Sponsored Link

メガシャキの3つの効果がスゴい【この副作用に注意して!】

<監修薬剤師  cinnamon>
3

メガシャキとはその名前のとおり、目がシャキっとするエナジードリンクです。販売はハウス食品からされており、多くの芸能人が出てCMなどもしているので知っている人も多いのではないかと思います。

 

目が覚醒することで疲れがたまって眠くなっている方にオススメのドリンクとされています。成分としては「生姜」「唐辛子」「カフェイン」などが入っています。

今日はそんなメガシャキの効果と持続時間、考えられる副作用を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

メガシャキの効果

 

メガシャキは眠気覚ましに効果があることは伝えさせていただきました。一度は目にしたことがある人にとって、本当に効果があるのか、買おうか迷った方もいると思います。

 

眠気覚まし、覚醒作用、興奮するためにカフェイン、香辛料抽出物、アルギニン、ビタミンB1、B6が成分として使用されています。ではその成分がどのようにして覚醒するために効果があるのか見ていきたいと思います。

 

カフェインによる効果

カフェインといえば、コーヒーに入っているイメージがありますよね。そのコーヒーもよく眠気覚ましのために飲むことで多く知られています。メガシャキに入っているカフェインもそれと同じ効果なのです。

 

カフェインをとることで、脳の信号にカフェインの効果が行き渡り、起きてくださいと信号を送り、眠気を覚ますのです。

 

香辛料抽出物による効果

香辛料とは体をポカポカさせる役目があります。よく皆さんが体を温めるときに食べるものです。主に「とうがらし」「しょうが」「山椒」などです。とうがらしには、疲労回復、血行促進効果があります。

しょうがには、新陳代謝の向上アンチエイジング効果があります。山椒には、滋養強壮効果、鎮痛作用があります。

 

このように香辛料には血流改善や新陳代謝の向上により体がポカポカとなり、目がシャキっと覚めてしまう効果があるのです。効果としては眠気をとるだけでなく、疲労回復やダイエットなどの脂肪燃焼にも効果が出そうな成分です。

 

アルギニンによる効果

アルギニンはパワーを出すドリンクにはだいたい入っている成分です。その効果としては免疫力を高めたり、血行促進効果があります。

また、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進させて、運動したい、自分を追い込みたいというような状態になります。まさにパワーを出そうという気持ちです。

そのため、目が覚醒されてがんばるぞーという気持ちにさせてくれます。

スポンサーリンク

メガシャキの持続時間

 

メガシャキの効果は先ほど説明しましたが、では効果はどのくらい持続するか気になりますよね。基本的には栄養ドリンクなので効果は個人差があると思います。

 

あくまでメガシャキは眠気覚まし、覚醒作用ということで開発されたドリンクなので医薬品ではないため、効果は全ての人にあるわけではないということを覚えておいてください。

 

効き目が現れるには

では、眠たいとき、目を覚ましたいときに、実際に飲んでから効き目が現れるにはどれくらいかかるかというと、だいたい10分くらいと言われています。

10分経過したころに、脳と体にカフェインや香辛料が行き渡り、目をシャキっとさせてパワー全開になります。

 

持続時間はどれくらい

目をシャキっとさせてパワー全開になってから実際にどれくらい持続するかには個人差が出ます。何故かというと成分のカフェインを常用しているかどうかで変わります

カフェインを常用していない場合は、3~4時間は効き目があるとされています。カフェインを常用している人は、体が慣れてしまっているため、効果は本当に個人差があります。

あまり出ない方も居れば、平均的に効果がある人もいるのが現実です。

スポンサーリンク

メガシャキの副作用

 

目を覚醒させるために、元気を出すために最高なエナジードリンクのメガシャキですが、そのパワーゆえに副作用もあるとされています。

報告されている症状としては、頭痛、腹痛、嘔吐、めまい、不眠、動悸、手の震えです。それ以外にはも下記のような症状も注意が必要です。

 

カフェインの中毒症状

カフェインってコーヒーに入っているのは先ほど伝えさせていただきましたが、そんなカフェインは慢性的な摂取による中毒的な要素が実はあります。

まさにコーヒーがそうですよね。コーヒーを飲まなければいけないカフェインを欲しがる体になってしまいます。カフェインは1日最大で250mgと言われています。

メガシャキには1本に200mg入っているので、2本飲むのはあまりオススメしません。カフェインとりすぎによる中毒に注意してください。

 

カプサイシンの影響

香辛料の中のとうがらしにはカプサイシンという成分が含まれています。そのカプサイシンは大量にとりすぎると、脳や消化器系に影響が出る恐れがあります。

大量摂取することで、胃腸へのダメージが大きくなり、腹痛嘔吐などもあるので注意してください。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ