Sponsored Link

フロモックス100は膀胱炎に効く?副作用が出やすい人とは!

<監修薬剤師 T.Nagao>
4

膀胱炎は、実は非常にポピュラーな病気です。

膀胱炎の特徴上、女性の患者さんが圧倒的に多く、一生に一度はなるとまで言われています。

膀胱炎にも種類がありますが、ほとんどの人がかかる急性膀胱炎は薬を飲むことで治すことができます。

今回は、フロモックスという抗生物質がどのように膀胱炎に効くのか見ていきましょう!

スポンサーリンク
 

膀胱炎に効くフロモックス100の特徴

 

膀胱炎について

そもそも膀胱炎とはどういう病気なのでしょうか?

膀胱炎は、膀胱に細菌が入り込み、炎症を起こしてしまう病気です。

症状としては、頻尿、尿をした後に痛みがある、残尿感がある、尿が濁る、尿に血が混じるなどです。

 

膀胱炎の原因となる細菌は、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア属、プロテウス属、肺炎球菌、シトロバクター属、アクネ菌などです。

また、細菌は尿道から膀胱に入り込むため、尿道の短い女性の方がかかりやすい病気となっています。

 

膀胱炎というと恥ずかしがってなかなか病院に行けない方もいるかもしれませんが、放っておくとどんどん症状は悪化します。

できるだけ早めに病院で診察してもらうようにしてください。

また性病の中でも淋病はフロモックスでも症状が改善されることもあります。

もしくり返し泌尿器科系の症状が出る場合は膀胱炎以外の病気の可能性があるかもしれません。

5

フロモックス100について

フロモックス100は塩野義製薬が販売している抗生物質です。

膀胱炎だけでなく、細菌が原因の病気(腸炎、咽頭炎、中耳炎など)にも効きます。

 

フロモックス100は細菌の壁の合成を阻害する

さて、先ほどフロモックス抗生物質にもいろいろ種類がありますが、フロモックスはセフェム系と呼ばれるグループの薬です。

細菌が細胞の壁を作ることを阻害する作用を持ち、菌を殺したり菌が増殖したりするのを防ぎます。

 

ペニシリンによく似た効能を持ちます。また、比較的副作用が少なく安全性が高く、かつ様々な病原菌に有効なため各診療科で使用されています。

 

類似した抗生物質

フロモックスに成分や効能がよく似ている薬に、ケフレックスやメイアクトがあります。

これらも、セフェム系抗生剤と呼ばれる薬です。

また、ジェネリック薬品も出ていますので、気になる場合は医師や薬局で質問してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

フロモックス100はいつまで服用したら良いのか

 

フロモックスの服用のしかたと注意点

フロモックスは、通常、1日3回、1錠を食後に服用します。

この抗生物質は、体内に一定の濃度で保つことが重要です。そのため理想としては食事と食事の間、4~5時間の間隔をあけて飲むことが望ましいと言えます。

とはいえ、厳密には「何時間あけて飲む」という決まりはありません。

三食毎食後に、規則正しく飲むのが正しい飲み方です。

 

飲み忘れてしまったらすぐに1錠飲んでください。

もし飲み忘れてしまったまま次の食事の時間になってしまった場合は、2錠飲んだりせずに、1錠だけ飲むようにしてくださいね。

 

フロモックスはもらった薬は全部飲みきる

急性膀胱炎の場合、抗生物質が有効であれば、1〜2日で症状がおさまります。

効果時間は1~1.5時間ですが、抗生物質の性質上「治った!」とはっきり自覚するのは難しいでしょう。

また、4〜5日で治癒することもあるようです。

症状がおさまるのは1〜2日でも、完全に治るまで4〜5日かかるんです!

もし、あなたの症状が2日でおさまったとしても、薬を飲むのをやめないでください。

 

症状が軽くなっても、菌が弱まっているだけの可能性があります。

ここで薬をやめてしまうと、菌が息を吹き返して、病気が悪化してしまいます。

処方された薬を飲みきって初めて膀胱炎を完治することができます。

 

フロモックス100の服用方法については以下の記事でさらに詳しく解説しています。

【関連記事】
フロモックス100の風邪への効能!服用方法を間違えないで!

スポンサーリンク

フロモックス100の副作用に注意すべき人

 

フロモックスの副作用

先ほど、フロモックスは副作用が少ないと書きましたが、まったくないわけではありません。

主な副作用として、「発疹、蕁麻疹、かゆみ、発赤、紅斑、腫脹、発熱、関節痛、下痢、胃痛、吐き気、口内炎」などが報告されています。

アナフィラキシーショックが現れた特徴でもある「喘鳴、耳鳴り、口内の異常感、呼吸困難、血圧低下」といった症状には特に注意が必要です。

また急性腎不全が現れる場合もあるので、薬の服用中は定期的な検査を受けることが重要です。

 

また溶血性貧血や血小板減少といった血液の異常、出血性大腸炎や肝機能障害が起きる場合もあります。

肝機能障害は説きに黄疸といった症状を引き起こすこともあります。

 

以上の症状が出た場合は非常に危険ですので、すぐお医者さんや薬剤師の方に相談してください。

またフロモックスは重度のニキビ治療用に使用されることもあるため、「ニキビ予防に使いたい」とお考えの方のいらっしゃるかも知れませんが、医師の処方が必要な薬であり長期間の服用は身体に与える影響が大きすぎます。

ニキビ治療でフロモックスを使用する場合でも、「短期間で一気に治療する」ことが大前提となっています。

安易な使用はやめておきましょう。

5

こんな人は副作用が起きやすい

以下に挙げる人が副作用が起きやすい可能性があります。必ず主治医の方に相談してください。

 

セフェム系薬剤にアレルギーのある人

言わずもがなですが、もしセフェム系抗生物質にアレルギーがある人は絶対に飲まないでください。

 

ペニシリン系薬剤にアレルギーがある人

ペニシリン系薬剤に過敏なアレルギー反応示す方は、過敏症が発生するケースが報告されています。

 

高度の腎機能障害がある人

腎臓に持病を持っている方は、普段の薬との飲み合わせに注意が必要なケースがあります。

 

アレルギー性の持病のある方(喘息、アトピーなど)

アレルギー体質の方は、副作用が出やすいことがあります。

 

 高齢者の方

高齢者の方は副作用が出やすいので注意してください。

 

これまで、膀胱炎とフロモックス100についてご説明しましたが、実は膀胱炎にも種類があります。

急性膀胱炎や慢性膀胱炎(繰り返し膀胱炎になる病気)は抗生物質で治療できますが、間質性膀胱炎という、細菌が原因でない膀胱炎もあります。

【関連記事】
女性が血尿出る原因!痛みなしだと危ない?

血尿が出た男性はアノ病気が原因?痛みなしだと危険なの?

 

フロモックス100で症状が改善しない場合は、早めに専門医の診察を受けてくださいね。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ