する疾患です。通常花粉は無害です。

 

しかし、無害の花粉に対して免疫反応が過剰に作用し本来攻撃する必要のないものに攻撃してしまうのです。そのため、ステロイドで免疫を抑制し、炎症反応をおさえるのです。

 

免疫抑制作用

免疫を抑制することで、炎症反応をおさえることができます。免疫を抑制するということは免疫力が低下すると言い換えることが出来ます。アボコートは塗り薬のため、塗った場所の免疫が低下します。

 

炎症反応を生じにくくするためには免疫が低下したほうがいいのですが、ばい菌には感染しやすくなります。そのため、通常副作用として皮膚の免疫力の低下があげられます。

 

慢性使用は副作用がおこる可能性が高まるので、必ず医師の指示に従って用法容量を守る必要があります。

 

増殖抑制作用

ステロイドは塗った部位の皮膚の増殖をおさえる作用があります。皮膚が腫れなどで分厚くなった場合に使用し皮膚細胞の増殖をおさえて分厚くなることを改善してくれます。乾癬や角化症などで使われます。

 

ただし、分厚くなっていない場合を考えると皮膚が薄くなります。これが副作用になります。長期間塗り続けると皮膚が薄くなり毛細血管が目立ち赤みが目立つ肌になることがあるので、使用には注意が必要です。

スポンサーリンク

アボコート軟膏0.1%の顔への使用について

 

アボコート軟膏の強さ

アボコートはⅣ群と比較的弱いステロイド剤ですが、顔は皮膚が薄く吸収率が高いので注意が必要です。塗り薬には「軟膏」「クリーム」「ローション」と形態により種類分けされています。

 

同じ薬でも形態で使い分けがされているのを知っていますか?「軟膏」はワセリンなどの油が基材です。ワセリンは保湿剤としても使用されているので、軟膏は保湿性に優れています。

 

しかし、ベトベトし、浸透しにくいので使いにくく感じることもあります。「クリーム」は水と油を界面活性剤で混ぜたものです。水分が入っているので伸びがよく塗りやすいです。

 

しかし、少し刺激が強くなります。「ローション」は水を中心にアルコールが入ることもあります。スッとなじむので特に夏にはありがたい形状です。ただし、保湿力は期待できません。浸透力が強いので皮膚の分厚い部分に使われます。

 

形態が違うのは、塗り心地をわけるためだけではなく浸透効果が大きく関係しているのです。そのため、軽症の皮膚状態で肌がうすく吸収率が高い顔に塗るには、比較的弱いタイプで浸透しにくく保湿作用があるアボコート軟膏は向いています。

 

ただし、用法容量を必ず守ることは副作用を起こさない為にも大切なことです。

スポンサーリンク

アボコート軟膏0.1%の副作用

 

免疫低下

ステロイドは免疫を抑制する効果があるので免疫低下は効果であり副作用となります。感染症のリスクが高くなります。

 

皮膚萎縮

皮膚萎縮とは皮膚が薄くなることです。薬が強い程萎縮の進みは早いです。また、気がつかないうちに進むので気がつけば真皮の萎縮が始まっています。

皮膚の免疫機能が低下するので注意が必要です。

 

毛細血管拡張

拡張した毛細血管を収縮させて炎症をおさえるためにステロイドを塗ります。しかし収縮させている状態が長く続くと身体は収縮しないように毛細血管を拡張させようとします。

 

これによりますます拡張するようになり毛細血管拡張という副作用がおこります。元の状態に戻るのに時間がかかったり戻らなかったりする恐れもあるので注意が必要です。

 

多毛症

ステロイド使用により体毛が通常よりも濃かったり多かったりする症状です。毛細血管拡張の症状が治まるとともに軽度になります。

小児に多い副作用です。

 

酒さ様皮膚炎

原因不明の皮膚炎とされています。紅斑が熱をもっている状態です。アトピーなどの皮膚炎と併発することが多い症状です。

ステロイドを長期使用したり強すぎたりすると発症することがあるようです。

 

滅多におこることではありませんが、長期間大量に使用すると全身に作用し、緑内障(眼圧亢進)、白内障がおこる可能性があるようです。

アボコート軟膏などのステロイド剤はメリットがデメリットになったり、デメリットがメリットになったりします。メリットを生かす為には医師の指示を守ることが大切です。

 

「比較的弱いから大丈夫」と言い訳せずに、容量用法はきちんと確認して正しく使用しましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ