Sponsored Link

甘酒の7つの効果効能に驚き【アルコール度数が気になる!】

<監修医師 まっちゃん>
飲む

スポンサーリンク
 

甘酒は日本の伝統的な飲み物、そのアルコール度数は?

 

甘酒は日本古来の伝統的な飲み物

甘酒は日本で古くから親しまれており、発酵食品の「アルコール度数1%未満」の清涼飲料水で夏の季語としても使われます。しかし昔はお酒は冬の時期でないと作れないと言われていました。そんな中、酒造会社が夏に一晩で出来るお酒として造ったのが甘酒だと言われています

 

そんな甘酒の材料は「米こうじ」と「お米」で、それらを発酵させて造られています。発酵には65℃の温度で23秒間加熱することによって乳酸菌を不活性化させることが出来るので50℃~60℃程度で長時間保温して作ります。砂糖も加えることがないのでノンシュガーです。

 

海外では「ジャパニーズヨーグルト」として販売されています。また、和菓子にも使われています。もう一つの製造方法として、酒粗で作る方法もあります。家でも炊飯器などで作ることが出来ますので、自家製で作ってみてはいかがでしょうか。一般的な昔ながらの方法としては「こたつ」を使って作るのが簡単でおすすめです。

スポンサーリンク

甘酒にはさまざまな効果があります

 

甘酒の栄養

まずは甘酒の栄養素についてご説明いたします。甘酒には「ビタミンB」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「食物繊維」「葉酸」「オリゴ糖」「アルギニン」「システイン」「グルタミン」などが含まれており、また大量の「ブドウ糖」も含まれていますので、栄養成分が似ているため「飲む点滴」と言われています

 

そのため、暑い夏の時期に熱中症になったり、食欲がなくなったりした方にもおすすめの飲み物です。

 

夏バテ予防やダイエット

甘酒は風邪予防として広く知られていますが、実は風邪だけでなく夏バテにもとても効果があります。その理由は甘酒に含まれる「ビタミンB群」が糖分をエネルギーを変換してくれ、消化酵素が消化吸収を助け回復力を強くしてくれるからです。また「ビタミンB群」が脂質の代謝を促進してくれるので脂肪の燃焼をしやすくしてくれます。

 

便秘の改善

甘酒は便秘の改善にも最適で便秘に効果のある成分の「食物繊維」や「オリゴ糖」が多く含まれているので、腸内環境を整えてくれますから、腸の動きが良くなり便秘が解消されます。

 

美肌・美白・保湿・活性化の効果と美しい髪に

甘酒はニキビなどの引き出物を予防する効果があります。その他「コウジ酸」の力で、シミの原因になる「メラニン生成」を抑制し、シミやくすみ美白に効果があります。

 

「ビタミンB2」は皮膚や粘膜の保護もしてくれるので保湿に効果的です。「ビタミンC」はコラーゲンを作るのに大切でそのビタミンCの働きを助けるのが「パントチン酸」です。そのパントチン酸が甘酒には多くコラーゲンを生成を助けるだけでなく、紫外線から肌を守ってくれます。

 

またビオチンが健康的なハリのある肌にしてくれ、9種類の「アミノ酸」が入っている甘酒は乾燥からも守ってくれるなど、甘酒には美肌成分も多く含まれているので、甘酒は美容に良い飲み物です。一部化粧水や乳液などにも甘酒が入ったのもありますが、直接肌に塗るのも効果が出てきます。

 

上記でもご説明した「コウジ酸」は美肌の他に頭皮にも効果的で、頭皮を若返らせて美しく健康的な髪を作るのにも使われることがあります。

 

アンチェイジング(若返り)と睡眠

100種類以上の酵素を代謝に回すことで、細胞の入れ替えや修復がスムーズにいくためアンチェイジング(若返り)効果も期待されています。

 

また甘酒には清酒酵母が含まれているので「アデノシン」という物質を活性化させることで良い睡眠をとることが出来るので、睡眠不足などでお悩みの方におすすめです。ただし、清酒酵素は「酒粗から作った甘酒」にだけ入っているので、酒粗から作られた甘酒をコップ1杯、眠る前1~2時間前に飲むと一番効果が出やすいです。

 

高血圧

米こうじで作った甘酒には「アンジオテンシン【1】」という「アンジオテンシン【2】」に変えてしまうのを米こうじが防いでくれるので、塩分の排出を助けてくれ、高血圧を防いでくるので予防になるほか、今高血圧でお悩みの方にも効果があります。朝、皮ごとすりおろした生姜を常温か冷まして飲むのが効果的です。

 

妊婦さんや産後に

甘酒にはアルコールが入っておらず、ぜひ妊婦さんに飲んでいただきたいです。また、産後も助産婦さんが勧めるほど、母乳にも大切な役割をしてくれます。体が冷えてしまうと血流が悪くなり、血液のめぐりが悪いと母乳が作られにくくなります。なので甘酒を温めて飲むことにより体も温まり、栄養補給にもなり母乳を作るのに大変役立つのです

スポンサーリンク

甘酒ダイエットが話題に

 

甘酒にはアルコールが入っていない

なぜ、甘酒がダイエットに効果的なのか、それは甘酒にアルコールが殆ど入っていない(1%ほど)のもひとつの理由です。甘酒は酒粗や豆乳、玄米などを材料として作っているのでアルコールがかなり少なく、アルコールが苦手な方や子どもさんにも飲めるものとなっています。とくにアルコールが少しでも苦手だという方は米こうじから作られたものを使って甘酒ダイエットを行うと良いでしょう

 

甘酒は満腹感を得られる

最近では甘酒はダイエットに効果がると知られており、甘酒に含まれている「ブドウ糖」が血糖値を上昇させ満腹感を得られ、間食やご飯の量を減らしてくれますので、中性脂肪も減らせます。食物繊維も豊富なので便秘の改善にも良いです。

 

甘酒ダイエットにおける摂取方法をご説明いたします。まず飲む時間ですが、これは朝がおすすめで朝食代わりにコップ1杯分の甘酒を飲みます。そうすることで満腹感も出て余分なカロリーを減らすことが出来るのです。しかし絶対に朝食でないとダメなことはありませんので、自分に合う時間飲むのも良いでしょう。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ