Sponsored Link

眼精疲労で頭痛い!3つの市販薬で楽になる!

<監修医師 ドクターTST>
1

目が疲れる事や、目の奥が痛い、瞼が重たいなどや、目の痙攣が出てしまうという経験はありませんか?

目の疲労に悩むこういう状況が続きますと頭痛を起こしやすくなります。

 

読書などやパソコン作業等目を持続的に使う行為は、目の疲労感、目の重圧感だけでなく、全身にも疲労感。

頭痛。肩こり、吐き気などが起こることがありますが、これを一般的に眼精疲労と言います。

そのままにしていますと大変な事になりますので、日頃から注意しておくことが眼精疲労の対策の一つにもなります。

スポンサーリンク
 

眼精疲労での頭痛はなぜ起こるのか

4

原因は大きく4つに分けて考えてられることが多く見られます。

 

目に原因がある

遠視、近視、乱視などの症状が原因で起こる眼精疲労が最も多いと言われています。

いずれも、物が的確に見えない為、無理に調節してみようとして目を動かす事で疲労が蓄積していきます。

 

全身に原因がある

肩こり、腰痛など悩みが増えてきます。特に肩に違和感を感じて集中力を削ぎ、肩こりとなって頭痛を引き起こしてしまう原因にもなります。

主に眼精疲労は、肩こりと頭痛で悩まされ日常生活などに影響を及ぼしてきます。

 

現社会ではパソコンで作業をすることが増えてきて、ますます目を酷使して、肩こりを患ってしまう場合があります。

 

精神的なストレス

職場の不適合、心身症、神経症なども眼精疲労の一つの原因となります。

なるべくストレスをためずにいることがポイントです。

 

意外性な環境的なもの

紫外線や、赤外線。適度な照明などの光の刺激なものがありますが、意外性では、クーラーの風なども原因の一つとなります。

最近では新築などで起こるシックハウス症候群も注目されているそうですよ。

 

紫外線など強い場合は、目に負担がかからないよう、日傘やサングラスなどかけて紫外線から目を守りましょう。

スポンサーリンク

眼精疲労の頭痛に有効な市販薬3選!

 

バファリン

もっとも日本で知名度が高いと言われている鎮痛剤の一つで、さまざまな痛みや風邪、急な発熱を下げる効果がある鎮痛剤です。

 

またこちらは、15歳以下の種類も出ていまして15歳以下のお子様にも使用していただけるのが、小児用バファリンCIIです。

胃腸が強くない方は多めの水で飲み、空腹を避けて服用するようにしてください。

 

よく、バファリンは「やさしさの半分で出来ている」と言われていますよね。

その意味とは、胃にやさしいという意味もあるそうで、胃の負担をもっとも減らしたい方にはやさしいと言われるのがこのバファリン。

 

お子様がいるご家庭には常備薬としてあれば、安心かもしれませんよ。

 

イブ(イブプロフェン)

風邪や生理痛、頭痛といった日常な発熱や痛み止めに効果が現れるお薬です。

服用して1~2時間で効果が現れてきますが、個人体格差などで若干の効果が現れるまで時間の格差があります。

1日2回服用する場合4時間以上は開けておきましょう。

 

ロキソニンSプラス

小粒でとても飲みやすく、痛みを素早く抑えてくれる鎮痛成分が含まれており、胃を守る成分もプラスに配合されています。

 

効果は病院で処方されるロキソニンと同等で、また、眠くなる鎮静成分を含んでいませんので、眠気が襲う事はありません。

短時間で血中に以降するので、速やかな効果が期待できます。

 

ただ、副作用が少ない分安心ですが使用がなるべく空腹を避けて飲むタイミングに気を付けてましょう。

スポンサーリンク

眼精疲労にならぬよう予防をしましょう!

 

目の疲れ、痛みなどは大抵の方が体験することですが、時間が経つと忘れてしまいがちになります。

気づかないうちに疲労が溜まっていき、頑固な疲れや身体に悪影響が出たりする場合があり、眼精疲労は仕事や私生活まで悪影響を及ぼす事があります。

 

ならない為にはまずは十分な睡眠をとることが大事です。

目にストレスをあまりあてないで、休息の日をとるのも予防の一つになりますよ。

 

時折、遠くを見て目のストレス解消をしたり、身体ストレスを与えず、ゆっくりと瞳を閉じて、耳を澄まして音楽など楽しんでみるのも心のリフレッシュになります。

 

肩こり予防に欠かせないのは、目と肩を温めて休むこと。

日頃から運動をして血行の流れをよくしておくことが大事です。

 

大人になるにつれ運動する機会も減ってきますので、ますます眼精疲労になりやすい体質になってしまいます。

蒸しタオルを目の元に置いて目を温める事や、お風呂で身体を温めることもお勧めです。

 

長く症状が続くようでしたら、予防対策よりも早めの診察を一番におすすめ致します。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

こちら記事も読まれています

サブコンテンツ