Sponsored Link

過食嘔吐の治し方はコレ!病院での治療で克服しよう!

<監修医師  WASHIO>
13a872776288010fe43df9cd7bbb287e_s-e1452325533448

食事は生命を維持するだけのものではなく、食べることそのものが楽しい事であったり、イベント事などの大切な思い出と共に沢山の記憶があるものだと思います。

 

ですが、過食嘔吐の方にはその食事そのものが苦痛にすらなるほどのストレスとなっている事と思います。

そこで、非常に辛い状況である過食嘔吐状態を解決するための治療法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

過食嘔吐の2つの治療法

 

過食嘔吐の治療は身体症状としての治療を進める内科を受診する方法と、過食嘔吐を起した原因となる精神的なケアを中心に行います。

過食嘔吐を何度も繰り返していると消化器である胃や食道を自分の胃液で傷つけてしまうからです。

 

そこで消化器科などをまず受信して潰瘍など出来ていないかなど確認し、胃粘膜を保護する薬などを処方してもらうなどの方法を取ります。

 

また、過食嘔吐では精神的なストレスやトラウマが隠れていたりもしますので自分一人で悩まずに心療内科やカウンセリングなどを受ける必要があります。

スポンサーリンク

過食嘔吐してしまう原因

 

過食嘔吐をしてしまう原因

過食嘔吐になる原因はまず、ストレスや自分の体つきに対するマイナスなイメージなどでしょう。

「食べたいけど、痩せなきゃ!」という思い込みが過食嘔吐を結果引き起こしてしまっていると言えるのです。

しかし、「食べてしまう自分が悪いんだ」と自分を責めてしまったりする傾向が多いでしょう。

【関連記事】
プチ鬱症状チェック!この診断を試してみて!

 

また過酷なダイエットを繰り返している女性に過食嘔吐が多い事も特徴です。

過去に見た目について傷ついた経験や、家庭環境、主に母親との関係など身近な所に原因が隠れていたりします。

特に身近な人が原因の場合、気軽に相談すること自体が困難な場合もあります。

 

怖いのは決して太っているから過食嘔吐になるのではないと言う事です。

誰から見ても痩せていて、むしろ過食嘔吐を繰り返して栄養失調気味でもあくまでも本人が「自分は太っている、太りたくない!」と思いこんでいる事が問題なのです。

スポンサーリンク

過食嘔吐の吐き方

 

過食嘔吐の方がいきなり吐くことを辞めるのは非常に難しいと思います。

しかし吐くことは様々な危険の原因ともなります。

 

胃や食道の粘膜を傷つけ、逆流性食道炎や、胃炎、潰瘍などの原因にもなります。

何度も繰り返し吐き戻す事により、出血も伴う事もあるでしょう。

 

また声帯も場合により損傷を受けて声が枯れてしまう場合もあります。

吐く前にはこのような危険と隣り合わせであると注意が必要です。

 

吐く前に水を飲む

胃酸は非常に強力な酸です。

胃の粘膜で胃酸から自分の胃を守っているのですが、過食嘔吐を繰り返していると胃粘膜の保護成分までが流れ薄れてしまいます。

何度も吐くうちに胃液が胃壁や食道を傷つけていきます。

 

その酸の効果を薄める為にも吐く前にはお水を飲んで胃液を薄めることがコツになります。

 

前傾姿勢で指を入れ舌の奥を押さえる

体の自然な反射を利用して吐きます。

前かがみになり舌の奥を指で押さえます。

 

自然に嘔吐感がこみ上げて吐くことが出来るでしょう。

比較的簡単な吐き方と言えるでしょう。

吐いた後は水でうがいをして胃液を口の中に残さないようにしましょう。

 

スポーツ飲料などで水分摂取する

体に取り込んだ水分が嘔吐により一気に失う事は、身体にとってかなりの負担になります。

夏場など脱水の危険もあるかもしれません。

 

水で薄めたスポーツドリンクやドラッグストアに売っている経口補水液などを飲む事をお勧めします。

嘔吐によって失われたミネラルなどを水分と一緒に補給する事が出来ます。

【参考記事】 経口補水液とは?作り方と飲み方を徹底解説!

スポンサーリンク

過食嘔吐を病院の治療で克服!

c2207037a011e694663395652d71b653_s

まず、過食嘔吐などの問題に取り組んでくれるような心療内科や病院を探してみる事が必要です。

カウンセリングによって食事に対するマイナスなイメージ、自分自身の身体に対するマイナスなイメージを少しずつ改善する事が大切です。

 

過食嘔吐の主な原因は心に深い傷やトラウマが隠れている場合が多いでしょう。

また過食してしまった自分を責めるのではなく、受け入れて治療する事が大切になってきます。

 

過食嘔吐は一見深刻な病気とは思われず、周囲の人に理解を得るのは難しい場合も多いかもしれません。

そんな時は専門家に勇気を出して相談してみましょう。

また、過食嘔吐などの人が集まる会などもありますので、同じ境遇の方と悩みを共有するのもいいでしょう。

 

思わず過食したい衝動や、食べた物を吐き戻したい衝動を無理に抑えるのではなく、少しずつ後戻りしながらも根気よく治療を継続することが大事になります。

また、すでに声が枯れたり、胃痛、胃もたれ食欲不振などの症状が出ているなら消化器科へかかり、胃カメラなどで検査を受ける必要もあるでしょう。

【関連記事】
胃カメラの前日の食事はコレに注意して!【重要】

 

過食嘔吐も悪化すれば通常の食事も身体が受け付けなくなる程、命に関わる場合もあります。

ですので、今のまま放置していては危険だと思う事が第一歩です。

【参考記事】
過食嘔吐での顔のむくみ解消法!コレを試してみて!

 

心療内科やカウンセリングなどは敷居が高いと思うかもしれませんが最近は色々な方が気軽に利用しています。安心して治療を始めて下さい。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ