Sponsored Link

アルロイドG内用液5%の飲み方ポイント【食前で効果を高めよう】

3

アルロイドG内用液という薬をご存知ですか?液体の薬ですが、錠剤と違って飲みかたにポイントがあります。

一体どんな効能がある薬なのか。注意するべき副作用や飲み方について解説していきます。

スポンサーリンク
 

アルロイドG内用液5%の特徴

 

アルロイドG内用液5%の概要についてご紹介します。

 

効果や効能

荒れてしまった胃の粘膜を保護します。また、胃潰瘍や逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などによる出血や、これらの疾患の自覚症状の改善の効果があります。

 

薬の種類

いわゆる胃薬のひとつがアルロイドG内用液です。胃薬にも様々な種類がありますが、その中で防御因子増強薬と呼ばれる薬になります。
胃酸から胃を守る部分である胃粘膜を保護することにより、胃の防御力を強くする働きがあります。主に含まれている成分はアルギン酸ナトリウムです。

 

ポイント1 胃薬の種類

アルロイドG内用液は防御因子増強薬と呼ばれ、胃粘膜保護薬の一つですが、他にも胃薬には大きく6種類に分けることができます。

 

症状に対して間違った薬を服用してしまうと、効果がなかったり悪化することもあるので注意が必要です。

1.健胃薬・・・食欲がないときに、胃の活動を活発化させる作用のある薬です。

2.消化薬・・・消化不良の時に、でんぷんや脂肪を分解して吸収しやすくする作用があります。

3.制酸薬・・・出過ぎた胃酸を緩和して、防御力を高める効能があります。

4.H2ブロッカー、プロトンポンプインヒビター・・・胃酸の分泌を抑えます。

5.胃粘膜保護薬・・・胃の粘膜を増やし、胃酸から胃腸粘膜を守る薬です。

6.鎮痙薬・・・過度な胃の緊張や収縮による痛みを抑えます。

アルロイドG内用液5%が作用する疾患

 

アルロイドG内用液はどのような疾患に効果があるのでしょうか?

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

ピロリ菌などによって、胃や十二指腸の粘膜が傷つき、粘膜などの組織が溶ける・なくなる病気です。胃潰瘍は40代以降で多い病気ですが、十二指腸潰瘍は20~30代という若年層に多い病気です。

どちらも腹部の上部に痛みが出現しますが、稀に痛みがない場合もあります。その他、胸やけや吐き気、嘔吐が見られ、潰瘍を放置しておくと、吐血や下血が見られます。

 

吐血や下血が見られた場合は、早急に治療が必要です。

 

逆流性食道炎

症状として胸やけや胃痛が上げられます。胃液などの消化液が逆流し、食道の炎症を起こします。

 

びらん性胃炎

胃の免疫が弱まっているときに、細菌やウイルス、刺激物の過摂取等が原因で、粘膜に傷ができている状態です。

びらん性胃炎が悪化すると、胃潰瘍になります。

 

アルロイドG内用液5%の飲み方ポイント

 

効果を実感するためにも、正しい服薬方法を知りましょう。

 

用法用量

アルロイドG内用液は粘稠性(ねんちゅうせい)のある、緑がかった色をした液体薬です。1回20~60mlを1日3~4回服用します。

 

タイミング

服用するタイミングは空腹時。粘膜を保護するには、胃の中に消化物が残っている状況では、十分に効果を発揮できません

 

空腹時のタイミングとしては、食間(食後2時間経過後)や就寝前に服用することが推奨されています。飲み忘れてしまった場合は、時間を気にせず早めに飲みましょう。

 

しかし、次のタイミングが近い場合は、次の服用時まで待ちます。2回分を一度に服用してはいけません

 

注意点

ドロッとしているので、水で割って飲みたくなりますが、薄めてしまうと、効果も下がってしまいます。また服用後しばらくは、水やお茶を飲むことも控えましょう。

スポンサーリンク

アルロイドG内用液5%の使用上の注意

 

薬は効果だけではありません。副作用についても知っておきましょう。

 

アルロイドG内用液の副作用

0.1~5%未満の割合で下痢や便秘が報告されています。
重症な副作用は今のところ報告されていませんが、もしかゆみや発疹などのアレルギーの症状が出現した場合は、すぐに使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。

 

服薬に注意が必要な場合

妊婦や授乳中では、服用できる薬は少ないですが、アルロイドG内用液は服薬できます

また他の薬との飲み合わせも基本的には問題ありません。アルロイドGは空腹時で、多くの薬は食後に飲みますので、飲む時間が異なる為です。

ただ空腹時に飲む薬をもらっている場合には、注意が必要ですので、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

これから忘年会の時期!
消化器症状があり、既に服用している人は飲み会の前に忘れずに飲みましょう。
効果のある飲み方を守って、忙しい年末を乗り切ってください!

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ