Sponsored Link

舌に血豆が突然できる5つの原因!【悪性の癌の可能性あり】

<監修医師  みのり>
2

舌に血豆が出来たことはありませんか?突然でてくる、この血豆。実は、思わぬ病気の可能性があるかもしれません。

今回は、舌に血豆が出来る原因から対処法まで解説していきます。

スポンサーリンク
 

舌に血豆が突然できる5つの原因!【悪性の癌の可能性あり】

なぜ、舌に血豆ができるのでしょうか?その原因は5つありました。

 

外傷

外傷とは、舌を咬んでしまったり、打撲などの怪我の事を言います。突発性に起こる血豆のほとんどの原因がこのことによります。

 

なぜ咬んでしまうのでしょう?その原因は

.過度なストレスや疲労の蓄積

.咬み合せが合っていない

.頬のたるみ

.胃腸機能の低下

が考えられます。咬むのは舌だけでなく、唇の裏や頬などの部分も咬みやすい場所ですので注意しましょう。

 

口内炎

口内炎が原因で血豆が起こることがあります。炎症している場所に、細菌やウイルス感染が起こると、症状が悪化し血豆ができるからです。

 

口内炎は、ビタミンBなどの栄養不足でも起こりますが、歯磨きが不十分、歯周病があるなど口腔内の環境が悪化していても起こります。

 

洗口液などを使い、歯磨きをきちんとすることが重要です。

 

外圧

外圧とは、歯や矯正器具などが当たる刺激のことを言います。特に歯並びが悪く(歯列不正と言います。)一部の歯が当たりやすい人箇所がある場合、外圧による原因が大きいかもしれません。

 

この外圧によって毛細血管が断裂。血液が溜まり血豆が起こることがあります。

 

もしかしたら、血豆ではなく、血腫の可能性があります。血豆のほとんどは良性ですが、稀に悪性腫瘍があります。

 

悪性腫瘍はがん細胞の根源。早期に切除する必要があります。

 

血液疾患

他にも、血液疾患によって血豆が起こる病気があります。特発性血小板減少性紫斑病(とっぱつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)や再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)という疾患です。

 

この病気が原因でおこる血豆の特徴は2つ。血豆が頻繁にできたり、一度に数カ所発生します。

 

突発性血小板減少性紫斑病では血小板が減少し、再生不良性貧血では、血中の成分(白血球、赤血球など)が全て減少します。

 

そのためこの病気の場合、血小板など血液凝固因子(けつえきぎょうこいんし)となる成分が健常人に比べ少なく、とても出血しやすい血液の病気です。

 

ちなみに血液凝固因子とは出血を止めるために、生体が血液を固める一連の作用や成分です。

 

✅ ポイント1 何科に受診すればいい?

→ 血豆が起こる原因が沢山あり、いざ病院へ行ったとき、何科に受診したらよいか迷ってしまいますね。そんな時、下記の順序が良いかもしれませんよ。

 

✅ ステップ1 まずは歯科へ

→ 歯の影響が多い血豆。まずは、歯に原因がないか歯科へ行きましょう。

 

✅ ステップ2 口腔外科が一番適している

→ 口腔外科の場合、早期に適切な検査をしてもらえる可能性があります。検査の内容次第で内科や血液内科へ転科する場合があります。

 

✅ ステップ3 皮膚科・耳鼻咽喉科でもOK

→ 意外かもしれませんが、皮膚科や耳鼻咽喉科でも受診ができます。

スポンサーリンク

舌に血豆が突然できる症状

 

血豆が突然できたとき、どのような症状なのでしょうか?また、血豆に似ている症状も紹介します。

 

血豆の場合

舌や口の頬側など咬みやすいところで、粘膜の表面によくできます。大きさは大豆より小さめで、ぶよぶよしていて柔らかいです。

 

血管腫の場合

粘膜の下に赤みや青みがかったふくらみができる症状です。色は暗紫色で、弾力があります。また、押すと色が薄くなるのも特徴です。

 

進行性ではないので膨らんだりと形が変わることはありません。

 

色素沈着の場合

粘膜や歯茎に見られやすいです。メラニン色素が溜まり、黒くシミのような状態です。血豆や血管腫と違い膨らみはありません。しかし、中にはほくろのようなものもあり、これは色素性母斑(しきそせいぼはん)と言います。

スポンサーリンク

舌に血豆が突然できた場合の対処法

 

自然治癒

ほとんどの血豆の場合、自然治癒で治ってしまいます。1週間程度はそのまま様子を見ましょう。

 

潰す

血豆が気になってしまい潰してしまった経験がある人もいるはず。潰した後は、細菌の感染をしないように消毒をし、口腔内を清潔に保つ必要があります。

 

また、歯茎にできた血豆の場合、他の場所に比べて出血量が多いので、危険です。なるべく、潰さずに医師と相談するのが良いでしょう。

 

レーザー治療

レーザー治療によって、血豆を治す方法があります。この場合、痛みはなく短時間で終わるのが特徴です。歯科や口腔外科で受けられます。

 

血豆が出来たら、まずは経過観察を。それでも治らない場合には、早めに病院へ行きましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ