Sponsored Link

頬の毛穴の開きを治す4つの裏技【キュッと締まった肌へ改善】

<監修医師 まっちゃん>
1

若い頃はそれほど気にならない方も多いかもしれませんが、加齢とともに小鼻だけでなく頬の毛穴の開きが気になるようになると思います。

毛穴についてまとめ引き締め効果のある対策を以下に解説しますので、年齢のせいだと諦めず引き締まった毛穴を手にできるよう正しいケアを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

頬の毛穴が開く理由

 

肌のたるみ

乾燥や筋力低下により起こります。乾燥や加齢とともに肌の真皮に含まれているコラーゲンやエラスチンが減少することで、肌のハリが失われたるみを引き起こします。これにより皮脂や汚れによって開いた毛穴が楕円形状になります。

 

乾燥による脂の過剰分泌

乾燥状態になると、肌は皮膚の内側から水分を蒸発させて補おうとします。このときセラミドなどの細胞間脂質が不足していると水分を保持できません。

 

水分がないため皮脂分泌で代用しようとするため、乾燥による脂の過剰分泌が引き起こされます。余分な皮脂により毛穴が拡がります。また毛穴や皮膚の表面に溜まっている汚れや角質が皮脂と混ざり酸化し、黒ずみの原因となります。

【関連記事】
目の周りが乾燥する3つの原因!【このケア方法試してみて!】

 

ターンオーバー

皮膚は約28日を周期に生まれ変わっており、これをターンオーバーといいます。

 

加齢によりだんだんとターンオーバーが正常に行われなくなると、乾燥しやすくなります。また、毛穴の汚れや皮脂の他、乾燥して古い角質が剥がれ落ちないため正常に排出できず汚れが蓄積され毛穴詰まりの原因となります。

 

遺伝

毛穴の大きさやホルモンバランスなどは遺伝するといわれています。男性ホルモンの分泌が多い方は皮脂腺が発達しやすく毛穴も大きくなることが多いです

スポンサーリンク

間違ったケアは毛穴の開きを悪化させる!

 

肌の洗いすぎ

毛穴の汚れを取ろうと洗顔をしすぎてしまうことで必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥を引き起こします

また熱いお湯で洗ってしまうと毛穴を一気に拡げ、さらに水分も急速に奪われるため乾燥肌の原因となります。

 

ピーリングのしすぎ

肌のターンオーバーを促進できるため角質ケアには重宝しますが、無理やり角質を剥がす行為であるため皮膚が厚くなる危険性があります。そうなると毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

 

あぶらとり紙の使いすぎ

あぶらとり紙を過剰に使用すると、必要な皮脂までも取り去ってしまうことがあります。ある程度の皮脂は水分の蒸発を防いだり、肌の表面上で悪い菌が増殖しないように働く役割があるため、使いすぎにはくれぐれも注意が必要です。

 

毛穴パックのしすぎ

毛穴パックにより角栓だけが取り除くことができれば良いのですが、皮脂も同時に取り除かれます。その際に必要な皮脂まで奪われ乾燥を引き起こします

 

また、無理やり角栓を取ることで毛穴が開ききった状態になり、アフターケアをきちんとしなければ毛穴が開いたままになり、皮脂などの汚れと混ざると黒く酸化し余計に目立つようになります。

 

過剰なメイクで毛穴を隠す

毛穴を隠そうとファンデーションやコンシーラーなどを使い厚化粧してしまうと、毛穴に入り込んだ化粧品の脂分が皮脂と混ざり角栓を作り、さらに毛穴を拡げかねません。

 

毛穴に詰まった化粧品を落とすには強力なクレンジング剤が必要となるため、肌を乾燥させやすく悪循環となります

 

洗顔やクレンジングをしない

洗わないスキンケアが流行したこともあり、簡易的なクレンジングが多くみられますが、完全に落としきれていない化粧品は酸化され老化の原因となります。また、拭き取り化粧品はきちんと落としきれないだけでなく、汚れを毛穴に押し込んでしまう恐れがあります

 

化粧水のつけすぎ

過剰に保湿してしまうと、肌本来の潤いを保とうとする機能が低下します。そうなると、必要なときに皮脂が分泌されなかったり、水分保持がうまくできず、乾燥状態となります。

 

入浴やサウナ

入浴やサウナによって大量に発汗することで毛穴の汚れが出ていくと思われがちですが、毛穴の汚れは押し出されません

スポンサーリンク

毛穴の開きを改善しよう。4つの方法

 

洗顔を見直す

肌に負担をかけず潤いを逃さないことが大切です。乾燥肌の方であれば朝は水洗いのみにし、部分的に脂性肌の方は脂のある箇所のみに洗顔料を乗せて洗うと良いでしょう。

 

夜はホコリや化粧品などが毛穴に入り込んでいるためきちんとクレンジングをしたあと洗顔を行う方が良いでしょう。洗顔を行う際にはたっぷりの泡で肌に摩擦が起こらないようにし、ぬるま湯で流すことが大切です

 

きちんと保湿する

乾燥が原因で皮脂が過剰に出るという悪循環を防ぐため、洗顔後はきちんと保湿をしましょう。

 

ヒアルロン酸入りの化粧水で物足りなければ、セラミド配合のものを検討してみると良いでしょう。スキンケアは即効性の効果は低く、ターンオーバーの周期である28日を目安に継続することが大切です

ヒアルロン酸の効能についてくわしくはこちらを見て参考にして下さい。

【関連記事】
ヒアルロン酸の嬉しい効果まとめ【飲むだけじゃ意味がない?】

 

食生活を整える

毛穴は分泌する皮脂によって肌を保護する働きの他に、皮脂や汗とともに体内の老廃物を排出するデトックス機能を兼ね備えています。その働きを活かすには摂取する食べ物に気を配る必要があります。

 

偏った食生活を送るのではなくバランスよく食事を摂ることで身体が本来の働きを発揮できるのです

 

また女性ホルモンのエラスチンの減少によっても肌のたるみは引き起こされるため、これを補うために女性ホルモンに似た効果のあるイソフラボンを摂取するのも良いでしょう。

 

特に高野豆腐にはイソフラボンだけでなくエラスチンが多く含まれているためオススメです。たんぱく質とビタミンを合わせて摂ると体内でコラーゲンへと変わるため組み合わせも考えながら摂取するとさらに効果的です。

 

その他の美肌に効果のある食べ物についてはこちらを見て参考にして下さい。

【関連記事】
美肌に良い食べ物!【即効性を求めるならコレがおすすめ!】

 

表情筋を鍛える

意識的に表情筋を動かすことで毛細血管が刺激され、血行促進と新陳代謝の促進が期待できます。これにより肌の隅々まで栄養が運ばれ、たるみ予防に繋がります

 

スキンケアを行う際にマッサージを行うことも効果的です。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ