Sponsored Link

風邪が点滴ですぐ治る理由!効果がある点滴について!

<監修医師 まっちゃん>
2

風邪を引くと長引いたり、いつまでも鼻水や咳が出て辛いときがありますよね。

治療の一つとして点滴をしてもらう場合があると思いますが、その効果はどのくらいあるものなのでしょうか?

 

今回は、風邪を引いたときに点滴をしたらすぐ治るものなのか、どんな効果があるのかについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

風邪について

 

風邪の正式名称は「急性上気道炎」と言います。

様々なウイルスが鼻や喉等=上気道に進入し急性の炎症を起こした状態のことを指します。

 

この状態を総称して「風邪症候群」とも言います。風邪を引くと発熱、鼻水、喉の痛みなど様々な症状が出ますよね。

風邪を治す為に市販の風邪薬を飲む方も多いと思います。

【関連記事】
風邪の治し方!即効で治したい貴方へ5つのポイント

 

風邪の治療は主に対症療法

実は、風邪薬には感染したウイルスを撃退する効果はありません。

風邪は様々なウイルスに感染して発症しますが、これに対して有効な抗ウイルス薬がないのです。

 

風邪薬は発熱や鼻水、喉の痛みといった症状を和らげる効果のある治療法=対症療法の一つと言えます

 

風邪を治す為には、自分でウイルスを撃退し、外に排出する力である免疫力が重要になってきます。

 

風邪を引いたときに発熱するのは、脳が「熱を生産してウイルスを撃退しろ」と指令を出して、免疫力を活性化させている状態なのです。

スポンサーリンク

風邪が点滴で治るのは心理的なものが大きい!

 

風邪を引いて受診すると点滴を勧められたことのある方も多いと思います。

点滴をしてもらうと、ずいぶんと良くなった気がしませんか?なぜ良くなったと感じるのでしょうか。

 

その理由は大きく分けて二つあると考えられます。

2

点滴により薬剤が体内に行き渡る作用

点滴とは、静脈に針を刺して、そこから薬剤を少量ずつ緩やかに投与する方法です。

 

点滴の主な中身は、水分にナトリウムなどの電解質を足した、いわゆる生理食塩水と、人それぞれの症状に合わせた薬剤でできています。

 

血管から体内に直接薬剤を流すことで、血流に乗って薬が体全体に回り、服薬のときよりも早く効果を得ることができます。

この為、鼻水や咳などの症状が点滴で入れた薬剤によって和らぎ、「点滴をしてもらったから良くなった」と感じる場合があるのです。

 

また、点滴をする間は安静にして横になっていなければならないので、その時間はゆっくりと休むことができ、

体もウイルスを撃退するのに専念することができるので、点滴の薬剤との相乗効果が期待できます。

【関連記事】
点滴が痛い原因!我慢するしかないの?

 

心理的な作用

 

治療をしてもらったという安心感

医師によっては「風邪は薬を飲んでも治らないから」と薬も出してくれない場合もあります。

なんとか早く治したいのに、何も治療らしい治療をしてくれないとモヤモヤしてしまいますよね。普段、薬を飲むことはあっても、点滴をしてもらう機会はなかなかありません。

 

その為、点滴をしてもらうというのは、普段しないような治療をしてもらったと感じる場合が多いでしょう。

点滴も風邪薬と同じく対症療法の一つなので、点滴自体に劇的に風邪を治す効果はありません。

 

それでも良くなったと感じるのは、薬だけ処方してもらう場合に比べ、「点滴という治療をしてもらった!という安心感」が占める割合が多いからだと言えるでしょう。

【関連記事】
フロモックス100の風邪への効能!服用方法を間違えないで!

スポンサーリンク

風邪に効果がある点滴を解説

2

点滴の中身は、主に生理食塩水と症状に合わせた薬剤でできています。どんな症状の風邪に点滴が効果的なのか、症状に合わせて三つご紹介します。

 

脱水症状がある場合

下痢や嘔吐で口からの水分補給ができないときには、点滴は非常に効果的だと言われています。

 

口からの食事や水分が取れなくても、血管から直接体内に栄養や水分を補給できるので、脱水症状がある場合には最も効果的で、医師から勧められる場合も多いでしょう。

 

高熱が出ている場合

発熱しているときは、体が免疫力を活性化させてウイルスと闘っている状態ですが、38度5分以上の高熱の場合には、点滴をして体が楽になる程度まで熱を下げ、体力を回復させます。

 

体の外側よりも内側の方が水分の消費量が多いので、体内に直接水分補給ができる点滴には熱を下げやすい状態にする効果があります。

 

風邪のウイルス以外の細菌に感染している場合

風邪は様々なウイルスが原因で、これに対する抗ウイルス薬はありませんが、風邪と並行して細菌感染していた場合、この細菌を撃退する為には抗生物質の入った点滴が効果的です。

 

風邪を引いている時には免疫力が低下していて他の細菌に感染してしまいやすいので、抗生物質入りの点滴を予防的に使うこともあります。

【関連記事】
インフルエンザの初期症状はコレ!頭痛や悪寒がサインです!

スポンサーリンク

点滴の費用はいくらくらいなのか

3

点滴は症状によって薬剤の組み合わせが異なりますが、保険が適用されるので三割の負担で済みます。

点滴の基本の料金は300円〜400円ほどで、ここに薬剤代、針代などが加算されます。全て合わせても1000円代のことが多いでしょう。

 

ただし、抗生物質を使用した場合は、通常の薬剤代の約二倍の料金がかかることが多いようです。

 

受診する病院や薬剤によって料金も変わるので一概にいくらと言うことは難しいですが、風邪のときに行う点滴は1000円〜3000円代が多いでしょう。

【関連記事】
風邪の治し方!即効で治したい貴方へ5つのポイント

 

まとめ

以上、風邪を引いたときに効果的な点滴についてでしたがいかがでしたか?

これから本格的に風邪が流行するシーズンになります。

 

風邪を引いて点滴をしてもらう機会もあるかもしれません。特に下痢や嘔吐の症状がある場合、点滴は非常に効果的ですので、医師に相談してみましょう。

風邪を引かないように、免疫力を高めるような生活をすることも心がけてくださいね。

  当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。

スポンサーリンク
   

こちらの記事も読まれています

サブコンテンツ