Sponsored Link

ショートニングの2つの害が深刻【アレルギーで起こる危険な症状】

<監修医師  WASHIO>
79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_s

私達が普段何気なく食べているパンやケーキ、ファストフードのポテトやチキンなどなど・・・

これらの中に入っている「ショートニング」があまり身体に良くない事をご存知ですか?ショートニングがどんなものか、どんな害やアレルギーがあるか、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
 

ショートニングとは?

 

ショートニングとは、マーガリンから水分と添加物を取り除いたもので、より純度が高くなりトランス脂肪酸の含有量ではマーガリンよりも高くなります

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用いられています。

主に市販のパンやクッキー、コンビニやファストフードの店内で使われる揚げ物の油などに使われる可能性が高く、“サクッ”“パリッ”とした食感を良くする為に使用されます。

スポンサーリンク

ショートニングの害

 

ショートニングやマーガリンは、“健康の大敵”と言われています。

バターの代用品であるマーガリンと、ラードの代用品であるショートニングは、常温で液体の植物油に水素添加を行うと、脂肪の分子構造に変化が起こり油が固まる事から、その変化した構造を「狂った油」「食べるプラスチック」と呼ばれています。

植物性の油脂を加工する過程で発生する、最も危険視されている脂肪酸、「トランス脂肪酸」とはどんな害を及ぼすのでしょうか?!

 

トランス脂肪酸

あぶらには、常温で液体のあぶら(油)個体のあぶら(脂)があり、これを“油脂”と言います。油脂は、脂肪酸とグリセリンという分子から出来ており、油脂・脂肪酸・グリセリン・コレステロール等を合わせて“脂質”と呼んでいます。

脂肪酸には、炭素の二重結合がない「飽和脂肪酸」と、炭素の二重結合がある「不飽和脂肪酸」があり、不飽和脂肪酸には、炭素の二重結合のまわりの構造の違いにより、“シス型”と“トランス型”の2種類があります。

✅ 天然の不飽和脂肪酸の殆んどは、炭酸の二重結合が全てシス型・ トランス型の二重結合が一つ以上ある不飽和脂肪酸をまとめて「トランス脂肪酸」又、トランス脂肪酸には、天然に食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程で人工的に出来るものがあります。

トランス脂肪酸は、細胞膜の形成を阻害することで免疫異常をきたし易く、又活性酸素が大量に発生する事がわかっており、摂り続けることにより身体に蓄積されそのダメージも大きくなります。

※ トランス脂肪酸は、下記のような場合にも生じます。

✅ 油の製造過程(合成食用油)

✅ 油の抽出方法(溶剤抽出法による高温下の食用油製造過程)

✅ 油の保存方法(暑い所に平気で置かれている。光を通さないような黒い瓶に入っていない)

 

トランス脂肪酸の大量摂取で考えられる症状

トランス脂肪酸を一定量以上摂取することで、人体に様々な被害を及ぼすことがあり、コレステロールの中でも、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らしてしまう為、

✅ 冠動脈性の心疾患〔 狭心症 ・ 心筋梗塞 〕

✅ 動脈硬化

✅ 糖尿病

✅ パーキンソン病

✅ 痴呆〔 認知症 〕

✅ メタボリックシンドローム

✅ 脂質異常

✅ 高血圧

✅ 高血糖

✅ ガン

✅ 肥満

等のリスクが増大する事がわかっています。

 

又、アレルギー症状を引き起こす疾患として、

✅ アトピー性皮膚炎

✅ アレルギー性鼻炎

✅ 喘息   

等のアレルギー疾患を増加させ、

 

✅ 胎児の体重減少

✅ 流産・死産を生じさせる可能性

✅ 母乳を通じた乳児へのトランス脂肪酸の移行

等も確認されています。

 

※ 但し、紹介した商品全てにショートニングが入っているわけではありませんので、気になる時はお店の方にお尋ねると良いかもしれません。

アレルギー等で気になる症状がある場合は、病院で受診しましょう。

スポンサーリンク

アレルギーで起こる症状

 

ショートニングが含まれている食品を摂取することでアレルギー反応を起こしてしまう場合がありますが、ショートニングアレルギーの場合、他の食品のアレルギーと違って症状が全身に及ぶことがあり、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、喘息などのアレルギー症状が出てから検査してショートニングアレルギーと分かった!という事もあり、気づかない場合もあります。

 

✅ ショートニングアレルギーはトランス脂肪酸を含む食品や製品が原因になりますが、

   ・ マーガリン

   ・ ファストスプレッド

   ・ ショートニング

   ・ ファストフード店のフライドポテトやフライドチキン等の揚げ物

   ・ ショートニングを使用したビスケットパン・ケーキ等の菓子類  等が挙げられます。

ショートニングアレルギーがあるとわかったら、これらの食品は避けた方がよいでしょう。

 

 

≪今後の食品選びで気をつけたいこと≫

 マーガリン ⇒ バターに変える

コーン油などのサラダ油 ⇒ オリーブオイル・キャノーラ油・グレープシードオイル など、

加熱しても酸化しにくい油に変える

油は身体にとても大切なので、安価なものではなく少し高価でも良いものを選んで変えていきたいですね。

 

※ トランス脂肪酸を避けるには、商品ラベルを見ましょう。又、原材料は国産を選ぶことで、遺伝子組み換え食品も避けられます。

 

※ 油を選ぶ場合は、原料は国産、製法は「低温圧搾り」「圧搾り」「コールドプレス」等の表記があるものを選びましょう。

 

※ トランス脂肪酸は、

✅ 身体の細胞の細胞膜の中に入り込み、細胞膜及び細胞の働きを狂わせます。

✅ 体内でビタミンなどの栄養物質を食い荒らします。

✅ 悪玉コレステロールを増やし、心臓疾患・免疫機能・発ガン・痴呆の大きな原因にもなります。

トランス脂肪酸は、アレルギー以外にも色々な人体への被害が報告されているので、なるべく摂取しないようにしましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ