Sponsored Link

痛い!舌を噛んだ時の対処法【治らない口内炎治療も詳しく解説】

<監修医師 豊田早苗>

5

うっかりと舌を噛んでしまい痛い思いを経験したことがある人、けっこういるかと思います。

 

「この痛み、何とかならないものか」とひとりで悶絶していませんか?

 

今回はそんな痛くて仕方がない、舌噛んだ時の対処法についてお伝えします。

 

治らない口内炎治療も詳しく解説しますので、口の中のトラブルにお悩みの方はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク
 

痛い!舌を噛んだ!噛みやすい人は要注意

 

舌を噛んだ場合の一番の問題といえば、やはり「何をしてもしなくても痛い」という点です。

 

舌を噛んだ箇所が治るまでは、食事や会話の度に痛みがぶり返します。

 

また舌を噛んだ場所から細菌感染を起こし、炎症を引き起こす可能性もあります。

 

さらに舌を噛んだことが原因で咀嚼に支障をきたしたり味覚障害のように味に関する感度が落ちるだけではなく、

 

舌を噛むという行為が慢性化し悪化すると舌ガンを発症することもありえます。

 

非常に稀ですが舌の癌を発症すると流動食しか摂取できなくなったり、生活が不自由になってしまいます。

 

もしも舌を噛みやすいクセがついてしまっている人は要注意なんです。

スポンサーリンク

癖ではなかった!舌を噛む7つの原因

 

舌を噛むクセがつくと扁桃腺など他の部位の不調をよんだり、逆に別の疾患が原因で舌を噛んでしまう場合もあります。

 

うっかり舌を噛んで流血沙汰になる前に、まずはその原因を知りましょう。

 

注意散漫

外国語の習得で舌の使い方がいつもと異なり戸惑った経験はありませんか。

 

いつも何気なく使用している舌ですが、実はとても複雑な動きをしているのです。

 

そのため食事中に別の作業をしていたり、話に夢中になったりと注意力が散漫になると舌を噛みやすくなります。

 

テレビに夢中になってしまい、食事中に舌を噛んでしまったことはありませんか?

 

口の中への注意力が低下した結果、舌を噛みやすくなってしまったのです。

 

意識しすぎ

注意散漫とは真逆で「絶対に噛まないぞ」と気負うことで逆に意識しすぎて舌の動きがぎこちなくなってしまい、結果的に舌を噛みやすくなることがあります。

 

「何度も同じ場所を噛んでしまう」という人は、意識しすぎて同じ場所を噛んでしまっている可能性があります。

 

体調の変化

身体に不調があると、実は舌に変化が起きます。

 

長時間の立ち仕事の後に足のむくみを感じたことがある人もいるかと思いますが、舌もむくむのです。

 

むくみが起きる原因は体内に水分が不必要に溜まってしまったことです。

 

またストレスや疲労によって体調不良を起こした場合も舌を噛みやすい状態となります。

 

更に胃腸など消化器系の不調は口内の衛生環境を悪化させる要因ともなります。

 

口の中の環境が悪いと口内炎ができやすくなります。

 

口内炎は舌にできる場合もあり、気にしすぎて舌を噛んでしまう場合があるのです。

 

肥満

太っている人も実は舌を噛みやすい体系なんです。肥満ないし体重増加傾向の場合、口の中にお肉がついてしまいます。

 

口の中が圧迫された分、舌を噛みやすい環境になると言えます。

 

かみ合わせ

むし歯や様々な原因で口の中の治療を行った場合、かみ合わせが変わることがあります。

 

また口の中に違和感を感じて歯軋りを繰り返してしまうこともあります。

 

このような場合、いつもと異なる口の中に対応できず、うっかり舌を噛んでしまうのです。

 

さらに頬杖や指をしゃぶるなどのクセがある場合、下顎が十分に成長することを阻害する傾向があります。

 

口内の衛生環境や下顎の発育にまつわるクセが原因となり、舌を噛みやすくなってしまいます。

 

筋力低下

むし歯などかみ合わせに異変が起きなくても、加齢と共に筋力が低下することで慣れ親しんだ口の中の環境が変化し、舌を噛みやすくなることがあります。

 

また筋力低下は年齢のせいだけではなく、疲労が溜まっている状態でも反応が鈍くなり舌を噛みやすくなります。

 

更に筋力不足は、実はビタミンB12不足でも引き起こされます。

 

ビタミンB12が不足すると神経の一部がうまくはたらかなくなり、筋肉にうまく信号が伝わりにくくなるため、舌の動きがぎこちなくなり噛んでしまうのです。

 

病気

病気が原因で、何度も舌を噛んでしまう確率が上がることがあります。

 

舌の動きを制御する脳神経に問題が起きたり、唾液腺が詰まったせいで口の中が乾燥して舌が動きづらい状態になり噛んでしまうことがあります。

スポンサーリンク

生活改善で舌を噛まない対策ができる

 

舌を噛んでしまう原因について説明しましたが、原因の大部分は生活改善で舌を噛まない対策ができます。

 

具体的にはどんな改善策があるのか解説します。予防の参考にして下さい。

 

口の中の衛生を守る

むし歯や歯周病といった口の中のトラブルで舌を噛みやすくなるので、まずは口の中の衛生環境を守りましょう。

 

歯磨きはもちろん、舌磨きやうがいといった口内洗浄も欠かせません。歯茎から出血しやすい硬い歯ブラシを柔らかいものに変えるだけでも効果があります。

 

ゆっくり食べ、しっかりと咀嚼することで舌を噛まないだけではなく口の中のトラブルを減らすこともできます。

 

かみ合わせがうまく言っていない場合は、かみ合わせ治療も効果的です。

 

免疫力を高める

口内の衛生環境が悪いままだと口内炎ができやすくなり、舌を噛みやすい状態になります。

 

口内の環境を悪化させる原因の1つに「免疫力の低下」が挙げられます。

 

免疫力は体調が万全でない場合に下がりやすくなるものです。

 

まずは疲労やストレスを溜め込まないようにして、適度な睡眠を確保するようにしましょう

 

生活リズムを整えることは自律神経の乱れを整え、免疫力を高める効果が期待できます。

 

これらの生活態度を改善するだけでも、免疫力の向上に大きな影響を与えることができます。

 

姿勢を改善する

筋力の低下やかみ合わせが悪いために舌を噛んでしまう確率が上がると説明しましたが、顎があるべき場所にない「顎関節症」も舌を噛みやすくなる原因の1つです。

 

上あごと下あごがずれていれば、かみ合わせだって合わなくなります。

 

かみ合わせや顎の位置を矯正するためには、普段から正しい姿勢を保つことが重要です。

 

猫背やO脚などバランスの悪い姿勢ばかりとっていませんか?

 

姿勢が悪いと腰痛など別の疾患も発生してしまいますので、早めに改善するようにしましょう。

 

よく噛む

食生活の乱れや食事の際の注意力散漫は舌を噛みやすくなる原因の1つです。よく噛んで食べると「食べる」という行為に集中するため、うっかり舌を噛んでしまう場面を減らせます。

 

また舌が滑らかに動かないせいで舌を噛みやすくなることがありますが、よく噛むと筋力が鍛えられるために顎周りの筋力低下を防ぐことができます。

 

さらにはダイエット効果もあり、十分な栄養を確保しつつ満腹感も得られます。

スポンサーリンク

舌を噛んだ時の4つの対処法

 

舌を噛んでしまった場合は、以下の対処法をお試し下さい。

 

止血

舌を噛んだ場合、真っ先に確認しておきたいのが「出血したかどうか」です。

 

出血していない場合はしばらく痛みを我慢すれば後は自然と治ることが多いので心配いりません。

 

なぜなら口の中は唾液に常に晒されているため、他の身体各部よりも治癒速度が速い場所だからです。

 

しかし出血してしまった場合は、可能な限り止血しましょう。止血は圧迫止血を行います。

 

指を綺麗に洗ったら、清潔なガーゼを巻き付け出血した部分をそのままおさえます。

 

血が止まるまでは大体20~30分かかりますが、しっかり圧迫できていればその後再び出血が起きる確率は低いです。

 

ただし口の中をすっきりさせようとうがいをしてしまうと再び傷口が開く可能性がありますので、しばらくは口をすすぐのは我慢しましょう

 

圧迫して30分過ぎても止血の効果がない場合は、速やかに医療機関で診察を受けます。口腔外科か歯科が適しています。

 

薬物療法

派手に出血はしていないものの血が滲んでいたり、化膿したり、噛んだ場所が口内炎になった場合は口内炎用の薬の服用が効果的です。

 

ただし舌は薬が流れやすい場所なので、薬を塗った上から清潔なガーゼを当てておくと効果を持続させることができます。

 

薬を塗る前に歯磨きは済ませてしまった方がより効果的です。

 

口内が不衛生だと治癒スピードも落ちるので、可能な限り治療の前に歯磨きをして口内の衛生環境を回復しておいた方がいいです。

 

炭酸ガスレーザー

レーザー光線を患部に照射することで止血及び痛みの軽減効果が期待できます。この治療方法を炭酸ガスレーザーと呼びます。

 

どの病院でも受けられる治療方法とはいえませんので、事前に医療機関に問い合わせて治療が受けられる場所を探して置いた方がいいでしょう。

 

レーザーを照射する前に麻酔を患部に塗るので、ほとんど痛みは感じません。炭酸ガスレーザーでの治療を受けると、何もしなかった場合よりも治癒スピードはアップします。

 

生活改善

生活改善は舌を噛むクセをなおすのに効果的ですが、万が一舌を噛んで怪我をしてしまった場合の治癒スピードを上げるときにも重要になってきます。

 

まずは睡眠をしっかりとり、免疫力が落ちないようにしましょう。

 

舌が痛いと食事も大変でしょうが、サプリメントでも良いので可能な限りビタミンB2やビタミンB6といったビタミン類をバランスよく摂取します。

 

ビタミンは傷ついた粘膜の修復に寄与する効果があります。噛んだ舌の治癒に一役買ってくれます。

 

ビタミンを豊富に含む食品としては牛乳・ハチミツ・卵・納豆・うなぎが挙げられます。

スポンサーリンク

長引く痛み!口内炎の5つの種類

 

舌を頻繁に噛むと、口の中に異変が起きます。最も多いのが「口内炎の発生頻度が上がる」ということです。

 

しかし一口に「口内炎」とよんでも、口の中だけにある原因で発症する原発性口内炎と、全身に原因がある症候性口内炎に分けられます。

 

さらに口内炎はその原因から5種類ほどに分類されます。それぞれの原因が異なるため、治療方法も変わります。どんな種類が存在するのか口内炎についてくわしく解説します。

 

アフタ性口内炎

「アフタ」とは、口の中に白色や黄色の膜に覆われた部分とその周囲を囲む赤い部分で形成される小さな腫瘍を指します。境界線がハッキリと分かるため、すぐに判別がつきます。

 

このアフタが数多くできて粘膜炎もいっしょに見られる状態をアフタ性口内炎と呼びます。口内炎の中で、最も発症するケースが多いといわれています。

 

口の中の粘膜であればどこにでもできるので、頬の内側や舌はもちろん唇の裏側や歯茎にもできます。食事の度に食べ物がしみて痛みを感じる厄介な存在です。

 

ただし放置しても1~2週間で自然治癒し、傷跡も残りにくいです。アフタ性口内炎ができる原因についてはさまざまな要因がありますが、最も大きいのが「免疫力の低下」です。

 

どんなタイミングで免疫力が低下してしまうかというと、「ストレス」「疲労」「食生活の乱れ」「睡眠不足」など生活習慣に左右されることが多いです。

 

また女性の場合は生理や妊娠などでホルモンバランスが崩れやすく、免疫力が崩れる要因ともなります。

 

また別の疾患の発症により体調が崩れ、アフタ性口内炎ができやすい体調になることもあります。

 

予防のためには口内の衛生環境を整え、生活習慣の乱れを整えることが重要になります。

 

カタル性口内炎

口内の粘膜が赤く腫れ上がる炎症が起きるのがカタル性口内炎です。

 

一部分がぷっくりと腫れるというより、口内全体が赤く腫れて荒れた状態になるため、口内炎の一種だと気がつかない人も多いです。

 

症状が悪化すると口の中が粘っこく感じ、普段以上に口臭が気になるようになります。

 

また口の中が腫れるために味覚が鈍麻し、まるで味覚障害のような状態に陥りやすくなります。

 

また刺激物を食べるといつも以上に鋭い痛みを感じやすくなります。カタル性口内炎の原因も、アフタ性口内炎と同じく免疫力の低下が関与します。

 

また精神的な原因よりも、刺激物を摂取したり口の中を怪我した場合に発症しやすい口内炎でもあります。

 

そのため歯科治療の一環で矯正器具を入れたり、入れ歯を使用したり、熱いものを食べて火傷した場合などにカタル性口内炎は起きやすくなります。

 

つまりカタル性口内炎の治療や予防のためにも、まずは口内の衛生環境を守り虫歯など歯科治療が極力必要ないように努めます

 

うっかり熱いものを食べた場合は刺激物を食べるのは避け、塗り薬などでまずは怪我を治療するようにしましょう。

 

風邪や病気が原因だと思われる場合は、まずはゆっくりと休養を取り、治療に専念します。

 

ヘルペス性口内炎

激しい痛みと共に、口内に無数の水疱ができる症状をヘルペス性口内炎と呼びます。

 

これはヘルペスウイルスに感染して起きる感染性の疾患で、感染すると潜伏期間を経て発症します。

 

痛みと水疱だけではなく、高熱やリンパ腺が腫れる症状も出ます。

 

ヘルペス性口内炎は生後6ヶ月くらいからの乳幼児が感染しやすく、その後成長してからも体内にはヘルペスウイルスは潜伏を続けます。

 

そのため体調を崩したときなど、免疫力が下がった場合に発症することもあります。

 

1度感染するとなかなか消えないため、症状が現れた場合は早めに医療機関で治療を受ければ発症から10日以内には治せます。

 

ヘルペス口内炎は、人から人へ移る感染症ですので、感染を防ぐためには唾液などがつかないようにタオルや食器の取り扱いには注意し、身の回りの衛生状態に気を配りましょう。

 

カンジダ性口内炎

カンジダという真菌に感染し、口の中で増殖したことで発症するのがカンジダ性口内炎です。

 

症例は粘膜の上が白い「偽膜性カンジダ症」、粘膜の上が赤く腫れる「委縮性カンジダ症」、くり返し発症することで粘膜表面が肥大化する「肥厚性カンジダ症」などがみられます。

 

痛みはほとんどありませんが、味覚が鈍くなり悪化するとしびれや口の中の違和感を感じるようになります。

 

カンジダ菌そのものはほとんどの人がすでに感染しており、異様に増殖したときにだけ症状が現れます。

 

抵抗力の弱い人が発症しやすく、病人以外にも乳幼児や高齢者、妊娠中の女性なども該当します。

 

治療には病院で処方される抗真菌薬が有効ですが、カンジダ性口内炎が発症する場合、なんらかの身体の異変の表れであるおそれもあります。医療機関できちんと診察を受けましょう。

 

ニコチン性口内炎

口の中の上部粘膜に赤い発疹ができ、白く変化した後に肥大化します。これは喫煙によるニコチンの摂取が原因で起きる口内炎です。

 

自覚症状は殆どありませんが、放置しているといずれ食べ物やちょっとした刺激で炎症部分がしみるようになります。

 

またニコチン性口内炎は癌の発症率を上げるともいわれており、長い目で見れば健康に害を為すと言えます。

 

原因については、喫煙により口内で軽度のやけどが起きたり、有害物質が口内に付着することで衛生環境を守れなくなるためと考えられます。

 

タバコの量を減らすか禁煙するしか予防する方法はありません。

スポンサーリンク

治らない口内炎は薬で治療しよう

 

ほとんどの口内炎は自然治癒で跡も残りません。しかし原因によっては、薬で治療した方が早く治り痛みも軽減できます。

 

口内炎の治療薬には何があるのか用途別に解説します。

 

塗り薬

患部に直接薬を塗って治すタイプです。ステロイド成分を含む軟膏がメインとなります。

 

口腔内全体に症状が出るタイプの口内炎には向きませんが、ピンポイントで出現する口内炎にはとても有効です。

 

代表的なお薬としては「ケナログ」「トラフル軟膏」「アフタゾロン」「デンタルクリーム」が挙げられます。

 

塗り薬は患部に直接作用するので効果は抜群ですが、常に唾液に晒されるため成分が流れ出しやすいのが難点です。

 

塗り薬で口内炎に対応する場合は、まずは歯磨きを行って口内を清潔にしてから薬を塗布し、清潔なガーゼで覆っておきましょう。

 

1日に2~4回ほど繰り返すことになりますが、食後に行うのが便利です。

 

ただしステロイドを含む塗り薬は、ウイルスやカンジダ菌を原因とする口内炎には逆効果になります。

 

なおケナログにはジェネリックである「オルテクサー」があります。価格はほとんど差がありませんが、苦味が若干薄いため「軟膏の味が苦手で口内炎の薬が使えない」という方にはおすすめです。

 

またステロイドは副作用が心配な方も多いかも知れませんが、口内炎用の軟膏は再生力を高めるのに十分な量が配合されており、体調を崩すほどの量は含まれていません。

 

それでも心配な方は、市販薬で解決するのではなく、医師に相談して処方箋を貰った方が確実です。

 

スプレー式・貼り薬

スプレー式の薬は、手や綿棒がなかなか届きにくい厄介な場所にできた口内炎に便利です。

 

また貼り薬はパッチ式なので、塗り薬の「流れやすい」という欠点をカバーしてくれます。

 

おすすめの市販薬としては「トラフルダイレクト」「クールスロート」が挙げられます。病院の処方薬としては「アフタッチ」や「アフタシール」が挙げられます。

 

内服薬

直接患部に働きかけるわけではありませんが、身体そのものにはたらきかけて粘膜の回復や口内炎を再発させない体調つくりには内服薬が効果的です。

 

主な成分はビタミンB群で、抗炎症作用を含む内服薬もあります。

 

抗炎症薬として効果を発揮するのはトラネキサム酸やアズレンスルホン酸Naを含む薬です。またビタミン薬である「チョコラBBプラス」も身体の内側から口内炎の原因を解消してくれる薬です。

 

洗口液

口内の清潔さを保つことで、口内炎の治りを早くしようという点では「洗口リンス液」は効果があります。うがい薬でも消毒の効果があります。

 

ただし口の中に傷ができたことが原因で発症した口内炎には逆に症状を悪化させるおそれもあります。

 

口内炎を洗口液で治そうとするよりは、予防法として口内の清潔を保つ目的で使用した方が安全です。

 

ガムも効果的ですが、肥満などが原因で舌を噛みやすい場合はこちらも舌を噛みやすくなって逆効果です。注意しましょう。

 

舌先をうっかり噛んでいたい思いをしたことがある方、もしかしたら偶然ではなく身体からのSOSだったのかもしれません。

 

今回の記事を参考に、舌を噛んだら適切に対処しましょう。口内の衛生環境チェックに関しては、1度歯科医師に相談した方が確実です。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ