Sponsored Link

イエダニの2つの症状や特徴【この薬を試してみて!】

<監修医師 田中 恵文>
1

寝ている間など、気付かないうちに刺していくダニ。

今日ご紹介するのはイエダニという種類のダニです。イエダニはネズミや鳥の巣に寄生するダニで、刺されると激しい痒みがでることが特徴。想像しただけでムズムズしてきそうですね。

今回は、イエダニに刺された時の症状や対策など、様々な視点から解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

イエダニの特徴

 

ダニは世界になんと2万種類以上もいると言われています。そのうち、日本に生息するダニは1000種類ほど。意外と多いですね。

ダニというと、人を刺すというイメージが強いかもしれませんが、すべてのダニが人を刺すわけではありません。家の中でダニに刺されたという時には、今回ご紹介するイエダニか、ツメダニである可能性が高くなります。

対して、屋外で有名なのはマダニ。主に、森林や山の中、草むらなどに生息しています。

イエダニは0.6~1.0mmほどの楕円形をしていて、ギリギリ肉眼で見ることができる大きさです。色は淡褐色。吸血をすると赤褐色になります。

イエダニはネズミや鳥の巣に寄生するダニで、もとはネズミに付いて吸血を行っています。しかし、ネズミが巣を捨てたり死んだりすると、ネズミの巣から出てきて人を刺すようになるのです。

現在ではネズミが住み着く家も減り、イエダニの被害も少なくなりましたが、それでも学校やオフィス、倉庫などでは注意が必要です。

イエダニが多く発生するのは6~9月の夏場。メスは吸血をすると2~3日で産卵します。一度に産む卵の数は20個ほどで、それが2週間ほどで成虫に。寿命は2~3か月と言われています。

スポンサーリンク

イエダニに刺された!2つの症状

 

ダニ・ノミ・蚊 どれに刺された?

ふと痒みを覚えて見てみたら虫に刺された痕跡が。その時に「ダニに刺された」とすぐ判断するのは意外と難しいのではないでしょうか。家の中で虫に刺された時に考えられる、ダニ・ノミ・蚊の違いを以下にまとめます。

✅ ダニ:衣類を着ているところ。お腹や太ももの内側、腕の内側などの柔らかい部分を刺す。

✅ ノミ:飛ぶことが特徴。そのため刺す部分は飛び跳ねて届く範囲(膝下)であることが多い。

✅ 蚊:肌が露出しているところを主に刺す。蚊取り線香で刺されなくなるなら蚊の可能性が高い。

イエダニは男性よりも、女性や子供が刺されることが多いそう。

 

イエダニに刺された時の症状

✅ イエダニに刺されると、1~2日で激しい痒みに襲われ、それが1週間ほど続きます。その痒さは大人でも我慢ができないほど。痒みと一緒に痛みを感じる場合もあります。

✅ 痒みと共に現れるのが湿疹。赤い斑点状のもので最大で2cmほどのものが現れます。酷い時にはそれが水ぶくれになることも。

稀ではありますが、刺すという行為によって、人間の体内に感染症の病原体を入れることもあるので注意が必要。可能性としてはペスト(黒死病)、発疹熱、リケッチア性痘疱などが考えられます。

 

マダニにも注意!

屋外でダニに刺されたという時に、まず考えられるのがマダニの仕業です。

マダニは体長2~3mmほどですが、吸血すると1cmほどにまで膨れます。キャンプなどをしている最中にふと見たら、ダニが皮膚に食い込んでいた、なんてことも。

マダニに刺されると、以下のような症状が出ます。

✅ 発熱

✅ 下痢

✅ 嘔吐

✅ 腹痛

✅ 意識障害

✅ 痙攣

✅ 昏睡

✅ 呼吸不全

ダニに刺されただけで、このような症状が出るとは怖いですね。

他に「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」という感染症が心配されます。これは致死率が33%にもなり、最近話題の蚊によるデング熱よりも怖いと言われています。

マダニに刺された場合は、すぐに皮膚科を受診しましょう。中には、刺した後1週間ほど、皮膚に留まって吸血を続けることもあるそう。

無理に引きはがそうとすると牙が皮膚の中に残ってしまい、そこから感染症にかかってしまうこともあります。少し気持ち悪いかもしれませんが、そのまま病院へ行くようにしてください

また、マダニはペットに寄生することも。犬や猫、うさぎなどを飼っている人は少し注意してあげてください。

スポンサーリンク

イエダニの二次感染に注意

 

イエダニに刺されると痒みがとても強いため、無意識のうちに掻き毟ってしまいます。しかし、それにより皮膚に傷が付くと細菌が入り込み、感染症を起こすという二次被害も考えられます。

もちろん、掻かないに越したことはないのですが、それがなかなか難しいところ。痒みが強い時には、抗炎症作用のある塗り薬を使用しましょう。

抗炎症というとヒスタミンのイメージですが、ダニに刺された時には効果が見られないことがあります。軟膏を選ぶ時は、ステロイド配合のものを選ぶようにしましょう。

市販薬でおススメは、ムヒアルファEXや液体ムヒ、ウナコーワシリーズなど。他の虫刺されや、蕁麻疹などの皮膚炎にも効果が見られるので、家に一つは常備しておくと安心ですね。

スポンサーリンク

イエダニの駆除方法

 

ネズミ退治

イエダニはネズミや鳥の巣に寄生します。まずは、ネズミが家に住み着かないようにすることが大切。巣を見つけたら撤去、焼却するようにしてください。

鳥の巣に関しても同じ。家の周りやベランダに巣を作らせないように気を付けましょう。

 

ダニ退治

イエダニ自体は、市販の殺虫剤で対応できます。イエダニが好むのは、床の割れ目や天井、家具の裏などの、狭くて暗いところ。スプレータイプでも良いですが、噴霧タイプや燻煙タイプも効果的です。

また、ダニは布団やベッド、ソファなどにも多く住み着きます。最近では布団専用の掃除機もたくさん登場しています。

それを使ったり、布団乾燥機などでまんべんなくダニの駆除を行うことも重要。目安としては、最低でも週に2回は行いたいところ。

ダニシートというものもあります。これは粘着性のシートで、布団の上に置くことでダニを捕獲します。ダニの死骸や糞でもアレルギーを起こすことがあるので、掃除機をこまめにかけて吸い取るようにしましょう。

ちなみに、布団やシーツを洗濯してもダニは死滅しません。ダニは1日水に浸けていても生きているそう。

 

アロマ&ハーブで虫よけスプレー

天然のエッセンシャルオイル(精油)には、虫よけ効果のあるものが多くあります。アロマ好きの人は、家にあるエッセンシャルオイルを使って、オリジナルの虫よけスプレーを作ってみてはいかがでしょう。

材料は、無水エタノール、精製水、エッセンシャルオイルの3つだけ。無水エタノールと精製水を1:9の割合にして、そこにエッセンシャルオイルを1%の割合で混ぜます。

虫よけ効果のあるエッセンシャルオイルには、以下のようなものがあります。ダニ以外にも、蚊やゴキブリにも効果があるので、ぜひ試してみてください。

✅ ローズマリー

✅ ハッカ

✅ スペアミント

✅ ゼラニウム

✅ シナモン

✅ クローブ

 

特にダニに対しての効果が期待できるものには、以下のようなものがあります。

✅ レモンユーカリ

✅ シトロネラ

✅ ベチバー

 

ただし、3歳未満の子供や妊婦さん、敏感肌の人は、肌に直接スプレーすることは避けましょう

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ