Sponsored Link

ムコダイン錠500mgの効果!【こんな効能をご存知でしたか?】

<監修薬剤師 T.Nagao>
薬

病院で処方されるムコダイン錠500mgですが、実際にどんな効果があるのかご存じでしょうか?

内科や耳鼻咽喉科、小児科などで広く処方されているため、手に取る機会も多いと思います。処方された薬についてしっかりと知っておくことはとても大事です。

 

そこで、今回はムコダイン錠500mgの効能をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
 

ムコダイン錠500mgの効果

 

ムコダイン錠とは、L-カルボシステイン錠剤とも呼ばれ、「たん」の症状を改善する薬です。

例えば、気管支炎、気管支拡張症、咽頭炎(いんとうえん)、喉頭炎(こうとうえん)、肺結核、などの病気や、副鼻腔炎、蓄膿症(ちくのうしょう)の際にも処方されます。

 

それでは、ムコダイン錠を飲むとどのような効果が得られるのか、詳しくご説明していきます。

 

気道粘液調整作用

気道とは、鼻から肺に繋がる気管支までの道のことです。気道粘液とは、鼻・喉・気管支などから出される粘液のことです。

気道粘液には、鼻水、痰、膿が含まれます。

 

そして、ムコダイン錠はこれらの粘りを弱くする作用があります。

その作用を利用して、喘息や気管支炎などで喉に絡まるたんを取ったり(去痰、きょたん)、鼻づまりの原因の鼻水を流れやすくしたり、副鼻腔炎(蓄膿症)で鼻にたまる膿を排出する、という効果があります。

 

粘膜正常化作用

気道とひとことで言っても、鼻、喉、気管支といろんな器官があります。そして、気道には様々な粘膜が存在しています。

例えば、鼻の中には「鼻粘膜」、気管支の中には「気管支粘膜」といった具合です。

 

そして、花粉症、鼻炎などでこれらの粘膜が荒れてしまうと、粘膜の抵抗力が下がってしまいます。すると、細菌やウイルスなどの感染症にかかりやすい状態になってしまいます。

ムコダイン錠は、この「粘膜の荒れ」を修復してくれます。

 

浸出液の排出作用

ムコダイン錠には、耳に溜まった水(浸出液)を排出しやすくする効果もあります。

そのため、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)という子供がよくかかる病気の薬として処方されます。

 

中耳炎でムコダイン錠が処方されるとびっくりされる保護者の方もいますが、痰や鼻水だけの薬ではないんですね。

 

ムコダイン錠の特徴

ムコダイン錠の特徴の一つは、副作用が比較的少ない、ということで子供や高齢者の方にも処方されます。

ムコダイン錠のまれに起こる副作用についてはこちらの記事で解説しています。

【関連記事】
ムコダイン錠500mgの4つの副作用!【飲み合わせに注意して】

 

さらに、剤型のバリエーションが豊富というのも特徴です。ムコダイン錠500mgは錠剤ですが、その他にも細粒、ドライシロップ(散剤。または水に溶かして飲める)、シロップがあるので使い勝手もいい薬です。

スポンサーリンク

ムコダイン錠500mgの効果発現時間について

 

さっきムコダイン錠500mgを飲んだのに効かない!と慌てないでくださいね。ムコダイン錠500mgを飲んだ場合、血液の中に薬剤の成分が最大限取り込まれるまで2.2〜2.3時間程度かかります。

 

また、ムコダイン錠の効果は急激に現れるわけではないので、もしかしたら何日か飲み続けないと効果が実感できないという人もいるかもしれません。

 

半減期を記述するなら正確には、 1.36±0.13(時間)です。

 

つまり、2.2〜2.3時間で最高濃度に達した後、そこから1/2になるまで1.6時間、さらに1/4になるまで1.6時間かかる、ということです。

トータルで見ると、一回の服用でおよそ4〜8時間程度は効果が続くと言えます。

スポンサーリンク

ムコダイン錠500mgの飲み方

3

ムコダイン錠500mg

成人の場合は、1回1錠、1日3回服用してください。

先程お伝えしたように、1回の服用で4〜8時間効果が続きますから、次の薬は4時間以上時間を空けてから服用することをお勧めします。

 

子供にはドライシロップやシロップを

お子さんがムコダインを処方される場合は、ドライシロップやシロップの方が多いはずです。これは、体型や症状に合わせて量を調節しやすいためです。

 

ムコダイン錠500mgを子供に飲ませることはしないでくださいね。過剰摂取になってしまいます。医師の指示に従ってください。

 

市販薬

もし、市販薬でムコダイン錠と同じ成分が入っている薬を探しているなら、ストナ去痰カプセル(佐藤製薬)クールワン去たんソフトカプセル(杏林製薬)などがあります。

ただし、これらはブロムヘキシン塩酸塩という別の去痰剤が含まれていて、ムコダインと100%同じではありませんので注意してくださいね。

 

ジェネリック医薬品

ムコダイン錠のジェネリック医薬品は多数販売されています。これらは、「カルボシステイン錠 (製薬会社名)」という名前で製造されていることが多いです。

ムコダインよりも低価格で手に入れることができますので、ジェネリック医薬品を希望される場合は医師や薬剤師に相談してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

しるし   

今回はムコダイン錠500mgに焦点を当ててお伝えしましたがいかがでしたか?辛いたんや鼻水の時には非常に使い易い薬です。

たんや鼻水は集中力を奪ってしまうので長引くと辛いですよね。ムコダイン錠500mgを賢く使って早く治しましょう!

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

関連するこちらの記事も読まれています

サブコンテンツ