Sponsored Link

セレスタミン配合錠の副作用を確認【効果と注意点もチェック】

<監修薬剤師 T.Nagao>
薬 

セレスタミンという薬は、アレルギーや蕁麻疹などの治療に使われる、抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモン剤を含む、ステロイド系と呼ばれる種類の薬です。

効果・作用が強いために、医師の処方によってしか使えません。

 

抗ヒスタミンはアレルギー反応を抑える効果があり、副腎皮質ホルモンは炎症を鎮める作用があるので、蕁麻疹や湿疹によるかゆみ、薬疹、花粉症などのアレルギー性鼻炎に使われます。

 

薬の形状はシロップや、錠剤とありますが、今回は錠剤であるセレスタミン配合錠を対象にして、効果や副作用、使い方の注意点などについてまとめました。

スポンサーリンク
 

セレスタミン配合錠の副作用

 

セレスタミンは強い効果を持ちますが、一方で副作用も現れることがあります。主な副作用を以下に列挙します。

 

過敏症

発疹や光線過敏症といった副作用が現れる場合があります。

 

精神的な影響

神経過敏、眠気、めまい、情緒不安、頭痛、神経炎といった様々な精神神経系の変調をきたす場合があります。

特に眠気は個人差や状況でかなり強く出ることがありますので、薬を飲んだあとは車の運転や高所作業は控えてください。

また、アルコールと重なっても眠気がより強まることがありますので、併用は控えるべきです。

【関連記事】
疲れやすいし眠い。。それは意外な病気の恐れあり!

 

吐き気 嘔吐 下痢 便秘

胃や腸など消化器関連に障害が出ます。重い場合胃潰瘍からの吐血・下血が出ることもあります。

【関連記事】
吐き気が止まらないのは病気?【この対処法で楽になる!】

 

続発性副腎皮質機能低下・急性副腎不全による諸症状

発熱、頭痛、全身のだるさ、腹痛、関節痛、小児が不機嫌になるなどが起こります。

 

泌尿器の異常

頻尿やステロイド腎症、排尿困難などの症状が起きる場合があります。

 

循環器の異常

低血圧や頻脈など。

 

呼吸器の異常

鼻、または気道が乾燥することがあります。

また喘鳴が起きたり気管分泌液の粘性化が引き起こされる場合があります。

 

<使用禁忌>

セレスタミンの使用による重大な障害が起こる恐れがあるので、次に該当する人は使用が禁じられています。

✅ この薬の成分について、過敏症になったことがある人。

✅ 前立腺肥大症をはじめ下部尿路に閉塞性の病変がある人。

✅ 緑内障、血栓症、精神病、疱疹性角膜炎、白内障、高血圧、心筋梗塞、結核、消化性潰瘍などの人。

スポンサーリンク

セレスタミン配合錠の効果

 

蕁麻疹や湿疹・皮膚炎群、アレルギー性鼻炎の炎症を抑える作用がある薬です。

主に皮膚科ですが、泌尿器科、眼科、整形外科などで処方されています。

 

効果の持続時間

セレスタミン配合錠は抗ヒスタミン成分とステロイド成分の両方を含む大変強い薬です。

服用後30分から1時間程度で効き始めるのはヒスタミン成分によるもので、その後、1日以内にステロイド成分が効き始め、薄まりながら3日ほど体内に残存します。

 

蕁麻疹への効果

強い症状が起こったときなどに、即効性があり抗アレルギーと抗ヒスタミンの両方の効果を持つセレスタミンが使われます。但し慢性の蕁麻疹には向きません。

 

慢性の場合症状の抑制期間が長期にわたり必要になるので、長期連用で副作用が出やすいステロイド系の薬の使用は不適切なためです。

 

花粉症への効果

花粉症には、強い症状が起こった時にセレスタミン配合錠が処方されます。花粉症薬としては最も強力とされ、即効性も兼ね備えています。

 

ただ、ステロイド剤で長期連用には向かないので予防薬的な使い方は不適切です。

【関連記事】
花粉症でのどの痛みや咳が辛い。この薬をチェックしてみて!

 

咳止めへの効果

風邪などで気道の炎症や過敏によって咳が出る場合にセレスタミン配合錠が処方されます。ヒスタミンが痰を出にくくするので、必要なら去痰剤や抗生剤を追加します。

スポンサーリンク

セレスタミンを使用する上での注意点

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

 

アルコール併用

アルコールと同時に服用すると、ステロイドの作用が強められて副作用が増大する恐れがあります。併用はやめてください。

 

アレグラとの併用

アレグラは比較的副作用の少ないアレルギー薬の抗ヒスタミン剤です。セレスタミンとは抗ヒスタミンの成分が重複します。

急性症状で即効性を期待する意味では、一時期だけの併用はありえますが、継続使用は避けるべきです。

【関連記事】
アレグラ60の副作用はコレ!危険な飲み合わせに要注意!

スポンサーリンク

その他の使用法

118495

飲み方:一回何錠?いつ飲む?

セレスタミン配合錠は処方薬なので、医師の指示通りが大原則です。症状により量は加減されますが、最大量は一日あたり8錠です。食後と就寝前の4回に分けて各2錠ずつ服用します。

 

運転・運動

眠気は多くの場合出てくるので、運転は避けてください。運動は特に問題ありませんが、眠気で注意力が落ちますので事故が起こる運動は避けたほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんの使用

乳児にも使用量を考慮したうえでシロップ剤が投与されます。指示通り使っていれば問題はありません。

 

セレスタミン配合錠は、大変強い効力を持つ薬で、頼りになります。

しかし副作用もいろいろありますので、病院で指示された通りに上手に使いましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ