Sponsored Link

ムカデに刺されたらコノ症状が出る【4つの対処法をチェック】

<監修医師 まっちゃん>
3

毎年梅雨の時期になると現れるムカデは刺されると嫌な虫の代表格ですよね。

ムカデに刺されたときの症状として真っ先に思い浮かぶのはまず寝ていても飛び起きてしまうような激痛だとおもいますが、実はそれ以外にも様々な症状が現れます。

ここではムカデに刺された時に起こる様々な症状とその対処法について徹底解説していきます。

スポンサーリンク
 

ムカデに刺されたときの症状

 

疼痛 (とうつう)

ほとんどの場合、ムカデに刺されると針で刺されたような激痛が走り、その後ズキズキとした痛みが続きます。また人によっては痛みではなく痒みやしびれを感じる場合もあります。

 

炎症

ムカデに噛まれるとその部分を中心に熱を持ったように赤く腫れて炎症を起こすことも多いです。炎症は重症化するとリンパ節炎(感染などによりリンパ節の腫れや痛みが起こる病気)や潰瘍化することが多いので注意が必要してください。

 

特に毒性の強いアカズムカデに刺されると症状が重症化しやすいので気をつけましょう。

 

その他

人によってはムカデに刺された時に発熱、頭痛、めまい、吐き気など全身にも症状が現れる場合があります。これはムカデの毒素が全身に回っているときに多いので、できるだけ早く病院を受診するようにしてください。

 

またハチなどと同じように、ムカデに刺された場合にもアレルギーによりアナフィラキシーショックを起こすことがあるので過去にムカデに刺された経験のある人は必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

こちらも参考にして下さい。

【関連記事】
ムカデに噛まれた跡が!【3つの症状や対処法を解説!】

 

スポンサーリンク

刺されたときの対処法

 

温熱療法

ムカデの毒はタンパク質で熱に弱いため、43度以上のお湯で噛まれた部分を10~20分、シャワーで温めながら毒を流すと痛みや腫れが引きやすいと言われています。

またこのときにシャンプーや石鹸(弱酸性ではないもの)で洗いながら行うと酸性のムカデ毒にはより効果があるようです。

 

屋外で刺されたなど、シャワーで洗い流せない場合は濡らしたタオルをレンジで温めて患部に当てるだけでもいいそうです。

 

お茶で洗う

昔から広く行われてきた民間療法で、お茶に含まれるタンニンという成分がムカデの毒が中和する効果があると言われています。

使用するお茶はタンニンを多く含む番茶や緑茶、ウーロン茶などがよいとされています。

 

市販の薬を使う

症状が軽い場合や応急処置には抗ヒスタミン剤入りやステロイド系の軟膏やクリームを塗るとよいでしょう。ムカデは噛んだ部分を中心にして広範囲に毒を塗りこむため、広めに薬を塗るようにすると効果的です。

 

スポンジなどで患部に直接塗布するタイプの薬はスポンジ部分がムカデの毒で汚染される可能性があるので注意しましょう。

 

病院へ行く

上記のような応急処置をおこなっても腫れや痛みが治まらない、または悪化した場合は病院に行きましょう。また発熱やしびれ、頭痛、吐き気など症状があらわれた場合も急いで病院に行くようにしてください。

 

腫れや痛みが酷い場合は皮膚科、発熱やしびれなどの皮膚以外の症状がある場合には内科を受診すると覚えておくとよいでしょう。

 

その他の虫刺されについてはこちらを見て参考にして下さい。

【関連記事】
虫刺されの腫れが大きい!熱をもつ時の3つの対処法!

 

スポンサーリンク

刺されたときにしてはいけないこと

 

患部を冷やさない

患部を冷やすのは虫に刺された場合によく行われる対処法ですが、ムカデの毒の場合は冷やすことでより痛みや腫れが長引くなど悪化する傾向があります。

 

また最悪の場合、痙攣や気絶などのショック症状が起きる可能性があるので、ムカデに刺された場合患部は絶対に冷やさないようにしてください。

 

毒を口で吸い出さない

ムカデは肢の先で皮膚を傷つけた後に毒を塗布するので、口で毒を吸い出すと口の中に毒が入ることになります。毒が口に入ると嘔吐や悪寒、気道閉塞などの症状が起こるため、口で毒を吸い出さないようにしましょう。

 

また指でつねって絞り出す方法も毒を浸透させてしまうことになるので絶対にやめてください。

スポンサーリンク

ムカデの駆除方法

 

市販の薬剤を使う

最も手っ取り早い方法が市販されている殺虫剤やバルサンなどを使う方法です。ただしムカデは多くの殺虫剤に対して感受性が低いため、必ずムカデ用と記載のある薬剤を使用するようにしてください。

 

特にバルサンは一度で多くのムカデを駆除でき、また隠れたムカデにも一定の効果がありますが、ペットや観葉植物、電子機器などは室外へ出すなどの手間がかかるため、大量のムカデが出たときの最終手段と考えておきましょう。

 

熱湯をかける

ムカデは熱に弱いため、熱湯をかけると即死します。

ただし、そのまま熱湯をかけるのは自分も火傷を負う危険性があるのでバケツなどの容器に熱湯を入れ、その中にムカデを投げ込むのが周囲を汚すこともなく安全に駆除できるのでおすすめです。

 

ムカデを捕まえるとは必ず火ばさみや割り箸を使い、絶対に素手で触らないようにしてください。

 

専門の業者に依頼する

ムカデを完全に駆除したい場合、最終手段として専門の害虫駆除業者に頼むのも手です。

 

作業の内容としては薬剤を散布して今いるムカデを駆除したうえで、室内への侵入を防ぐための「ムカデ返し」を取り付けたり、家の周囲の土壌をムカデが住みにくいものに変えるなど、ムカデが近づかない環境にするのが目的です。

 

費用については業者や住んでいる環境によっても変わってくるが、大体1~3万円ほどが相場となっています。

 

ムカデ以外の虫に刺された際の対処方法についてはこちらを見て参考にして下さい。

【関連記事】
毛虫に刺されたら!3つの症状や塗り薬をチェック!

 

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ