Sponsored Link

グリシンサプリメントの効果や副作用はコレ【正しい飲み方も解説!】

<監修薬剤師 BlueP>
2

グリシンは抗うつ・美肌・不眠を改善する効果に期待が持たれており、サプリメントとしても販売されています。

しかし効果は勿論の事、副作用も気になるところですよね。今回はそんなグリシンサプリメントについて解説していきます。

スポンサーリンク
 

注目のサプリ、グリシンの4つの効果

 

睡眠改善

グリシンは人間の体内で作ることのできる非必須アミノ酸に分類されるもので、様々な体の働きに作用します。その中の1つが睡眠の質を向上させることです。

 

私たちは眠りに入る前に、手足の血管が拡張して熱くなります。特に子供で分かりやすいですが、手足が熱くなるっている感覚を持つ方は多くいると思います。

更にこの熱を放出して、眠りに入る前に深部体温(体の中心部の体温)を下げてスムーズな眠りに入ります。

 

グリシンは血管を広げる作用があるので、血液量を増やす効果があります。血液量が増える事で体の表面温度が上がるので、体温調節機能は深部体温を下げようと働きます。これによって、入眠を促す効果があると言われているのです。

また、血圧や血糖値を正常に保つとも言われています。

 

このような働きから、グリシンは「休息のアミノ酸」とも呼ばれています。質の良い睡眠をとることでニキビや肌荒れなどの肌トラブルにも効果が期待できますし、翌日もスッキリとして集中力が続くなどのいい効果があります。

 

さらに質の良い睡眠をとることで、食欲を抑えるホルモンの分泌量が増える為、過食気味の方やダイエット中の人にも助けになります。

さらには、糖質制限をしている人でもグリシンは糖質が0なのに甘みがあるため、疲れを癒すためにも一役買ってくれそうです。

また、筋トレをしている人ではなかなか疲れが取れないという人もいます。そういう人にも効果が期待できます。

 

グリシンサプリには即効性があるとも言われているので、疲れている時にはいいですね。

 

抗うつ

入眠効果があるので、それによって疲労やストレスを軽減出来ると考えられています。

 

美肌

グリシンは主に「体内でのコラーゲンの合成」・「保湿作用」・「抗酸化作用」に効果があります。

グリシンを十分にとることで肌のバリア機能が高まり、敏感肌などのトラブルも改善されると言われています。

通常コラーゲンは口から摂取しても体内で分解され、アミノ酸になってしまいます。その為、コラーゲン自体を摂取するのではなく、コラーゲンを構成するグリシンを摂取した方がいいのではないかと考えることが出来ます。

 

さらに肌だけではなく、頭皮の乾燥を抑えたり頭皮の炎症を抑えるなどの効果もあるため、育毛にも期待が持たれています。

また、加齢とともに関節痛や腰痛が起こる事が多くなりますが、これはコラーゲン不足が一因ともなっているので、予防対策にも効き目がありそうです。

さらにグリシンは湿疹や皮膚炎、口内炎の改善に使用されている医薬品にも活用されています。

 

肝機能のサポート

グリシンは肝機能のサポートにも一役買っています。肝臓の役割の1つに解毒があります。肝臓はアルコールやアンモニアなど有害なものを解毒しています。

グリシンが水に溶けない物質と結合すると、水に溶けやすくなり、排出されることがあります。このようにグリシンは、水に溶けずに排出されにくい物の解毒を助けています

このような事からグリシンは肝機能を正常に保ち、肝機能回復を助ける効果があると考えられています。

スポンサーリンク

グリシンサプリの効果的な飲み方

 

グリシンを飲むときは、質の良い睡眠を得る為にも「ポイント」就寝前30分を目安にして下さい。飲み忘れが不安な方は、夕方以降に飲むという事を覚えておいてください。

 

また就寝前はテレビや携帯電話などのブルーライトは自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼし、睡眠の質を下げてしまいます。

また夕飯は、寝る3時間前には終わらせるようにしましょう。アミノ酸は満腹時に摂取してもあまり吸収されないので、睡眠効果以外の効き目に期待をするのであれば、就寝前でなくても構わないので、空腹時に飲むようにしましょう。

またお風呂は、40度くらいのお湯にゆったり浸かることで、湯冷めする事で寝つきがよくなります。お風呂も寝る30分前には済ませておきましょう。

 

このように睡眠の質をあげる事によって美肌にもいい効果が期待できます。また入浴中はリラックスできる環境を作ることで、ストレスや疲労を軽減する効果も期待できます。

 

現在他の病気で処方された薬がある方は十分に注意が必要です。駄目な飲み合わせの1つにクロザピン(統合失調症の治療薬)があります。

食品添加物として使われることが多い物質で、2010年には厚生労働省から安全性が確認されましたが、この薬との飲み合わせでは薬の効き目が薄れると言われています。

スポンサーリンク

グリシンを多く含む食べ物

 

グリシンという成分は、調味料・保存料としてコンビニのお弁当やおにぎり、その他の加工品に使用されている、食品添加物です。

またグリシンは体内で合成されるものなので、他のアミノ酸を作り出す食品を摂取してもグリシンを取ることが出来ます。

アミノ酸とは、タンパク質を構成するために必要な栄養素で、人間にとってなくてはならない存在です。

 

グリシン自体は天然の牛肉・豚肉・鶏肉・アーモンド・マグロ・しじみ・エビ・ほたて・ごま・納豆などに含まれています。

肉類にはタンパク質も豊富に含まれているので、メインの食べ物にも使えるので摂取しやすい食品ですね。

スポンサーリンク

グリシンサプリに副作用はあるの?

 

グリシンはアミノ酸の一種ですが、アミノ酸を過剰に摂取すると下痢・胃の不調などが見られる可能性があります。

またどんなものでも、過剰に摂取する事はよくありません。定められた量以上は飲まないようにしましょう。

 

動物実験では、体重1kgあたり約8gの摂取で呼吸器系などに麻痺が見られたことが確認されています。

しかしこれは、人間で考えると体重が50kgの場合では40gなので、通常では摂取出来る量じゃありません。またこれは急性毒性を指しているので、慢性的に摂取した場合の事は考慮されていません。

妊婦や授乳期の人の場合も、安全性が確立されているわけではないので注意が必要です。

 

またサプリメントは様々な会社から販売されていますので、口コミなどから情報収集をする事も大事になりますね。実際に見てから購入したい方は、イオンなどのショッピングモールへ行かれてみてください。

食物アレルギーの方も、原材料の中にアレルゲンがないかを確認してから飲むようにして下さい。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ