Sponsored Link

ナノマシンの実用化でがん治療に光が!効果と副作用を解説!

<監修医師 まっちゃん>
4

「ナノマシンががん治療に実用化されるかもしれない」というビッグニュースが飛び込んできました。

 

SFの世界だけの存在だと思っていたナノマシンですが、どうやら私たちが生きている間に実用化されそうです。

 

とはいえ、がん治療に効くナノマシンとはどんな仕組みなのでしょうか。また、気になるのが副作用です。

そこで今回は気になるナノマシンとがん治療の関係性について調べてみました。

スポンサーリンク
 

ナノマシンとは?

2

まずナノマシンの「ナノ」という単位をご存じですか?ナノとは、「十億分の1」をさす単位です。

 

つまり1ナノメートルとは0.000000001メートルに換算されます。どれくらい小さいか考えると、0の数を見るだけで気が遠くなりそうですよね。

そしてナノマシンとは0.1~100㎚という極小サイズの機械装置を指す概念です。

 

本来の意味通りで考えると、ナノマシンとはごくごく小さな機械ということになります。

その小ささから、SFなどでは「未来の医療技術」としてよく登場し、現実世界でもごく細かな手術を必要とする場面に生かすべく研究が続けられていました。

 

がん治療に使われるナノマシンとは一体どんなもの?

ところで最近よく話題になっている「ガンに効果のあるナノマシン」ですが、東京大学の片岡一則教授が「開発に成功した」と発表したナノマシンは、厳密には機械ではありません。

 

「小さくて、機械のように効き目のある薬剤」という意味から「ナノマシン」と名付けられました。

 

ナノマシンの効果

片岡教授が開発したナノマシンの効能を一言で表現すると、「がん細胞をターゲットに治療を行うことができる」ということです。

ナノマシンはウイルスと同じサイズの100ナノメートルで、特別なカプセルに包まれています。

 

このカプセルが重要で、酸性化でのみ溶ける性質があります。その性質を利用して、狙った箇所にのみ薬を送り届けることが出来ます。

またナノマシン自体の大きさが、がん細胞には届いても正常な細胞には届かないサイズに設定されています。

 

この、狙った細胞や組織に薬を届けることが出来る高度な機能を「ドラッグデリバリーシステム」(DDS)と呼びます。

狙った位置に正確に薬を送り届け、かつ効果を発揮させることが出来ればどんなメリットがあるのでしょうか。

次の項で説明します。

スポンサーリンク

ナノマシンでがん治療が変わる!

5

ではナノマシンの活用によって、がん治療にどんなメリットが生じるのかご紹介します。

 

手術が必要なくなる?

ナノマシンを活用したがん治療で最も期待される効果が、「手術しなくて済む」という点です。

通常、人間の身体にメスを入れる手術は回復に体力を消耗するものです。

 

度重なるがん細胞転移のたびに、がん細胞切除のために手術を行うことは確実に患者の体力を奪います。

そのため、条件次第では手術に踏み切れない場合もありました。

 

ですがナノマシンは身体にメスを入れず、直接血管から摂取するという方法でがんに対抗することが出来ます。

つまり体力に不安のある人にも治療を施すことが出来るという可能性があります。

 

またがんの怖いところは「再発・転移の可能性」ですが、

ナノマシンは服用後自動的にがん細胞に作用しますので、検診で見落としたがん細胞にも効果を及ぼすため再発のリスクを低下させると考えられています。

 

従来のがん治療の難点を克服できる

現在のがん治療は手術でがん細胞を摘出するほかに、「抗がん剤治療」や「放射線治療」があります。

4

ただしこれらの治療には副作用という問題が立ち塞がります。

副作用は体調の変化の他に「急激な体重の減少」や「髪の毛の脱毛」などの外見上の変化もあります。

 

体力だけではなく気力さえも奪っていくところが、がんの恐ろしさです。

「がんで苦しむのがいいのか、それともがん治療に苦しむのがいいのか」と悩む患者さんやそのご家族も多く、本人の頑張りだけではなく周囲の支えも必要です。

 

その点ナノマシンによるがん治療は、狙った細胞・組織にのみ効果を及ぼしますので、健康な体細胞を危険にさらす必要がありません。

がん治療における副作用の主な原因は、がん細胞を切除しようとして正常な体細胞も切除してしまったことにあります

 

しかしナノマシンの治療では、効果を及ぼす細胞を特定することが出来るので正常な細胞は守られます。

少しでも患者の苦しみを軽減できる新たながん治療と注目されているだけはあります。

スポンサーリンク

ナノマシンの副作用

 

副作用を気にしなくて済むがん治療方法と効くと、ぜひとも1日も早く実用化してもらいたいものです。

5

しかし本当に副作用の心配はないのでしょうか。

実は現在、がん治療用ナノマシンは臨床実験の最中です。

 

臨床実験とは、実際に人間の身体で事前実験通りの結果が出るのかどうか調べる重要な検査です。

まだ実験中なので、今後副作用が本当に出ないのかどうかという結論が出るはずです。

 

とはいえ、現時点では「従来のがん治療のような副作用は出ない」あるいは「出たとしても症状が軽くなる」という結果が出ています。

スポンサーリンク

まとめ

fffffff 3

ナノマシンとはナノサイズのデバイスの名称です。

最近発表された「がん治療に効果のあるナノマシン」は残念ながら機械ではありませんが、

極小ながらがん細胞に効果的に抗がん薬を送り届けてくれる頼もしい味方です。

【関連記事】
iPS細胞の問題点とは?簡単に分かりやすく解説!

iRS細胞とは?iPS細胞との違いを簡単に解説!

 

まだ臨床実験の段階で、ナノマシンそのものの副作用がないかどうか検証の段階にありますが、

なるべく早い時期に実用化してもらいたいものです。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ