Sponsored Link

ペラックt錠の2つの副作用!【この飲み合わせは危険です!】

<監修薬剤師 BlueP>
だるい

体調が悪くなった時・病気の時に出る症状は人それぞれです。頭痛・のどの痛み・関節痛・熱・などさまざまな症状がでます。

熱が出たときは風邪だということはだいたい察しがつきますよね。夏の場合は、熱射病や熱中症で熱がでることもありますが。しかしその他の体調不良の場合って何が原因か特定できませんよね?

頭痛なんて特に何が原因で出ている症状かなんて分かりませんよね。

 

目の疲れからくるときもありますし、女性であれば生理痛からも考えられますね。だいたいこんな時は痛み止めのロキソニンを飲みます。ロキソニンは痛みを抑える魔法の薬です。多くの痛みを抑えるのに効果があります。

 

でも今日は「ペラックt錠」を紹介させていただきます。

 

薬局とかに行くと販売しているので、みなさんにとっては身近な商品となります。今日はそんなペラックt錠の効果だけでなく、考えられる副作用も紹介していきます

スポンサーリンク
 

ペラックt錠の効果

 

ペラックt錠の効果としては、のどの痛みの原因となっている咽頭炎・扁桃炎・口内炎を治すのに効果があります。ではこの薬の特徴を紹介していきます。

 

炎症を抑える成分が入っている

のどの痛みの原因である炎症を抑えてくれるトラネキサム酸が入っています。この成分はのどの炎症やアレルギー症状が出ている場合に、体の中で異常増加している酵素を抑え、のどの腫れや痛みを和らげてくれます

 

もう一つの成分としてカンゾウ乾燥エキスが入っています。カンゾウエキスの中に含まれる主成分のグリチルリチン酸でのどの痛みの原因の炎症を抑えてくれます。さらに3種類のビタミンが入っています。ビタミンB6・ビタミンB2・そしてビタミンCナトリウムの3種類が入っており、粘膜の機能を正常にしてくれます。

 

眠くならない

薬を飲むときくとだいたいの薬が眠くなる成分が入っています。眠くなる成分というのが抗ヒスタミン剤です。しかしこのペラックt錠には抗ヒスタミン剤が入っていないため、眠くならないのです

また服用は大人だけでなく、7歳以上から服用も出来るので子供にも効果があります。

スポンサーリンク

ペラックt錠の副作用

 

ペラックt錠の効果については分かりましたね。のどの痛みにポイントを置いて効果があります。しかし、薬というものには弱点もあります。そう、副作用です。しっかりと副作用を理解したうえで服用していきましょう。

 

皮膚・消化器系の副作用

では主におこりうる副作用を紹介していきます。

皮膚におこる作用としては発疹・発赤・かゆみが起こります。消化器系におこる作用としては吐き気・嘔吐・胸やけ・食欲不振や消化器系に不快感も起こります。精神神経系ではめまいが起こります。

このような症状が現れた場合には、服用を中止して医師や薬剤師に相談してください。

 

また、ビタミンの影響で尿が黄色になることがあります。もし尿検査などを受ける場合には影響を与えてしまうので、先に服用していることを申し出ておきましょう

 

重大な副作用

症状として手足のだるさ・しびれが起きたら注意が必要です。また体に脱力感や少しずつ痛くなる筋肉痛といった症状が考えられます。このような症状が出てきた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

スポンサーリンク

ペラックt錠の飲み合わせに注意

 

薬で1番注意しなければいけないのが、他の薬との飲み合わせです。

現代はいろいろなサプリメントも出ているため、飲み合わせについてはしっかりと覚えておきましょう。

でも1番は医師や薬剤師に相談することです。大丈夫だろうで一緒に飲んでしまい、治すために薬を飲んだはずなのに、さらに悪化させるなんてつらすぎますからね。

 

一緒に飲んではいけないもの

甘草やその主な成分のグリチルリチンを含んでいる他の薬と一緒に飲むのはいけません。一緒に飲んでしまうと、むくみや血圧上昇となり、筋疾患を起こしてしまいます。

 

その他にもトラネキサム酸を含む薬は服用してはいけません。トラネキサム酸を含んでいる薬とは、鼻炎用の薬や解熱鎮痛剤などのことです。

 

一緒に飲んでも大丈夫なもの

一緒に飲んでも大丈夫なものも存在します。

併用可能な薬としては、ロキソニン・サジテン・アレグラです。ここでは主に市販薬を紹介しています。

何故服用が可能かというと、ロキソニン・サジデン・アレグラはペラックt錠と同じ成分が含まれていないので一緒に飲んでも大丈夫なのです

 

しかし、飲む方法や飲む量は必ず守ってください。飲み合わせが分からないときは薬剤師に相談しましょう。現在や薬局に行かなくてもドラックストア等にも時間帯によっては薬剤師が居ますので、分からないときは聞くのが1番です。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ