Sponsored Link

低血糖が眠気や頭痛を誘う?【原因や対処法を詳しく解説!】

<監修医師 ドクターTST>
1

仕事が忙しかったり、家事が忙しかったりして寝不足が続いて眠気に襲われることはよくありますよね?

そんな時は、1日ぐっすり寝たりしたらある程度体調はよくなりますよね。

 

でも寝不足でもないのに常に眠気に襲われる、体調は悪くないのに常に頭痛に襲われることがある場合は「低血糖」が原因かもしれません。

 

血糖値が低いことによって、体がフラフラしてめまいが起こったり、悪寒・発作もあるそうです。また、糖質制限など急激なダイエットによる栄養障害で低血糖から気絶したりする可能性もあります。

今日はそんな「低血糖」の原因や対処法について紹介していきたいと思います

スポンサーリンク
 

低血糖ってどんな病気?

 

では最初に低血糖とはどんな病気で、どんな症状のときにそういうのかというのを少しだけ見ていこうと思います。

 

健康な人も注意が必要

実は低血糖は健康な人に起きます。低血糖症とは血糖値が正常な変動幅を超えて低くなり、それによる症状が現れた時のことを言います。通常は血糖値が下がるとインスリンの分泌量は減少しますが、インスリンの不必要な、または異常な分泌など調節障害があると低血糖になります。

 

血糖値が下がる原因は様々であり、おもには血糖のコントロールが出来なくなることによる症状で起こります。

 

正常な血糖値とは

正常な血糖値とは70mg/dlより高い数値となっているのですが、低血糖になると実は血糖値が高くなったり、低くなったりと、数値が乱れます。それによってさまざまな症状が出てくるのです。

 

ここで覚えておいていただきたいのが、実は先ほどの正常な血糖値には性別・年齢・食事・遺伝などによって個人差があるため、数値だけで低血糖症とは断言できないのです

 

なので、これからお伝えするさまざまな症状を見逃さないことが重要です。

スポンサーリンク

低血糖になる原因

 

低血糖になる原因は大きくわけて2つの要素に分かれます。

 

一つは外因性によるものです。外因性とは主に薬による下記の3つによるものです。

「糖尿病治療薬」「アルコール摂取」「抗不整脈薬」の摂取によるものです。特にアルコール摂取について空腹時によるものです。

 

もう一つは内因性によるものです。主に反応性低血糖でありインスリン感受性の強い人です。その中でも下記の3つが治療が必要な内因性低血糖です。

「インスリノーマ」「平滑筋肉腫」「インスリン自己免疫症候群」です。

 

インスリン自己免疫症候群は、糖尿病のインスリン注射治療を行ったことがないのに、インスリン自己抗体により低血糖を起こすものです。

 

では次に血糖値だけでは判断できない、低血糖のときに起こりやすい症状について詳しくみていきましょう

スポンサーリンク

低血糖の症状

 

ではここからは、先ほど健康な人でも低血糖に注意しなければいけないと伝えたように、血糖値は人それぞれであり、なかなか数値をチェックしている人のが少ないと思います。

ですから、数値のチェックではなく、低血糖のときはどのような症状が起こるのか見ていきたいと思います

 

中枢神経症状

血糖値が低くなっていることで、体内にエネルギーがいかなくなり、体がだるくなる症状がおきます。これにより影響を受けるのが脳の機能です。脳の機能が低下して起きる様々な症状が中枢神経症状です。

 

症状としては、意識の混乱、おかしな行動、集中力が続かない、頭痛などが起こります。また、脳の機能が低下すると意識障害や、痙攣や昏睡状態による命の危険性も高まります。

 

自律神経症状

血糖値が下がると、血糖値をあげる働きをしてホルモンが分泌するようになります。このホルモンはアドレナリンやノルアドレナリンで、分泌している時には交感神経を刺激する作用があります。

それによって、低血糖の人は空腹時に手が震えたりする症状が出てきます。自律神経が刺激されることで、頭痛や手が冷たくなってきたりします。

 

無自覚性低血糖

実は低血糖が続いている人はそれに体が慣れてきてしまいます。その慢性化によって自覚症状(自律神経症状など)もなく意識障害などを起こす無自覚性低血糖になります。

 

この症状については、自分では分からないため、周りの人に気づいてもらうしかないのです。さらに糖尿病神経障害で無自覚性低血糖が起きると命の危険性もあります。

スポンサーリンク

低血糖症の改善方法

 

では低血糖症になってしまったらどうしたらよいのか?

主に低血糖症の対処方法の重要な部分は食事療法です。それ以外にも栄養療法・日常療法がありますのでそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

食事療法

ではまず低血糖症の治療法の一つの食事療法についてです。

インスリンが過剰に分泌されることで、すい臓・肝臓が疲れていることがあるので、すい臓に負担の少ない食事が重要です。血糖値を上昇させないために食事の方法として脂肪や糖質が多く含まれている食事は少なくすることが重要です。

 

そこで見ていきたい数値は「GI値」です。GI値が高い食品というのは、血糖値を上昇させることに繋がってしまいますので過食は禁物です。特に砂糖やブドウ糖などが入った飲料水は注意が必要です。

 

栄養療法

栄養療法はは栄養補給食品を摂取して細胞の活性化を行って自然治癒力を高めていく方法です。低血糖とは栄養素が不足しているために起こることが多いので、治癒力を高めていくために適切な栄養素を摂取して症状が改善されていくのです。

 

生活習慣の改善

低血糖症治療の最終地点は血糖値を良好に保つことです。

そのためには食事療法にも繋がる、日常生活の質を維持することが重要です。やはり不規則な生活による体への負担はあります。食事療法と平行して自分の日常生活で適度な運動・しっかりとした睡眠を心がけましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ