Sponsored Link

精神発達遅滞の3つの特徴【症状や原因をわかりやすく解説】

<監修臨床心理士 鈴木崇弘>
1

もし、自分の子供が「精神発達遅滞」と診断されたら・・・落ち込まず、少しずつ回復に向き合っていきましょう!

スポンサーリンク
 

精神発達遅滞の特徴

 

精神発達遅滞とは、知能が全体的に低く、生活していくのにサポートが必要な状態のことを言いますが、知能というのは勉強が出来る・出来ないという事ではなく、他人とのコミュニケーションが取れる、生活していくために状況に応じた判断が出来るなどの一般的な知的機能の事です。

 

「精神発達遅滞」の3つの定義

✅ 全般的に知能の発達が同じ年齢の子供と比べて遅れがみられる

✅ 意思伝達や自己管理、家庭生活、学習能力などの社会生活にうまく適応出来ない

✅ 18歳(発達期)くらいまでに低い知能がみられる

 

検査方法は、一般血液や尿検査、染色体異常が疑われる場合はGバンド法、脳波検査、行動聴覚検査、聴性脳幹反応(ABR)などの医学的検査と、知能指数(IQ)や発達指数(DQ)などを調べる心理検査になり、数値によって軽度~重度の程度が診断され、一度精神発達遅滞の診断がされても、その後の成長過程でその都度検査が行われます。

 

✅ 精神発達遅滞とは、知的機能だけではなく、

・自己管理や家庭での生活での支障

・社会性や対人能力の弱さ、地域社会とのかかわりの弱さ

自律性における支障

・学習能力や仕事の能力の弱さ

・自由時間の過ごし方が不適切

健康管理が苦手

安全管理が出来ない

 

など、生活面において実年齢に応じた適応力を下回っていることが特徴とされています。

 

年齢別の主な特徴

✅ 乳児期 : 運動発達の遅れ、外界からの刺激に対する反応の乏しさ

 

✅ 幼児期 : 発語・言語理解力の遅れ、構音障害など≪言葉の発達の遅れ≫

日常生活習慣、対人関係、粗大運動面の発達、不器用さの有無などの≪評価≫

こだわり、多動性(過活動性)、注意集中困難(不注意)、衝動性など≪行動面≫

気分障害、睡眠障害、過食、食欲低下など≪精神面≫

 

時期や症状によって治療内容や治療期間も違いますので、当てはまる症状があれば、先ずは小児科や内科などを受診しましょう。

スポンサーリンク

精神発達遅滞の症状

 

症状の現れ方

軽度の場合は、言葉がなかなか出ない、バイバイ等の動作が出来ないなどの運動的発達が遅い、重度の場合は、首がなかなかすわらない、ハイハイを始めるのが遅いなどの言語や気持ちの表現などコミュニケーションの発達が遅いことによって気付きます。

 

全体的な知能が低いため、日常生活や社会生活に支障をきたし、身の回りの食事・衣服の着脱、トイレでの排便・排尿などが一人でうまく出来ない、同じ年齢の子供と遊ばないなどの症状がみられます。

 

小学校に入って、集団生活に適応出来ないために問題行動が目立ち、初めて精神発達遅滞に気付かれる場合もあります。

 

但し、個人差がありますので、乳児期に精神遅滞でなくても多少発達が遅くなる赤ちゃんはいます。

 

日常生活の上での注意

精神発達遅滞と診断されても、子供なりに成長していきます。

 

日常的なかかわりが子供の精神発達を支え、促していくのに重要な役割を担っていますので、様々な注意が必要になります。

 

✅ ストレスに弱い

不安や恐怖、困惑、怒りなど複雑な感情を感じたり、表したりする力が不十分なので、厳しすぎるしつけや、叱り方はかえって成長を妨げる場合があるため、発達段階に応じて子供が混乱しないように一つずつ達成し、時間はかかっても大人もじっくり取り組みましょう。

 

✅ 教育場面は場所を選ぶ

子供が教育を受け、仲間関係を得て社会のルールを学ぶ事は精神発達に欠かせない事で、特殊学級か普通学級か、現状では地域によって機能が違うので、就学前に学校や教育委員会に相談し子供にとって良い教育環境を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

精神発達遅滞の原因

 

精神遅滞の原因としては特定出来ることが少なく、遺伝や環境に要因があると考えられており、出生前から出生後にわたり様々な原因が見られます。

 

✅ 生理的要因 :

→ 生まれ持った能力によるもので、脳の発達が遅く知能が低くなると考えられており、これといった原因はなく親からの遺伝と思われる場合もある

 

✅ 病理的要因 :

→ 脳になんらしかの病気や損傷があることによって知能の発達が妨げられる

 

✅ 心理的・環境的要因 :

→ 知能の発達に不適切な環境に置かれていることにより起こる

 

出生前の主な原因

遺伝子の異常 ・・・ ダウン症候群(染色体異常) など

母体環境 ・・・ 胎内感染、薬物、アルコール摂取 など

 

出生前後の主な原因

子宮内の異常 ・・・ 早産、多胎、胎盤機能不全 など

新生児期 ・・・ 低栄養、低酸素虚血性脳障害、感染症、外傷、低血糖、黄疸 など

 

出生後の主な原因

頭部外傷 ・・・ 脳挫傷、頭蓋内出血 など

感染症 ・・・ 化膿性髄膜炎、脳炎、脳症 など

低栄養

低酸素性脳症 ・・・ 溺水、窒息 など

・けいれん、てんかん など

不適当な養育・社会環境 など

 

周りの同じ年齢の子供より幼稚な行動しか取れないなど、少し違った行動や言動を見逃さない事などの行動観察が早期発見に繋がります。

 

先天性代謝異常・内分泌異常 ・・・ 小児科、内科の専門医

てんかん等の発作 ・・・ 小児科、精神科

情緒不安定や奇行、衝動的行動 ・・・ 精神科、児童精神科

 

症状によって治療方法や治療期間が異なりますが、教育と訓練が主になります。

 

身体機能訓練、言語訓練、作業療法、心理カウンセリングなどを開始し、現実的で達成可能な目標を定め、教育や訓練を行うことにより子供の持つ発達の可能性を最大限に発揮させる事が出来ます。

 

個人差はありますが、長期的には身の回りのことが一人で出来るようになること、将来の職業に繋がるような技能を身に付けることが目標となり、合併症など身体疾患(てんかんなど)や行動の問題(自傷行為など)に対しては、症状を改善させる目的で薬物療法などを行います。

 

精神発達遅滞は、年齢や発達段階によって違います。大事なことは、年齢や発達の段階で直面するハンディキャップを理解し、子供の能力に合った訓練方法や教育手段を選ぶことです。

 

もし、少しでも子供の異変に気づいたら、小児科や発達相談、各地域の発達支援プログラムなどの支援機関を利用して情報を得、子供の発達を支えましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ