Sponsored Link

リポビタンDの効果を解説!寝る前や副作用に【注意】して!

<監修薬剤師 フラン>

1

画像引用元http://www.taisho.co.jp/lipovitan/lipod/

残業続きで疲れたときや、朝起きても疲れがとれないというとき、どうしても栄養ドリンクに頼りたくなってしまいますよね。

普段から飲んでいるという人も、飲んだことはないという人も、安心して飲めるようにリポビタンDの成分効果を細かくご紹介します!

またリポビタンDの寝る前の摂取や、副作用の注意点についても、解説します。

スポンサーリンク
 

リポビタンDにはどんな効果があるのか

1

リポビタンDの効能・効果は、

肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給。

滋養強壮。

虚弱体質。

 

具体的にはどういった効果があるのでしょうか。リポビタンDに含まれる成分をみてみましょう。

 

体を健康にするタウリン

リポビタンD一本の中には、主成分であるタウリンが1000mg含まれています。

このタウリンとは、体にどういった効果をもたらすか皆さんはご存知ですか?

 

本来タウリンは、魚介類や貝類に多く含まれる成分です。体内には、筋肉、脳、心臓や肝臓などの臓器にも高い濃度で含まれています。

 

タウリンには「ホメオスタシス」という「からだや細胞を正常状態で保つ作用」があります。

これは、高血圧、高コレステロール、高血糖値や、肝臓が疲れているという人におすすめの成分です。

 

タウリンを摂取すれば、血圧が高くならないようにコントロールしてくれて、疲れている肝臓の働きを高めてくれるということですね。

 

別名「抗脂肪肝ビタミン」イノシトール

イノシトールとは果実や穀物に多く含まれる成分で、ビタミンに似た作用を持つ物質です。

脂肪肝や動脈硬化の予防から神経細胞の働きを助ける作用まで幅広い働きをしてくれます。

また髪を健康に保つ効果があるので女性にも嬉しい成分ですね。

 

さらに血液の流れをよくしてくれます。

その他にも、神経細胞を正常に働かせることにも効果的です。例えば、集中力や記憶力の低下を防ぎ、精神的安定をもたらしてくれます。

 

 

2

脳を覚醒させるカフェイン

ご存知のとおりカフェインは、覚醒作用・利尿作用などが挙げられます。

具体的には、眠気や疲労感を除去し、頭の重い感じをスッキリさせてくれます。

 

このカフェイン、リポビタンDには50mg含まれています。コーヒー一杯分のカフェインはおよそ60~100mgと言われていますので、眠気覚ましに画期的な効果があるとは言い難いですね。

 

しかし、カフェインには覚醒作用だけでなく、骨格筋を刺激し筋肉の力を高めるので、筋肉疲労にも効果があるとされています。

運動による肉体疲労を感じている方には、摂取するべき栄養分ですね。

スポンサーリンク

リポビタンDを飲むタイミング!寝る前はNG!?

 

皆さんはリポビタンDのCMがどんな内容だったか覚えていますか?

丸太を担いだり、友人を片手で支えたり・・・その後、リポビタンDを気持ちよく飲むシーンが映されますよね。

 

かの有名なリポビタンDのCMにもあるように、肉体疲労後の栄養補給として飲むことが最適です。

疲れがとれていない・・・と感じた、だるい朝に飲むのもいいでしょう。

2

一番飲んではいけない時間帯が寝る前です。体内を働かせ、促進する成分が入っているリポビタンDを飲むと、体は寝る準備に入らなく活発化してしまいます!

またカフェインも入っていますので、コーヒーを寝る前に飲むことがいけないように、リポビタンDも飲まないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

リポビタンDの副作用

 

体を健康な状態にしてくれる、タウリン。医薬部外品に含まれるタウリンは3000mgまでと定められています。

その理由は、タウリンの過剰摂取は肝機能障害のリスクを高める危険性があると言われているからです。

 

また用量に関してですが、15歳以上から1日1本までとされています。

これは、子供は大人よりもカフェインの影響を強く受けやすいことや、タウリンやカフェインの過剰摂取を防ぐためです。

【関連記事】
アリナミンexの副作用に注意して!いつ飲むのが正解?

絶対寝ない11つの方法!勉強中や仕事中に試してみて!

 

栄養分の過剰摂取によって思わぬ悪影響をもたらす可能性もありますので、用量を守って正しく飲むようにしましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ