Sponsored Link

アジルバ錠20mgの効果を徹底解説!副作用にも注意!

<監修薬剤師 BlueP>
薬 

高血圧の方でアジルバ錠の効果や副作用について気になる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その中でもよく使われるアジルバ錠20mgについてご紹介します。

スポンサーリンク
 

アジルバ錠の効果!上手に付き合おう!

 

アジルバ錠とは

2012年に武田薬品工業がブロプレス錠の後継薬として発売した降圧薬です。一般名はアジルサルタンと言います。

 

血圧を上げる作用をするアンジオテンシンⅡの働きをブロックする種類の薬でアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)の降圧剤になります。

 

アジルバ錠の特徴・効果

AT1受容体(血管収縮や動脈硬化作用がある)の結合が強く、降圧効果が高く、持続する(1回の服用で24時間効く)ことや血圧の日内変動(早朝、夜間の高血圧)を是正する効果があります。また、AT1受容体は抗動脈硬化薬としても注目されている物質です。

 

スポンサーリンク

アジルバ錠が効果をもたらす5つの疾患

 

高血圧症

前述の通り、アンジオテンシンⅡは血管を収縮させて血圧を上昇させますが、その働きをブロックするため、血圧が上昇しません。このアンジオテンシンⅡ受容体は2種類あり、そのうちのAT1は身体に悪い反応を起こす受容体です。ARBはそのAT1受容体のみを阻害するため、副作用が軽減されます。

 

降圧効果が高い理由として吸収率があげられます。元来、薬は腸から吸収され、肝臓を経由して心臓へ、その後、血液に乗って全身に広がります。

 

通常、腸での薬の吸収率は30~40%程度と言われていますが、アジルバ錠の成分であるアジルサルタンは70%程度吸収されます。

 

また、吸収された薬は他の成分(カンデサルタン)と比べて心臓や動脈への移行が効率よく行われるため、他の薬剤より降圧効果が高いと言えます。

 

心不全

心不全は高血圧から起こることが多いので高血圧を予防することにより、心不全が起こりにくくなります

 

アンジオテンシンⅡは心筋の線維化を促進する働きがありますが、それをブロックすることにより心臓を保護してくれます

 

腎不全・腎硬化症

腎臓の血管が硬化することにより起こる腎不全もARBの働きにより予防されます。ARBは尿中アルブミンを減少させる働きもあります。

スポンサーリンク

アジルバ錠の副作用

 

アジルバ錠は降圧剤の中でも副作用が少ない薬(10.4%の発生率)と言われています。しかし、副作用が全くないというわけではありません。

 

かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出た時にはすぐに服用を中止し、病院を受診しましょう。血圧が下がることによって起こるめまいや頭痛、動悸や下痢などが起きる場合もあります。

 

また、アジルバはホルモンのひとつであるアルドステロン(体内のナトリウムを増やし、カリウムを減らす)の働きを弱めるため、体内のカリウム値を上げてしまう場合があります。

 

まれですが、重篤な副作用を起こすこともあります。アナフィラキシーショック、血管浮腫、劇症・急性肝炎、腎不全、ショック、高カリウム血症、不整脈、低血糖、低ナトリウム血症など、体調に異常を感じた時にはすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

アジルバ錠の服用は慎重に!

 

次の服用までに8時間以上あけるようにします。絶対に1度に2回分を服用してはいけません

 

併用禁止の薬(レザルタス配合錠)や併用すると弊害が起きる薬(カリウム保持性利尿薬等)がありますので、他の薬を服用している場合は医師に必ず相談するようにしてください。

 

服用禁止

アジルバ錠を服用した際にアレルギーが出たことがある、妊婦、妊娠の可能性がある、重い肝機能障害がある、直接的レニン阻害薬を投与されている糖尿病の人などは服用してはいけません。

 

医師と相談

高カリウム血症、重い腎機能障害、肝機能障害、脳血管障害、利尿降圧薬の服用、血液透析、高齢者、服用中に妊娠がわかった人などの場合は医師と相談するようにしてください。

 

その他、服用により、急激に血圧が下がる場合があります。異常を感じたらすぐに医師の診察を受けてください。危険な作業や車の運転などをする場合はめまい等を起こすことがあるため注意が必要です。

 

アジルバ錠は降圧作用が強く臓器の保護作用もある薬ですが、使用上の注意が必要です。また、よく効く薬だけに薬価が高いのも特徴と言えます。医師の注意をしっかり聞いて安全に服用するようにしてください。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ