Sponsored Link

グレープシードオイルの3つの効果効能【正しい使い方を伝授!】

<監修医師  WASHIO>
1

植物性オイルにはいろいろな種類がありますが、グレープシードオイルも植物性オイルの一つです。健康や美容に良い成分をたっぷり含んだグレープシードオイルは、ワインを製造する過程で必要なくなったぶどうの種から油分を取りだした物。

 

このオイル、どんな効果があり、正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。今回は、このグレープシードオイルについての効果効能やいろいろな使い方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

グレープシードオイルの効果効能

 

保湿効果

保湿効果が高く、刺激の少ないグレープシードオイルはスキンケアに適しています。乾燥肌、敏感肌、脂性肌など、どんなタイプの肌にも使えるオイル。美容液の他、クレンジングやマッサージにも使えます。

その他、乾燥が気になる部分など、全身のスキンケアにも使用できます。

 

抗酸化作用

抗酸化作用のあるビタミンEとポリフェノールがたっぷり含まれているグレープシードオイル

ビタミンEはオリーブオイルの約2倍、さらにポリフェノールの一種であるプロアントシアニジンの抗酸化作用はビタミンEの50倍も強く、高い抗酸化作用のあるオイルです。

 

プロアントシアニジンには活性酸素を除去する作用もあるため、アンチエイジング効果も期待できます。皮膚の老化を防ぎ、肌のシミ、シワ予防、肌トラブルの改善の他、美白効果もある嬉しいオイルです。

 

またビタミンEの特徴には、血行促進作用があります。冷え性や低体温、むくみでお悩みの方は普段の料理で使う油をグレープシードオイルに変えると良いでしょう。

 

コレステロールを下げる

グレープシードオイルには不飽和脂肪酸であり、リノール酸が約65%、オレイン酸が約18%の割合で含まれています

 

体に必要な必須脂肪酸であるリノール酸は、体内で合成することができない成分のため、食事から摂る必要があります。

悪玉コレステロールを減少させる効果や血圧を下げる効果がありますが、摂りすぎると善玉コレステロールも下げてしまうため、摂りすぎには注意が必要です。

 

一方、オレイン酸は善玉コレステロールを減らさず悪玉コレステロールを減らす作用があります。血中の中性脂肪を減らす効果があるため、動脈硬化や心疾患の予防、高血圧など生活習慣病を防いでくれる効果が期待できます。

スポンサーリンク

グレープシードオイルの使い方

 

ボディケアに

グレープシードオイルはサラサラとしているため、肌に浸透しやすくボディケアにも適しています。手や顔、肌、体など全身に使用できるオイルです。ボディマッサージやハンドマッサージ、リンパマッサージ、むくみケアに脚のマッサージなど、のびが良いのでそのまま使用できます。

 

まつげのケアに

グレープシードオイルはまつげの美容液としてそのまま使うことができます。綿棒などに取り、マスカラのような要領で使用すると目に入らずきれいに塗れます。

 

ヘアケアに

洗髪の前にグレープシードオイルで頭皮をマッサージします。適量のオイルを地肌に塗り、丁寧にマッサージしたら洗い流し、シャンプー・リンスで仕上げましょう。保湿効果が高いのでしっとりつやつやの髪になります。髪の乾燥も防いでくれますよ。

 

ワックスがけに

蜜蝋とグレープシードオイルで手作りのワックスを。小さなお子さんのいるご家庭でも天然成分の手作りワックスなら安心ですね。

1対5の割合で蜜蝋とグレープシードオイルを湯煎にかけます。オイルに蜜蝋が溶け粗熱が取れたら容器に入れて完成です。できたワックスを布などにつけて床を磨くとピカピカに。

 

普段のいろいろなお料理に

コレステロール0%が嬉しいオリーブシードオイルは、普段のお料理にも使えます。無味無臭で癖がないため、洋食だけでなく日本食にもピッタリ。さらっとして油っぽさ少ないのでドレッシングやマリネにも向いています。

スポンサーリンク

グレープシードオイルで手作りコスメができる

 

スキンケアとしても利用できるグレープシードオイル。無臭のオイルなので、お好みの精油を加えればお好きな香りのコスメとして楽しめます。作ったコスメは冷蔵庫で保存し、空気に触れないように密封して2週間以内に使い切りましょう。ではコスメのレシピをご紹介していきます。

 

リップクリーム

グレープシードオイル 大さじ1

蜜蝋 3g

 

耐熱容器にグレープシードオイル大さじ1と蜜蝋を入れ湯煎で溶かします。溶けたらよくかき混ぜ、冷めて固まる前にリップクリームのケースに注ぎます。

 

リップクリームのケースがなくても密封できる容器なら大丈夫。冷めたら冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めて完成です。グレープシードオイルの保湿効果で荒れやすい唇もしっかりケアしてくれます。

 

ハンドクリーム

グレープシードオイル 大さじ3

蜜蝋 5g

精油(お好みで) 3~5滴

 

耐熱容器にグレープシードオイル大さじ3と蜜蝋を入れ湯煎で溶かします。蜜蝋が溶けたらお好みの精油を3~5滴加えましょう。保存容器に移して出来上がりです。

 

クレンジング

グレープシードオイルは、そのまま何も加工せずにクレンジングとして使用できます。毛穴の汚れもきれいに取り除いてくれます。クレンジング後は、乾燥肌なら洗顔をしなくても大丈夫。ニキビなどが気になる脂性肌の方は洗顔もしましょう。

 

乳液

グレープシードオイル 大さじ1

植物性乳化ワックス 小さじ1

精製水(水道水でも可)60~100ml

保湿剤(植物性グリセリンなど) 小さじ2

精油(お好みのもの) 2~3滴

 

オイルと植物性乳化ワックスを耐熱容器に入れ湯煎(適温は60~70度)にかけて溶かします。

同じくらいの温度に温めた精製水を少しずつ混ぜながら加えていきます。全て混ぜたら保湿剤と精油を加え、さらによく混ぜたら完成です。密封できるボトルで保存しましょう。

 

いかがでしたか?普段の食生活や美容にも良いグレープシードオイル。いろいろな用途に利用できるので、1本あると便利ですよ。こんなに効果の高いオイルなら、早速使ってみたくなりますね。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ