Sponsored Link

ムコスタ錠は胃痛に効果ある?【副作用も必ず確認しよう】

<監修薬剤師 T.Nagao>
5

胃腸炎になって内科を受診した方は、ムコスタという薬を処方してもらったことがあるかもしれません。

今回はムコスタ錠の気になる効果や副作用を解説していきます。

スポンサーリンク
 

ムコスタ錠とは?

 

ムコスタは大塚製薬から販売されている錠剤で、製品名は「ムコスタ錠100mg」といいます。

 

ムコスタの薬効成分である「レバミピド」は胃の粘膜を丈夫にする作用があり、胃潰瘍(いかいよう)など胃痛を伴う病気の症状を和らげるために用いられます。

 

また、レバミピドの粘膜修復作用が、目の角膜の涙の質を改善することを利用し、錠剤と同様の主成分を使った「ムコスタ点眼薬(ムコスタ点眼液UD2%)」がドライアイの治療に用いられています。

 

胃の症状に優れた効果を発揮するムコスタですが、副作用が全くないわけではありません。

どのような副作用が出るかは個人差や服用時の体調などにも左右されますが、まれに重篤なアレルギーを引き起こす例が報告されています。

そのため、扱いには医師の注意を聞いて慎重になる必要があります。

スポンサーリンク

ムコスタ錠の効果一覧

 

胃潰瘍(いかいよう)への効果

胃潰瘍は、胃酸が原因となって発生する潰瘍(粘膜などに生じる深部組織の欠損)です。

鳩尾から左にかけて生じる痛みが主な症状で、胃酸が多すぎるためにすっぱいげっぷや吐き気などを感じます。

 

ひどいときには胃の筋肉までえぐり取られ、黒褐色の血を吐く、血の混じった便が出るなどの症状に発展することがあります。

 

ムスタコ錠は胃粘膜を保護する作用を持ち、粘膜が傷つくのを抑えつつ、血流の量を増加、炎症の抑制などの作用で、胃の粘膜を修復します。

 

急性・慢性胃炎への効果

急性胃炎あるいは慢性胃炎は発症した際に起きる胃粘膜病変に効果があります。

胃粘膜病変とは出血・びらん(表皮が欠損し、組織が露出している状態のこと)・発赤・浮腫を指し、これらの症状を改善させる効果が期待できます。

 

特に急性増悪期(急激に症状が悪化すること)にムスタコ錠は効果を発揮します。

 

 

スポンサーリンク

ムコスタ錠の5つの副作用

 

便秘・腹部の膨満感

0.1%未満ですが、消化器に関する副作用が報告されています。

主な症状は便秘や腹部の肥満感、下痢、嘔吐、げっぷ、味覚の異常などです。

ムコスタ錠服用後に消化器系の反応が妙だなと思ったらかかりつけの医師か薬剤師に相談しましょう。

 

過敏症

頻度は0.1パーセント未満ですが、蕁麻疹や発疹、薬疹様湿疹といった過敏症状が引き起こされることがあります。

次に説明するようなアナフィラキシーショックと似た症状でもあるので、異常が現れたらすぐにかかりつけの医師に相談しましょう。

 

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックは急性アレルギーの症状が全身に現れるもので、血圧の急激な低下によって死に瀕する場合があります。

 

まず、目や唇周辺の腫れや全身の蕁麻疹が生じ、呼吸が苦しくなるなどのアナフィラキシー症状が起こります。

その後、冷や汗や血圧低下、重篤な呼吸困難といったショック症状につながれば、最悪の場合死に至ることがあります。

 

アナフィラキシー症状があればすぐに使用をやめて医師の診断を受けましょう。ショック状態にまで発展した時は、迷わず救急車を呼ばなくてはいけません。

 

肝機能障害・黄疸(おうだん)

肝臓の機能が低下し、全身の倦怠感や食欲の機能不全などの症状の他、胆液が増えすぎることで皮膚や粘膜が黄色くなる黄疸が生じることがあります。

 

これらの症状が出た場合もすぐに使用をやめ、病院を受診するべきです。他の病気で肝機能低下が起こるケースも多いですが、いずれにしても医療機関での診察が必要です。

 

血小板・白血球の減少

血小板が低下すると、粘膜が弱くなって鼻血や歯茎からの出血、手足の皮下出血(青あざ)が起きやすくなります。白血球が減少した時は、のどの痛み、発熱、倦怠感などが出てきます。

 

白血球減少による症状は風邪と間違えやすいので、注意が必要です。これらの症状が出た場合も、すぐに病院へ行きましょう。

適切な観察のもと、異常と判断された場合は即座にムコスタ錠の服用を中止しなければいけません。

スポンサーリンク

ムコスタ錠の正しい飲み方

しるし   

胃潰瘍や胃炎の場合、成人は1回1錠を1日3回、朝、夕と就寝前に服用します。飲む場合は、必ず指示された服用方法に従いましょう。

 

飲み忘れた場合に飲むタイミングは、気がついた時点で、1回分を服用します。ただし、次の飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで、次の飲む時間に「1回分」を飲みましょう。

 

絶対に「2回分」を「一度に飲んでは」いけません。誤って多く飲んだ場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

 

自分の判断で飲むのを止めるのは良くなく、潰瘍が治ってもしばらく飲み続ける必要があります。

胃潰瘍などの場合は、胃酸を制御する薬や吐き気止めなどの薬と一緒に飲むように指示されることもあります。

 

その場合は一緒に飲んでも大丈夫ですが、他の薬を飲んでいる場合は、相互作用で問題が出ないかどうかを医師に告げて相談しましょう。

以前に飲んでかゆみや発疹などのアレルギー症状が出た場合は必ずそのことを告げておかなくてはいけません。

 

ムコスタの使用期限は製造後3年なので、それを越えた物は飲まないようにして捨てましょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ