Sponsored Link

たらこ唇を治す方法を伝授!【コンプレックスから解放されよう!】

<監修医師 まっちゃん>
口

人からたらこ唇だと言われコンプレックスに感じている人もいるかと思います。少しでも改善できることでコンプレックスを解消できるので、治す方法を解説していきます

スポンサーリンク
 

たらこ唇になる原因

 

歯並び

歯並びが悪いと普段から口を開けていることが多く、たらこ唇の原因となります。

また、口を閉じていても無意識のうちに舌がいつも前歯の裏側にあり、舌で歯を押してしまっている状態になることで、出っ歯もたらこ唇もさらにひどくなるのです

 

表情筋の衰え

表情筋の中の口輪筋と呼ばれる、口の周りの筋肉の衰えが原因でなる人もいます。口の周りの筋肉がたるむと、口角も下がり唇もハリを失ってしまうのです

 

呼吸方法

口呼吸の方は口を開けていることが多いため、唇が前に突き出されやすくなります。意識して口を閉じるようにして、鼻呼吸を心掛けましょう。鼻炎などのために鼻呼吸が難しく、口呼吸しかできないときは、先に鼻炎の治療を行いましょう

 

顎のゆがみ

あごの骨がゆがんでいると、歯並びや噛み合わせが悪くなるため、口のしまりが悪く、たらこ唇の原因になっています。うつ伏せで寝ていたり、頬杖をついたりする習慣があごのゆがみを起こしやすくなるのです

 

遺伝によるもの

たらこ唇は先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的なものは、両親や親族の中にたらこ唇の人が多く、遺伝が原因だと考えられます。

スポンサーリンク

たらこ唇を直す方法

 

呼吸方法

鼻呼吸を心掛けることで、唇が前ではなく横に伸ばされ、たらこ唇が改善されます。鼻が詰まっていて鼻呼吸をしづらい場合は口呼吸になってしまいますが、その際は必ず口角を上げて呼吸をするようにしましょう。

 

口呼吸に治すことで、たらこ唇を治せることに加え、免疫力が上がる、顔色が良くなる、集中力が上がる、小顔になれるなどのメリットもあるのです。

最初は意識することが大切ですが、毎日の積み重ねで自然と呼吸の仕方が変わってきます

 

表情筋を鍛える

唇の周囲には三叉神経が通っていて、その周辺に表情筋が覆われています。表情を表現するために必要な筋肉が集中している部分のため、加齢によって弱ってくると口全体がたるんでいきます

 

そのため、両方の唇の半分ほどを口内に巻き込んで、唇をあまがみして、両方のほほを手のひらで上方向へ口角が上がるのを意識しながら優しく引っ張ります。この状態を維持しながら、軽く笑顔を作り、1日に10秒を1セットとして3セットほど行いましょう。

 

美容整形で治す

たらこ唇の原因は様々ですが、大きく関係していると言われているのが「遺伝」です。この場合、トレーニングをしても改善するのが難しいため、治し方としては美容整形が方法の1つです

 

意識する

たらこ唇であることで自分のことを卑下してしまうこともありますが、ネガティブに捉え過ぎず、「魅力的な唇なんだ」と意識をポジティブにすることで自信も湧いてきます。意識を変えなければ、せっかくトレーニングをしたり呼吸方法を改善したところで唇は思ったように改善していかないでしょう

 

メイクをする

たらこ唇だからといってリップメイクを避けていたこともあるでしょう。しかし目立たない色ではなく敢えて赤や濃いピンクのリップを使い、艶やかに仕上げることで魅力的な唇に変化します。芸能人やモデルさんのメイクを参考にして、取り入れてみるとメイクが楽しくなります。

 

メイクによって魅力的な唇になり自信を持てます。また魅力的な唇を保つためには保湿も心掛けましょう

スポンサーリンク

歯並びや鼻炎が原因のときの治し方

 

口腔外科・美容外科

出っ歯などの歯並びが原因の場合は口腔外科や美容外科にかかることで、確実に治すことができる方法です。美容整形を行うと、術後3日前後は腫れてしまいますが、唇は普通の皮膚よりも傷の修復力が高い粘膜であり、また内側を切るので傷跡もあまりわかりません。

 

歯科矯正をするとワイヤーなどが見えて気になる方もいるかと思います。今ではマウスピースによる治療も可能になっているので、相談してみると良いです。しかし、保険適用ではないため経済的な負担が大きく比較的長期の矯正治療となります

 

耳鼻科

鼻炎の方は口で呼吸することが多く、口が開いている状態が続いてしまうことでたらこ唇へつながります。鼻炎の場合、レーザー治療を受けて、鼻の粘膜をやくことで鼻詰まりが緩和され、自然と口呼吸がなくなることがあります

 

適度な運動

肥満によってたらこ唇となる可能性もあります。バランスの良い食事と適度な運動で適正体重に戻しましょう。少しずつでも痩せていくことで、肥満解消できることや、たらこ唇も改善できるため自信にもつながります。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ