Sponsored Link

擦り傷を早く治す鍵はラップにあり【方法や薬の効果を紹介!】

<監修医師 まっちゃん>

feafew

道を歩いている時に不意に転んでしまって、擦り傷を作ってしまったという事は子どもから大人まで経験した事があるでしょう。

擦り傷程度なら病院に行く事もなく、自分で応急処置をして様子を見ることが多いかと思いますが、その際に行う擦り傷に本当に有効的な応急処置を皆さんはご存知でしょうか。

 

今回は擦り傷を早く治す為の方法、薬などについてお話ししていきます。

スポンサーリンク
 

今までの治療法は間違っていた!

 

皆さんは普段、擦り傷の応急処置や治療法はどのように行っていますか。

 

一般的な方法としては傷口を乾燥させ、消毒液で消毒し、その後傷薬などを塗って絆創膏を貼る、かさぶたが出来たあたりでは傷がジュクジュクしないように乾燥させるなどのような手順で治療を行っているのではないでしょうか。

 

この方法、実は「間違い」です。消毒しているから傷が早く治るという訳ではありません。

傷薬などのクリームには「界面活性剤」が含まれているものが多くあり、この界面活性剤が傷ついた皮膚に塗ると必要な水分を奪ってしまい、肌がシワシワ、ゴワゴワになる事が多いのです。

これではなめらかな肌を取り戻すことができなくなってしまいます。

 

では、どのような方法であれば、早く擦り傷が治るのでしょうか。

スポンサーリンク

擦り傷を傷跡なく早く治す方法はラップだけ

 

今までの消毒し、絆創膏を貼ってという手順はなぜ間違いなのでしょうか。そして擦り傷の治療に実は意外にも「ラップ」が有効的なのです。

なぜ擦り傷の消毒や絆創膏は間違いなのか、そしてラップを使った治療法をお話ししていきましょう。

 

擦り傷に消毒や絆創膏は必要ない理由

擦り傷が出来た場合、まずは傷についた汚れを落とす為にも水で洗います。水も水道水は無菌なので、特に精製水などで洗う必要もありません。

 

その後、消毒をする方が多いと思いますが、実は皮膚には元々存在する菌「常在菌」というものがいます。この常在菌は皮膚の表面だけでなく、周りにある毛根や汗を出す汗腺にも存在しています。

消毒をする事で、常在菌や傷口の細菌を殺す事が出来ます。それは良いのですが、傷の治療に活躍する白血球や表皮の元になる細胞など、プラスに働く細胞にもダメージを与えてしまうのです。

 

傷を早く治すにはこれらの細胞にダメージを与えない方が良いので、消毒をする必要はないのです。人間には白血球など体を守る機能があり、「自然治癒力」というものが備わっているからです。

また絆創膏は傷を覆う為に必要ですが、この時に傷を乾かさないような絆創膏を使わなければなりません。

 

傷を乾かした方が化膿しないのではと思われますが、擦り傷を早く治すためには乾かさない方が良いのです。

 

傷を乾かさない方法が擦り傷を早く治す

傷口を水で洗った後は、傷を乾かさない方が早く治ります。実は傷ついた皮膚の部分から滲出した液は、新しい表皮を作る為に細胞を元気にする成分が含まれています。

その液を減らさないようにする為にも、乾かしてはいけないのです。そこで、傷口の治療に有効的なのが「ラップ」です。

 

ラップを使った擦り傷の治療法

擦り傷というのは擦った際、傷が「広範囲」になり、むき出しになった傷の面積が大きい事が多いですよね。

今までならば、絆創膏を貼っても傷が全て覆いきれなかったり、何枚も重ねて貼ったりという事を行っていたかもしれません。

 

しかしその広い面積をカバーできるのが、「ラップ」です。ふだんから家庭で使用しているラップで大丈夫です。

傷口を水で洗った後、傷の面積よりも大きめにラップを切り取り、傷口を覆います。

 

そしてラップを固定する為にテープ(サージカルテープなど)で止め、ずれないように包帯で巻いておきます。こうする事で傷が乾く事を防ぐ事が出来ます。

スポンサーリンク

ラップが擦り傷を綺麗に治してくれる理由

 

以前は擦り傷やケガをした場合に、消毒してからガーゼで覆ったり、傷を乾かしたりしてかさぶたを作る事で傷を治すという方法が主流でした。

しかしながら、現在では傷口から滲出してくる滲出液を保持する為、傷口を乾かさないという「湿潤療法」が主流になっています。

 

湿潤療法では傷口をぴったりと覆う事で、滲出液の中に含まれる細胞を活性化させる物質を十分に生かす事ができ、かさぶたを作る事なく、なめらかな表皮を作る事が可能になります。

 

そのためにはぴったりとラップを傷に密着させます。傷を乾かさない「ラップ」は治療に有効活用でき、擦り傷を綺麗に治してくれる事に役立つのです。

 

さらに早い治療にはこの薬を併用して

 

ラップを使った治療法と共に、擦り傷を早く治すための薬についてもご紹介します。

 

ワセリン

傷のケアには、ワセリンでも不純物の少ない、「白色ワセリン」を用いるといいでしょう。

ワセリンには潤滑剤や皮膚を保護してくれる保湿保護剤としての役割もありますので、傷を乾かさないという目的では効果的です。

 

美容オイル

擦り傷が治りかけ、または治った後に傷跡が薄くなるという作用が期待できるので、美容オイルを併用する事も傷を綺麗に治すときには便利です。

 

ハイドロコロイド素材の絆創膏

ハイドロコロイド絆創膏は、傷口を乾かさない湿潤療法の仕組みを利用した絆創膏です。ラップを貼って仕事や人前に出るのはという方には、こちらの方がおすすめです。

この素材の絆創膏は傷口を乾かしませんので、2~3日程度で交換して使用すればいいでしょう。

スポンサーリンク

ラップで治らない擦り傷もある!

 

ラップを使った湿潤療法は擦り傷に効果的である事をお話ししていきましたが、中にはラップを使った治療法でも治らない擦り傷もあります。

 

ラップで治らない擦り傷はどのようなものがあるか

✅ 傷が深層部まで達しているもの。

✅ 大きな怪我や傷

✅ 動物から咬まれた傷

✅ 出血量の多い傷

✅ 傷の治りが悪いような持病が元々ある方(糖尿病や動脈閉塞症の患者さんなど)

 

この他にも傷の度合や傷の治りが一週間以上良くない場合や、傷が却って悪化してしまった場合などには、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

傷が原因で感染症を引き起こす可能性もあります。重症化しない為にも早めの判断が重要になります。

スポンサーリンク

キズによる怖い感染症に気をつけて

 

ラップでの治療法でも傷が治らない場合もありますし、その他にも傷による怖い感染症などの危険もあります。

 

破傷風

破傷風菌は土の中に多く存在する菌と言われていますが、擦り傷や釘を踏んだ時の深い刺し傷などから入り込み、発症する事のある病気です。

 

現在ではかなり稀な病気ですが、ワクチンを接種していない人が感染すると死亡する確率の高い感染症ですので、傷が深い場合や治りが悪い場合には医療機関を早めに受診した方が良いです。

 

動物に咬まれた際の感染症(動物由来感染症)

動物に咬まれた傷によって人に感染する感染症も多く存在します。その数は日本だけでも60~80種類の感染症があると言われています。

傷が化膿したり、発熱したりする事もあり、中には重症化して死に至るケースもあります。

 

動物に咬まれた場合にはなるべく早めに咬まれた事を病院側に伝え、医師の診察を受けるようにしましょう。またペットを飼われているご家庭では、普段から感染症予防に努めるようにしましょう。

 

擦り傷を治す為には「傷を乾かす」治療法が主流だったものが、現在では「傷を乾かさない」治療法へと変わってきています。擦り傷が出来た場合には人間の自然治癒力で、湿潤療法を利用してみてはいかがでしょうか。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ