Sponsored Link

メチコバール錠500μg【副作用と効果を知っておこう】

<監修薬剤師 T.Nagao>
薬 

みなさんは「メチコバール錠」という薬をご存知ですか?

末梢性の神経障害を治す薬として昔からある薬です。もしかしたら、知っているかたも多いかもしれません。

 

そんな、知名度の高いメチコバール錠の副作用と効果をご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

メチコバール錠500μgの副作用

 

この薬の主成分はビタミンB12。いわゆるビタミン剤の一つです。

しかし、副作用はどんな薬でもあるもの。このような報告がありました。

 

メチコバール錠の副作用

メチコバールには基本的に副作用がないと言われています。

 

しかし、中には下記の副作用が起こる可能性があります。

 

・発疹

・食欲不振

・嘔吐・吐き気

・下痢

 

この中では胃腸の不調が起こりやすいです。

そのため、下痢だけでなく便秘も起こる可能性があります。

 

これらの症状が現れた場合は、使用を中止し、担当医や薬剤師に相談しましょう。

 

また、これらの症状以外にも副作用が起こる可能性もあります。

上記以外でも気になることがあれば、すぐに相談してください。

「お薬を飲むと眠気を感じるからあまり飲みたくない」と思う方もいらっしゃいますが、メチコバール錠はビタミン剤のため、眠気を誘発する成分は含まれていません。

 

使用上の注意

他にも気を付けることがあります。

以前、薬を服用してかゆみなどのアレルギー症状があるかた。妊娠中や授乳中のかたは医師や薬剤師に相談しましょう。

スポンサーリンク

メチコバール錠500μgの効果・効果発現時間

 

では、メチコバールはどのような効能があるのでしょうか?

 

神経の修復を促す

メチコバール錠は末梢(まっしょう)のしびれや痛みの効果があります。つまり、末梢神経痛障害に効果を発揮します。

 

末梢神経痛障害は様々な症状が含まれます。例えば、腰椎ヘルニアや胸郭出口症候群などです。

 

難聴にも効果あり

耳鳴りや難聴にもメチコバールが効きます。難聴も末梢神経が傷ついている可能性が高いと言われています。

そのため、末梢神経の修復作用があるメチコバールが処方されます。

【関連記事】
【重要】突発性難聴の初期症状チェック!完治までの期間!

 

頭痛薬として

メチコバールはビタミン剤ですので、鎮痛剤ではありません。

しかし、頭痛の要因は様々。

すぐに鎮痛剤を投与し、緩和されてしまえば原因がわからない可能性があります。

 

また、毎日のように頭痛薬を服用していると、その痛みに対しての抵抗力も弱まり、効き目があまりありません。

そのような場合にメチコバールが処方されます。

 

もし、メチコバールで治ればその頭痛はストレス性や心因性が強いという判断ができるわけです。

【関連記事】
ストレスが原因の病気一覧!心臓や脳にも悪影響を及ぼします!

 

男性不妊治療薬として

男性不妊の治療薬としてもメチコバールが処方されています。

メチコバールには神経修復作用の他に、造精機能の促進作用もあります。

 

精子の数が少ない場合や、運動率が低下していることがわかったら、初期段階で処方されています。

 

また、ビタミンB12が不足すると生理不順になります。生理不順の改善にもメチコバールは有効です。

 

緑内障

メチコバールは眼科でも処方されています。それは、緑内障の治療薬としてです。

緑内障は大きく2つの症状に分かれます。

 

一つ目は解放隅角緑内障といいます。

緑内障の6~7割がこのタイプを占めます。

眼の中に含まれる房水が出にくくなり、眼圧が慢性的に上がることで起こります。進行はゆっくりで、徐々に視野が狭くなります。

 

二つ目は閉塞隅角緑内障です。

これは、若いころ遠くまでよく見えていた人に多い病気です。房水の流れが妨げられ、一挙にふさがれてしまうと、急激に眼圧があがります。

このタイプでは、頭痛や吐き気の他、瞳孔が開いている様子が見られます。

 

このように、緑内障の治療では眼圧を下げ、視神経などの障害を緩やかにすることが基本です。

メチコバールは視神経の細胞の保護や修復と目的に効果があります。

スポンサーリンク

メチコバール錠500μgの注意すべき飲み合わせについて

 

メチコバールを服用する場合、他の薬との飲み合わせについても知っておきましょう。

 

栄養ドリンクや栄養剤

栄養剤や栄養ドリンクを飲んでいる人は注意が必要です。栄養ドリンクなどにはビタミンB12が入っています。

メチコバールは他のビタミン剤より多くビタミンB12が含まれています。そのため、栄養ドリンクなどと一緒に摂取すると、過剰摂取になる危険性があります。

したがって、注意する必要があります。

【関連記事】
リポビタンDの効果を解説!寝る前や副作用に【注意】して!

スポンサーリンク

メチコバール錠500μgの代替となる市販薬

 

メチコバールが欲しくても、医師からの処方が必要になります。現在では、メチコバールと同様の市販薬が沢山販売されています。

 

・ナボリンS・ナボリンEB錠(エーザイ)

・ユンケルB12(佐藤製薬)

・アリナミンEXゴールド・アクテージSN錠(タケダ)

 

ビタミンB12成分の他に、葉酸が配合されている医薬品もあります。

貧血気味のかたは、葉酸が配合されているものが良いでしょう。

【関連記事】
貧血で倒れる症状や対処法【甘く見てませんか?】

 

また、市販薬ではありませんが、病院やクリニックによってはメチコバールの注射もあるそうです。

どの医薬品も同じような効果がでますが、薬剤師に相談し自身の症状に合ったものを服用しましょう。

 

ポイント1 メチコバールにはジェネリックがない?

最近の薬では、先発医薬品のあとに後発医薬品(ジェネリック)が開発されています。

メチコバールは昔から使われている薬ですので、大半の薬であればジェネリックが存在しているはずです。

 

しかし、面白いことにメチコバールは、この薬自体がジェネリックなのです。

なぜメチコバールがジェネリックでないかは、発売当時の時代背景が影響されたと言われています。

 

メチコバールの効果が実感できるのは、一定の期間が必要です。

副作用が少ないと言われている薬ですが、飲み続けても効果が見られない場合は、医師と相談し、自分に合った薬や治療法を選択することが大切です。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ