Sponsored Link

キンダベート軟膏は陰部のかゆみにも使える?

<監修薬剤師 フラン>
1

キンダーベート軟膏はステロイドの塗り薬で、アトピー性皮膚炎の症状だけでなく、色々な痒み、湿疹、皮膚炎の症状に効果的なお薬です。

頭部や顔面、陰部など身体の色々な部分に痒みが起こる事はよくある事だと思います。

 

では、皮膚の薄いようなデリケートな部分、陰部などにもステロイドの入ったキンダーベート軟膏使用していいのでしょうか?

ステロイドの効果や効能も交えて、お話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

キンダベート軟膏の効能

3

キンダーベート軟膏の、一般的な効能は、発赤、はれ、かゆみなどの症状の改善です。

アトピー性皮膚炎や顔、頸部、わきの下、陰部の皮膚炎の治療に効果的です。

 

この塗り薬はまずステロイド含有のお薬であり、医師の診察を受けなければが貰う事の出来ないお薬になります。

 

ステロイドを知ろう!

ステロイドとは副腎と呼ばれる人間の体内にある臓器で作られる「ステロイドホルモン」の事を指します。

このステロイドホルモンが多くの炎症反応を抑えて、身体の中の免疫バランスを保つ働きをしてくれているのです。

ステロイドが含まれているお薬は人工的にステロイドを作り出し、それを混ぜているという事になります。

 

「ステロイドは人間の体内で作られているのに、なぜ副作用があるの?」などと思った方はいませんか?

 

ステロイドにはお話ししたように「炎症反応を抑える働き」があります。

ステロイドの量が多いということは、炎症を抑えるだけでなく、正常な働きまで抑えてしまう事があるのです。

その正常な働きも抑えてしまう事が副作用に繋がってしまうのです。

 

キンダーベート軟膏はステロイド強さの段階があり、1~5群(1が最も強い・~5が最も弱い)の中の4群に属します。

ステロイドの薬の中ではさほど強い薬ではないのですが、ステロイドのお薬に変わりはないので、使用上の注意をよく守って使用する事が重要です。

 

弱い薬なので基本的にどの部位にも使う事が出来、痒みを抑制してくれます。

スポンサーリンク

キンダベート軟膏は陰部のかゆみにも使える?

1

前述でもお話ししましたが、キンダーベート軟膏はステロイドの薬でも比較的弱い薬である為、陰部の痒みにも使用する事が可能です。

子どもにも使用する事が出来る薬なので、安心して使う事が出来そうですね。

 

しかしながら、このキンダーベート軟膏ですが、「痒み」を抑制する働きがありますが、「痒みの原因」を治す治療薬ではない!という事を念頭に置いて使用しましょう。

 

あくまでも痒みを抑制して、掻きむしる事を防いで、症状の悪化を防ぐ薬なのです。

 

例えば痒みの原因が「細菌・真菌」などによるものであれば、かえって痒みや症状を悪化させる事もありますので注意が必要です。

痒みが治まらない場合には自己判断で薬を続けるのではなく、薬を一旦中止し、医師の診察を早めに受けるようにして下さい。

痒みが陰部であれば、皮膚科、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科の受診が望ましいです。

スポンサーリンク

キンダベート軟膏の副作用

 

キンダーベート軟膏がステロイドが含まれているお薬である事はお話ししましたが、肝心の副作用はどのようなものがあるのでしょうか?

5

キンダーベート軟膏の主な副作用しては、

かゆみ・蕁麻疹・発疹

皮膚が薄くなる「皮膚萎縮皮」

刺激感

 

ステロイドはいい作用も抑制してしまうので、かえって元に感じていた痒みを悪化させることもあるのです。

 

また、ステロイドは皮膚の薄い部分に使用すると副作用が出る事があります。

これは痒みを抑える代わりに皮膚の再生機能も抑えてしまうからです。

 

主な症状としては「皮膚の赤み」「皮膚の薄い部分の毛細血管が浮き出て見える」等です。

この副作用も長期にステロイド剤を使用していると起こる副作用になります。

 

そして、気を付けなければならない事として、目の周りの使用は避ける!ということです。

目に入ってしまうと目にかすみや痛みの異常が出てしまうのです。

 

副作用が出ていないか確認しながら、用法容量をかかりつけ医に相談しながら使用する事がステロイドとうまく付き合う方法です。

 

まとめ

fffffff 3

いかがでしたか?

ステロイドといっても最初から懸念するのではなく、正しく用法容量を守って使用すれば、あまり副作用を心配する事もなく使用する事の出来るお薬です。

 

痒みを我慢してストレスが溜まったり、掻きむしる事で傷が治りにくくなったりするのも辛いですよね。

 

医師の診察を受けて、上手にステロイドと付き合う事によって症状を改善する事が可能です。

辛い痒みの症状が少しでも改善する事とご健康をお祈りします。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ