Sponsored Link

馴染めないで辛い。【原因を知って2つの対策を試してみて!】

<監修臨床心理士 鈴木崇弘>
3

子供や大人に関わらず、新たな場所や新たな人に合うことは少なからずあると思います。社会人であれば、職場や同期の人たちと馴染めないといったところでしょうか。

 

そんな時に馴染めないという話しをよく聞きます。馴染めない理由として、人見知りだから、性格が合わない、あんまり気の合いそうな人が居ないからといった理由をよく聞きます。

 

馴染むってどういうことなのでしょう。定義としては、人やグループの群れに自然と入っていけるということでしょうか。転職や中途採用だからといって、先輩や職場に馴染めない人も多く、孤立してしまいます。

 

人によっては、人に群れたくない、人間関係が面倒くさい、孤独が好きというという理由で、あえて馴染まない人もいると思います。今日はそんな馴染みたいのに、馴染めない人に向けて原因と改善方法を紹介していきたいと思います

スポンサーリンク
 

なぜ馴染めない?3つの原因

 

ではまず何故、馴染めないのかをどんな原因からか見ていきたいと思います。

 

人見知り

よく聞く言葉として、自分は人見知りだからと聞きます。そもそも人見知りとは自分からいうものなのでしょうか。

 

ひとつの定義としては、自分から話しかけないタイプの人を人見知りといいます。それによって、馴染めないことに繋がっていると思います。

 

大人数によるコミュニケーションが苦手、口下手なので会話に消極的になってしまう人が多いのです。

 

会話に自信がない

自分はおもしろくない性格で、人から話しがおもしろくない、つまらないと言われた経験から、自分から言葉を発する、会話に自信がなくなってしまうのが馴染めない原因でもあります。

 

少人数、大人数に関わらず、自分から会話をすることが出来ず、コミュニケーション不足となり、消極的になってしまうのです。結果、グループと馴染めていないとこになっていて、全てが悪循環となり、それが原因でうつ病になる人もいます。

 

人間が生きていくうえで、1つのコミュニケーションツールは会話のため、それに自信がなくなってしまうことで、うつ病などに発展することが多いです

 

嫌がられることをしている

自分の内気な性格が原因ではなく、よく喋るのに馴染めていない人もいます。それって理由を考えたときには、おそらく人に対して嫌がられることをしている、言葉を発しているのではないかと思われます

 

あなたの行動・言動が理解されずに、グループの中で浮いている存在になっているかもしれません。

それについて次の項目で詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

嫌われる言動繰り返してない?

 

内気でもないのに、グループに馴染めない人っていますよね。グループに馴染めないのは、環境やあなたの性格ではなく、あなたの言動が理由ということは考えたことがありますか?

 

人とのコミュニケーションで必要なのは、コミュニケーション能力です。1番のコミュニケーション能力は聞き手役が出来るかです。自分のことばかり話していませんか。自分の自慢話ばかり相手に話していませんか。

 

例えば、自分は昔こうだったというような武勇伝は基本的に人は聞きたくないと思います。コミュニケーションに必要なのは、一瞬のスピリチュアルなのです。

 

近所の人、学校の友達、などには口調を気をつけましょう。

スポンサーリンク

馴染めないときの改善方法を紹介

では実際に馴染めないときはどうしたらよいのか改善方法を見ていきたいと思います。

 

自分から話しかける

自分から話しかけるというのは、重要です。職場の方であれば、仕事の話しだけでなく、普段の気になる会話なども織り交ぜて自分から話しかける必要があります。

 

相手がどう思うか分かりませんが、自然とニュースの話しや、最近起こった出来事などをネタにして自分から話しかけるよういしましょう。自分から誰かに話しためにネタ探しをすることは重要です

 

今ではどこからでも情報が入る時代です。テレビを見ていても頭に自然と入るように意識しましょう。ネットであれば、多くの情報があふれているので、自分だけの情報を相手に伝えられるかもしれません。

 

挨拶、お礼をいう

実は1番簡単に出来る方法があります。それが挨拶です。これは自然と誰でも出来ることができます。

 

挨拶をしたいときに、ただ頭をさげるだけの人と、しっかりと声に出して言う人では印象が違います。言葉を交わすことで、その後の会話に繋がる可能性があります。言葉を発しなければ実は何も始まりません。これ以上に簡単な方法はないと思います。

 

あとは、お礼をいうようにしましょう。自分に対して何かをしてもらった時は、相手に誠意を見せるという意味で必ず声にだして、ありがとうございますと感謝の気持ちを伝えましょう。

 

挨拶、お礼というのは、コミュニケーションとして1番簡単な接触方法だと思います

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ