Sponsored Link

出っ歯を治す方法に驚き【えっこんなに短期間で治るの?】

<監修医師  みのり>
歯医者 

出っ歯を治すのには、長い時間がかかり、しかも子供のうちにやらなければならないイメージもあると思います。

実は大人でも子供でもできて、従来の半分ぐらいの時間で治す方法があるんです。既にあきらめていた方ももう一度出っ歯の治療について考えてみませんか?

スポンサーリンク
 

出っ歯になってしまう原因

 

出っ歯になる原因は、普段の何気ない習慣から起こるものもあるようです。原因を知り対策をとることも重要です。

 

指しゃぶり

小さい子供が指しゃぶりをするのはよいことです。しかし、それは3歳くらいまでの話で、4歳を過ぎても頻繁に指しゃぶりをしていると、上の歯が前方に押し出される力がかかり出っ歯になりやすくなります。急にやめることはなかなかできないので少しずつやめさせるのがコツです。

 

口呼吸

口呼吸による影響は様々なものがあり、出っ歯もその一つです。鼻で呼吸をしているときには舌を上顎の内側につけた状態です。

舌が下から上顎を持ち上げることにより上顎は上方に押し広げられます。しかし、口呼吸をしている時は空気の通り道を作る為に舌を下につけています。それにより、上顎が広がらずに前方に成長してしまい出っ歯になりやすくなります

 

下唇を噛む癖

下唇を噛む癖は出っ歯を助長します。下唇を噛んだ状態は、下の前歯が後方に倒れ上の前歯が前方に倒れる方向に力がかかってしまいます。癖になって長い間力がかかり続けると、上の歯が出っ歯になったりすきっ歯になります。下の歯が後方に倒れるので上下のかみ合わせにも良くありません

 

舌癖

舌の癖で、物を飲み込む際に舌が上の歯と下の歯の間に入るか舌を出す癖がある出っ歯になりやすくなります。通常は飲み込み時に舌は上顎にくっついていればよいのですが、歯と歯の間に舌が入ることで前歯を前方に押し出してしまいます

 

遺伝

歯並びは顔の筋肉によってもある程度変化します。顔の筋肉や骨格は、遺伝により傾向が似てくるので顔や体格が似ているように出っ歯も遺伝する可能性があります。

 

奥歯がない(歯周病・外傷など)

何らかの理由で奥歯をなくしてしまい、そのまま放置した時に起こります。奥歯がないとかみ合わせが合わなくなり、無意識にうまく合わせて噛もうとするうちに前歯がでてきてしまいます

スポンサーリンク

出っ歯を治すといいことがある!

 

出っ歯は、上顎前突症といいます。健康上の影響もありますが深刻な病気という認識は少なく、治療にあたらずにいる方もおおいのではないでしょうか?しかし、出っ歯を治療するメリットは実はたくさんあります。

 

第一印象

「人間は中身が大事」とよく言います。しかし内容が同じなら見た目の印象が良い方がより評価が上がる傾向があるのはどの世界でも共通ではないでしょうか。また、出っ歯がコンプレックスになっているようなケースでは改善したことで「自分に自信が持てる」ようになるといったメリットもあります。

 

虫歯になりにくい

出っ歯になると、前歯は口の外にはみ出るような格好になり乾燥しやすくなります。乾燥により、溶けた歯が再石灰化するのを妨げてしまうために前歯が虫歯になりやすいといわれています

 

歯周病

歯だけでなく、歯ぐきも乾燥することで危険にさらされます。歯ぐきが乾燥により腫れやすくなると歯周病が進行してしまいます

 

顎関節症

出っ歯になると前歯のかみ合わせが悪く、前歯で噛むことができません。その分奥歯を使って噛む為に顎に負担がかかり顎関節症を起こしやすくなってしまいます

 

睡眠時無呼吸症候群

口呼吸が出っ歯に影響を与えることは述べました、出っ歯になると今度は口が閉じにくくなってくる為に、ますます口呼吸の傾向を強めてしまうようです。口呼吸は、睡眠時無呼吸症候群の原因になってしまいます

スポンサーリンク

出っ歯を治す方法!

 

出っ歯の治療には様々な方法があります。費用は高額になりますが、効果的な治療により見違えるほど歯並びがきれいになることもあり検討の価値はあると思います。

 

歯列矯正

歯の周りに矯正装置を取り付けて一定期間圧力をかけ続ける矯正法です。矯正装置は、ブラケットと呼ばれる器具を歯に取り付けてワイヤーを通してつなぎ合わせた装置です。歯に手を入れなくてもできる治療法ですが、時間がかかる等のデメリットも存在します

 

オールセラミッククラウン法

治す歯を削ったところに土台を埋めて、そこに作成した差し歯を装着する方法です。差し歯が完成するまでは仮歯が充てられます。全体で治療期間が2~3カ月と比較的短期間で治療できるのがメリットです

 

インプラント法

矯正用のインプラントを顎の骨等にいれて、歯には固定装置を装着します。そこを支点に歯を引っ張って位置を変えます。歯科用のインプラントと違い、矯正用のインプラントは支点として利用するので、歯を抜かずに治療できます。

 

また、固定装置は従来のブラケットを用いた矯正装置と比べて小型であるため違和感や会話への影響が少なく一年~の期間で矯正が完了するのも特徴です

 

外科手術

歯の部分的な矯正・移動では対応できなような場合には、外科手術を選択することできます。上顎骨体移動術では上顎自体が前に突き出ているような場合でも自然なフェイスラインを作ることが可能です。どこの病院でもできるわけではありませんが、効果は絶大です

 

鼻呼吸

出っ歯の原因の一つに口呼吸をしているというのがありました。この口呼吸を鼻呼吸に変えることが出っ歯の予防につながります。鼻呼吸に変えると、免疫力の増強や熟睡効果などのメリットもあります

 

マウスピース矯正

マウスピースを装着することで、口呼吸と出っ歯を両方とも改善する治療法です。食事と歯磨きの時間以外はほとんどマウスピースを付けて生活します。期間も1年半~可能です。器具が大掛かりでなく取り組みやすいのが特徴といえそうです。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ