Sponsored Link

神経痛の原因はコレ【3つの薬や治療方法を徹底解説!】

<監修医師 春田 萌>
だるい

神経痛って経験がありますか?原因はどうあれ「痛い」んです。寒くなる時期に増える傾向があります。今回は、神経痛の薬や治療法、また考えられる原因について解説していきます

スポンサーリンク
 

神経痛の原因

 

神経痛って何?

神経痛とは末梢神経の経路に沿って発作性、反復性の痛みが見られる場合に神経痛と呼びます。痛みは針で刺すような痛みだけでなく、ふるえ、しびれ、筋萎縮という症状が出ることもあります。

 

神経痛の種類や発症する部位によって異なりますが、何らかの原因で末梢神経が傷つけられたり神経を圧迫したりすることで痛みが現れます

 

ストレス

ストレスからくる神経痛として肋間神経痛、があります。背中や身体の側面部分に突然激痛がはしります。

 

椎間板ヘルニア、事故による圧迫、骨折、神経疾患などの外傷・病気によるもの、ヘルペスウイルスによるもの、ビタミン不足も関係していると考えられています

 

栄養不足・感染症

栄養不足・感染症からくる神経痛として多発神経炎に伴う神経痛があります。四肢の末梢部に生じ、知覚障害を伴います。糖尿病、薬物、中毒、悪性腫瘍、膠原病、遺伝子疾患など原因は多く考えられますが、原因不明の場合もあります。

 

外傷・代謝異常

外傷・代謝異常からくる神経痛として三叉神経痛があります。顔面に起こる発作性の激痛で血管が動脈硬化によって膨張し、脳幹部から出てきた三叉神経を圧迫することで発症します。乾癬や中毒、膠原病、帯状発疹の後遺症なども原因として考えられます

 

他にも、椎間板ヘルニア、変形性腰椎症などからくる坐骨神経痛は、腰部・骨盤部から足の末端までの人体の中で最も長い末梢神経に生じる痛みが伴います。

 

脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳血管疾患が潜んでいるかもしれない舌咽神経痛は、物をかんだり飲み込んだりした時に咽頭部や耳に生じる痛みで血管が膨張して神経を圧迫しているのではないかといわれています。

 

神経系に病変がないにもかかわらず痛みを感じ痛む部分が移動するケースがある心因性疼痛は、ヒステリー、鬱病、分裂病などが原因と考えられています。

スポンサーリンク

神経痛によく効く薬

 

グルコンEX錠+

「神経痛にはこれ!」といわれるほど人気がある薬です。人気の秘密は、痛みの原因と痛みに内側から効く、健康補助食品でなく医薬品だから、1回2錠で飲みやすい、サポートセンターがあるので安心とのことのようです

 

✅ ずれた骨格の関節軟膏に弾力と保水力を与えるコンドロイチン硫酸エステルナトリウム

✅ 神経組織の新陳代謝を促し傷んだ神経を修復して痛みを緩和するビタミンB1硝酸塩とビタミンB6塩酸塩

✅ 血液循環を改善して肩こりや手足のしびれなどの症状を緩和するビタミンEコハク酸エステルカルシウム

 

上記の有効成分が含まれており神経痛の原因とともに痛みを感じる神経に直接作用してくれます。

 

アクテージAN錠

「痛みにとことん向き合う」の言葉通り痛みにフォーカスを当てた薬です。

 

人気の秘密は、飲み始めて2日程で効果がでた、フィルムコーティングで飲みやすい、ひどい頭痛と肩こりが解消した、病院通いから解放されたなどの声があります。痛みの解消は効果を実感しやすいですね。

 

コンドロイチンと3つのビタミンの4成分が含まれていて、そのなかのビタミンB1誘導体「フルスルチアミン」が神経・筋肉の細胞内でエネルギーを作り出したり神経機能の維持に重要な役割を果たしたりする成分です。

 

このフルスルチアミンがビタミンB1に変換され関節痛・神経痛・腰痛に効果を発揮します。

 

コンドロビーEX

神経痛の緩和に効果のあるコンドロイチンに加え神経修復成分メコバラミンが配合されています。単なる栄養補助食品ではなく神経痛・関節痛の解消を目的に開発された第三類医薬品なので効果は高いです

 

人気の秘密は、手足にしびれがきえた、肩こりからくる目の疲れたきえた、家事をするのが苦ではなくなった、膝痛を克服して登山ができるようになったなどがあります。

 

膝・腰・肩への効果を実感される方が多いようです。コンドロイチンに加え、痛みを和らげ傷ついた末梢神経に直接働きかけるメコバラミンが配合されているので効果的です。

スポンサーリンク

神経痛の治療方法

 

薬物療法

最も一般的に実施される治療は薬物療法です。まずは、症状をやわらげることを目標とします。

 

使用される主な薬剤は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)、アセトアミノフェン、神経障害性疼痛治療薬、オピオイド、鎮痛補助薬、ステロイド、麻酔薬などがあります。様々な薬剤を症状と病態にあわせて使い分けます。

 

神経ブロック

神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して痛みをなくす方法です。痛みが緩和され、血流もよくなり筋肉のこわばりもやわらぎます。1回で完治するものではなく、薬物療法と併用しながら複数回実施します

 

外科療法

手術による治療法です。薬物療法、神経ブロックで治療を続けて行く中で、どうしても手術しかないという場合におこなわれます。高齢者の場合は身体への負担が大きいので手術をできるだけ避けるという考えの医師が多いです。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ