Sponsored Link

諦めないで!歯茎が下がるのを3つの治療で戻す事ができる!

1

「8020運動」をご存知ですか?これは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

平成元年から厚生労働省と歯科医師会が提唱し、運動を続けています。

 

そんななか、最近は若い人でも歯茎が下がり、歯そのものの健康が低下してきています。

歯茎を丈夫にするには、どんなことが必要なのでしょうか?

スポンサーリンク
 

20代でも増加している!歯茎が下がる原因

 

歯茎が下がる原因とは、いったいなんでしょう?

2

加齢

年を重ねるごとに、体のいたるところで衰えが出てきます。

歯茎もその一つ。下がるスピードは10年に2mm程

 

この下がり方は、平均値なので、口腔内の環境が悪いと、もっと下がる人もいます。

 

オーバーブラッシング

あなたは普段、どんな歯磨きをしていますか?

汚れが気になって、“ゴシゴシ”歯を磨いている人は要注意!

 

その磨き方が、歯茎を下げている原因のひとつです。

本来歯磨きは虫歯菌の固まりを破壊し、細菌を歯の表面から除去することが目的です。

 

ゴシゴシ歯磨き(オーバーブラッシング)を行うと、細菌だけでなく歯茎を傷つき、弱らせてしまう原因になります。

 

歯ブラシの毛先がすぐボサボサになり、変えるタイミングは早い人はオーバーブラッシングの可能性が高いです。

 

また、オーバーブラッシング以前に、夜、歯を磨かないのは言語道断!

虫歯菌や歯周病菌を増やし、歯茎が下がるのに拍車をかけてしまいます。

 

歯周病

一番の原因は「歯周病」です。

最近の歯磨き粉でも虫歯ではなく歯周病に特化したCMを多く見かけるようになりました。

 

歯周病とはどんな疾患なのでしょうか?歯周病にかかると、歯茎に歯肉炎が起きます。

 

歯肉炎が起こると歯と歯茎に隙間ができ、そこにプラーク(歯垢)が溜まります。

プラークが溜まると、どんどん炎症が進み、次第に歯茎が歯を支えられなくなります。

 

最終的には歯が溶けたり、抜け落ちてしまいます。

歯周病は日本人の約8割がかかっていると言われています。

【関連記事】
歯肉炎の症状チェック!【痛みの治療法も確認してみて】

 

かみ合わせ

かみ合わせも歯茎を下げる原因のひとつです。噛み癖がついて、いつも同じ側の歯で噛んでいる。

など、一部の歯が強く噛み合わさっている場合、他より強い力がかかり、歯茎が痩せていきます。

【関連記事】
顎関節症の簡単な治し方!えっ自宅で治せるの?

 

また、歯ぎしりでも、極度な力が歯茎に悪影響を及ぼし、歯茎を下げています。

スポンサーリンク

歯茎が下がるのを戻す治療方法

 

一度下がってしまった歯茎をもとに戻すのは容易ではありません。

しかし、“ない”というわけではありません。下がってしまった歯茎を治す治療方法を紹介します。

3

遊離歯肉移植

歯を支えている歯肉。歯肉には歯に付着している部分(付着歯肉)と付いていない部分(遊離歯肉)があります。

 

この遊離歯肉は頬などが動くと一緒に動きます。

歯周病などで歯周ポケットが開いていると、遊離歯肉の動きでポケットを広げ、細菌が入りやすくなります。

 

そのため、歯茎の健康を維持するには、付着歯肉がしっかり歯についていることが大事です。

 

遊離歯肉移植とは、口の一部から上皮のついた歯肉を切り取り、歯の根の周りに移植します。そして、付着歯肉を獲得する方法です。

 

結合組織移植

こちらの移植方法は、歯茎が痩せている、歯茎が薄い、歯が抜けてしまっている状態に適応します。

 

口の一部の歯茎を取り、これらの状態の歯茎に移植する方法です。

歯の根元が露出しているのを治療するのに有効な治療方法です。

 

咬合調節(こうごうちょうせい)

歯茎が下がる原因が、噛み合わせの悪さだった場合。

歯茎の治療だけではなく、噛み合わせの調節を行うことがあります。

 

噛み合わせの調整は2つ。歯と歯茎を引っ張り上げる「エクスとルージュ」。隣の歯の歯茎を移動する「歯肉弁側方移動術」があります。

スポンサーリンク

歯茎が下がりの対策方法

 

歯肉が下がっても、移植手術などで歯肉は戻せることがわかりました。しかし、どの方法も手術で大掛かり。

 

また、歯科の治療は基本的に医療保険が使えません。

お金をかげず、歯茎が下がるのを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

4

正しいブラッシングを取得

歯茎が下がる一番の原因は「歯周病」。その歯周病を防ぐには正しいブラッシングを行うことです。

 

歯ブラシはペンを持つように持ちます。歯と歯茎の間に沿わせ、細かく小刻みに歯ブラシを動かし、歯を磨いていきます。

 

このとき、余計な力を入れず、ゴシゴシと磨かないように気を付けましょう。

特に、歯周病菌は唾液が少なくなる夜間に増えます。特に夜と朝の歯磨きは歯磨きを習慣づけましょう。

 

歯ブラシ選び

ブラッシングの仕方と共に重要なのが、歯ブラシ選び。

歯周病を防ぐには、「柔らかい」「ヘッドが小さい」歯ブラシが適しています。

 

また、歯ブラシを変える目安は1~2か月。見た目でブラシが広がっていなくても、傷んでいます。

傷んだブラシでは、歯を傷つける原因にもなるので、こまめな交換が良いでしょう。

 

歯に必要な栄養素を摂取する

歯茎で支えられている歯(歯槽骨)に必要な栄養素を摂取することも、歯茎の健康を保つ一つの方法です。

必要な栄養素はカルシウム・ミネラル・コラーゲン・ビタミンCです。

 

いかがでしたでしょうか?歯を支える歯肉は、手術によって治療可能です。

 

しかし、手術までいかないためにも、日々のブラッシングがとても重要になります。歯茎が下がるのを防ぎ、健康を維持しましょう。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ